なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画『きっと、いい日が待っている』

main_convert_20170719081525.jpg


子どもたちが抑鬱になった60年代後半の首都コペンハーゲンの養護施設における事件が基の、
2016年のデンマーク映画。
さりげなく重い邦題がピッタリの明日の見えない抑圧状況の中で
宇宙に対する“夢”をエナジーにしながら、
兄弟が命がけで“ファック・ユー!”アティテュードを炸裂させる。
60年代の空気感が醸し出されている落ち着いた発色の映像も奏功し、
音楽も含めて感動を押しつける作品とは一線を画した胸のすく佳作だ。

sub2_convert_20170719081607.jpg

13歳の兄と10歳の弟は母親と3人で貧しいながらもつつましく幸せに暮らしていたが、
1967年のある日、病気が悪化した母親が入院することになり、
兄弟だけでは生活していけないと役人に判断された二人は男子児童向けの養護施設に預けられる。

宇宙飛行士になるのが夢ながら足の悪い弟にも過酷な労働作業が課せられ、
上級生からのイジメや制裁と
校長をはじめとする教職員たちの体罰の毎日。
出る杭は“平手”で打たれる。
目を覆いたくなるほど容赦ない。
子どもたちには「no!」という選択肢はない。

人一倍反骨心が強いわけでもない。
ただ自分らに向き合わずに聞く耳を傾けない連中が気に食わないだけだ。
協力してくれる大人もいるが、
なかなか事が上手く進まない。
施設から“解放”されることになりかけるも状況は悪化する一方で決死の行動に出る。

sub1_convert_20170719081649.jpg

わかりやすいストーリーだからネタバレを避けるべくかなり大ざっぱに話の筋を書いたが、
教職員の“責め”と兄弟の“攻め”の、せめぎあいから生まれた、
事件、トラブル、アクシデント、挑戦、反抗がスクリーンに刻まれていく。
キワドイ話だからぼかして描いたと思われるが、
同性愛も絡んだ性的児童虐待と想像できるシーンも織り込まれている。

「いずれ私たちに感謝するようになる」みたいな言葉が最後まで一貫した口癖で
自分の名誉のことしか考えてない鬼畜極悪校長に対し、
観ている僕でも殺意の絶えない映画だ。
子どもがどんな状況であろうと“持論”を曲げずに手を上げる校長をはじめとしてここの教職員たちは、
規律と懲罰で子どもたちを一般社会で通用する人間に育てようとしているのだろうが、
規律と懲罰で子どもたちを支配しているようにしか見えない。
絶対的な力を持つ者による弱い者いじめだし、
正義の味方を気取って善人ヅラした高圧的な“モラリスト”の恐ろしさとインチキ臭さも知る。

sub5_convert_20170719082047.jpg

“その他大勢”の子どもたちも含めて登場する俳優のすべてが熱演だ。
たとえぱこういう映画を日本で作ったらイケメン少年がズラリと並んでウソ臭くてシラケるが、
少年院みたいな不良の集まりとも違うほんと素朴な少年児童がもっさりした佇まいでリアルである。
とりわけ兄弟役の二人は長編映画初出演とは思えない生々しい演技で、
意識の流れが見えてくる心理描写に引き込まれる。

兄はストレートな熱血漢であり、
弟はいい意味でクレヴァーでもある。
特に弟は宇宙関連の豊富な知識と言葉を使った創作力が施設内で知られるようになり、
徐々に一目置かれていく。

兄弟も生き延びるために本音を隠してウソの心情を吐くことを覚えていくが、
まっすぐな人間ほどウソも方便になる。
不条理を突き抜ける目的を遂げるために。
従順に、従順に、耐え忍ぶ姿が痛々しい。
『The Day Will Come』という本作の英語の原題にならうと“その日”が来るのを指折り数えて待っている。
だがその期待が裏切られた時に炸裂する“静かなる殺意”の行動も痛々しい。
そして大切な人が死にそうになった時に決死の“テロリズム”に走る。

sub8_convert_20170719082112.jpg

施設内の友人や一部の“大人”のサポートを得つつ、
兄も弟も一人で立ち上がって行動を起こしているところに注意したい。
つるんでないのだ。

仲間を信用してないわけではなく、
むしろ仲間を大切に思っている、
だからこそつるまない。
自分の問題で立ち上がったわけだから巻き添えを食わせたくなかったりかもしれないが、
そもそも団結して云々という発想はなかった。
あくまでも自分自身のための闘いだからだ。

sub9_convert_20170719082158.jpg

まずは兄が弟を気遣ってリードして激昂した勢いで“傷”を付け、
兄から勇気をもらった弟が後を継ぐように“破壊”する。
文句を垂れながらの二人の兄弟愛もジェラシーを覚えるほどイイ。

米国のアポロ計画で人類が月に行く時代で映画中にそういうネタがちりばめられたところもポイントだ。
ヘヴィな物語の中で風通しを良くしている。
この映画の弟も施設に入ろうが宇宙飛行士への夢がふくらむ一方だったが、
意志がみなぎる中で追い詰められ、
“ある人”が住む天国に近い“月”に飛び立とうとするシーンがクライマックス。
ただファンタジックな要素もちりばめながら漫画みたいな“奇跡”で現実感を薄めることなく、
リアリティのある見せ方をしている。

兄弟にインスパイアされて仲間たちもゆっくりと手を挙げて意思を表すようになっていく。
さりげなく友情を感じさせるラスト・シーンも好きだ。


★映画『きっと、いい日が待っている』
2016年/デンマーク/デンマーク語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/119分/PG12/
原題:Der kommer en dag 英題: The Day Will Come/配給:彩プロ
8月5日(土)より YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
©2016 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa International Sweden AB.
http://www.kittoiihigamatteiru.ayapro.ne.jp/


スポンサーサイト

レコード・コレクターズ 2017年8月号

RC-201708.jpg


灰野敬二
インタヴュー~ノー・チューニングによるシンガー・ソングライター作品『わたしだけ?』を語る
(6ページ)

★リイシュー・アルバム・ガイド
●ザ・ローリング・ストーンズ
・『レディース&ジェントルメン』
・『レディース&ジェントルメン:デラックス・エディション』
●『マクシズ・カンザス・シティ 1976 & ビヨンド』
カン『ザ・シングルス』
●たのしい音楽『ひょっこり』
●RED WARRIORS『RED SONGS』

TODAY IS THE DAY
●TODAY IS THE DAY『Temple Of The Morning Star』(THE END TE731-2)CD+DVD


PS
僕は関係してないが、
ANGELIC UPSTARTSの二代目ギタリストとして『Reason Why?』(83年)以降メンバーになった、
ブライアン・ヘイズのカラー・ページでのインタヴューもあり。
次号にも続く模様だ。


DVD『サラダデイズ(SALAD DAYS)』(80年代D.C.パンクの軌跡)

SALAD DAYS


ワシントンDCの80年代のパンク・シーンを振り返ったドキュメンタリー映画のDVD。
ハードコア・パンクからポスト・ハードコア/オルタナティヴ・ロック系までフォローし、
本国アメリカでは2014年に公開されて日本でも昨年劇場公開された作品である。
もちろん日本語字幕が表示できる仕様だ。


解説文を書かせてもらいました。
オフィシャル・サイトにアップされた映画の紹介文の転載で、
これから映画を観る人のための入り口として書いたものだから、
作品を体験した人が読むことを前提に書いたライナーとはちょっと違う。

色々と考えさせられる映画である。
とにかく語りたいことがどんどん出てきて一晩は“呑み”語り明かせる映画だから、
ここであらためて書いてみた。


当時のライヴ映像や写真などを盛り込みつつ、
新たに取材した撮り下ろしのインタヴュー映像中心の構成である。
その登場メンツは当時のDCシーンのオールスターというか、
様々なバンド経験者中心に無名の人たちまでしっかり押さえている。

その反面、DCシーン以外の人間がほぼ登場しないことも特徴だ。
SONIC YOUTHを率いてきて80年代初頭までのUSパンクに詳しいサーストン・ムーアは例外で、
あとはJ・マスキス(DINOSAUR JR.他)とティム・カー(BIG BOYS他)がちょこっと登場する程度。
外部の人間の意見がほとんどない。
DCシーンの“掟”なんか知ったこっちゃないBLACK MARKET BABYみたいなアウトローもいたが、
無意識でもDISCHORD Recordsがほぼ仕切っていた当時のDCシーンと同様に徹底して内向きの作りだ。
でもそういう極端な手法によって当時のDCシーンの特異性が浮き彫りになり、
清教徒みたいな空気感も息が詰まるほど伝わってくる。

結果的にバンド紹介にもなっているが、
陳腐な反政府スローガンをブチ上げる以上に反体制と言えるDIYな取り組みの紹介はもちろんのこと、
暴力ネタ、セクシズム、ドラッグなど、
ほぼどの地でも同時代に起こっていたことがDCではどうだったかの現象の紹介がメインと言える。
もちろん“発祥の地”だからストレート・エッジの話には当然時間を割いているし、
イアン・マッケイ(MINOR THREAT~FUGAZI~EVENS他)を筆頭に、
スラム・ダンスもダイヴもクラウド・サーフも含めてライヴでの観客の危険なノり方への対処の話も、
DCならではで興味深い。


ポリティカルなイベントのシーンでよくわかるが、
いわゆる左翼でも右翼でもない市民運動家に通じるリベラルな風貌が目立つのも興味深い。
ガキっぽいのイメージのパンクと正反対でほとんどが80年代から大人の佇まいだ。

そしてイアン・マッケイを筆頭に出てくる人物のほとんどの顔があまりにも血色がいいことに驚かされる。

後期SCREAMに在籍して当時のDCシーンに関わった
デイヴ・グロール(元NIRVANA、現FOO FIGHTERS他)の発言が、
この映画でもやはり広い視野で物事を捉えていて的を射ている。
BAD RELIGION加入まもない90年代後半にインタヴューした時に目の前でタバコを吸いまくっていた、
ブライアン・ベイカー(MONOR THREAT~DAG NASTY他)の発言にもうなずける。
その二人が人間臭い顔でホッとするが、
もともと彼らはDCシーンのアウトローでやっぱり三つ子の魂百までだと思わされもした。

パンクは貧乏だから生まれたみたいな旧態依然の陳腐なイメージはナイーヴすぎて問題外だが、
当時のDCシーンは中流とも違っていたようである。
「多くは比較的恵まれた家庭の出身だ」
「親が裕福なことを隠していた人もいる」
「金持ちの家に生まれた連中はリスクを恐れずに挑戦する傾向にある。
“失敗したら大学へ”という選択肢があるからだ」
という話の部分も見どころだし、
“DCは政府が主要産業”という言葉にも妙に納得させられる。


この映画が80年代初頭のハードコアに留めてないところもポイントで、
他の地域のバンドへの影響も含めて
DCシーンが80年代半ば以降のオルタナティヴ・ロックと密接につながっていることも示す。
ハードコア・パンクからポスト・ハードコアへの流れがどうして起こったのかを、
音楽的かつ精神的な背景を絡めて解き明かす。

とはいえ狭い街だからと言ってしまえばそれまでだが、
ほぼシーン全体がハードコア・パンクからポスト・パンクのスタイルに移行したことも不思議だ。
80年代初頭のハードコア・パンクも含めてエモーショナルであるにもかかわらず、
不思議と合理的でドライなイメージも湧く。

初期USハードコア・パンクは他の地域でも短命のバンドが多かったが、
特にDCシーンのパンク系バンド全般の活動が短いことも特筆したい。
結成数年でDCから拠点を移しているし何度も活動停止しているとはいえ
なんだかんだ言ってもしぶといDCシーンの開拓者のBAD BRAINSを除けば、
ある程度コンスタントに続けているバンドがない。
一つのバンド自体が続いてないとしても別のプロジェクトでもいいのだが、
表立ってて活動を続けている人があまり見当たらない。

なぜか?を考えてみるとまた話が広がっていく。


80年代のDCシーンをリスペクトはしているのだろうが、
MINOR THREATをカヴァーしたDARKEST HOURをはじめとして、
DISCHROD Recordsと直接“仕事”はしてない90年代以降のバンドたちは
精神面などのいいところを取り入れつつ“反面教師”にもしていると思う。


なお、ボーナス映像として以下が追加されている。

<本編のアウトテイクのインタヴュー>
本編でも言いたいことを言いまくる“生粋のアメリカ人”のイアン・マッケイと
同じく御意見番のヘンリー・ロリンズ(S.O.A.BLACK FLAG~ROLLINS BANDをはじめ、
ブライアン・ベイカー、フレッド・フリーク・スミス(BEEFEATER)、
ケヴィン・セカンズ(7 SECONDS)、Jマスシス、モニカ・リチャーズ、アレックス・フライツヒ、
ニコル・トーマス(FIRE PARTY)、ピート&フランツ・スタール(SCREAM~GOATSNAKE)、
スコット・クロフォード(監督12才当時)、ジョン・ワースター
の話が計約12分。

<本編では抜粋だったライヴ映像を各々1曲ずつ丸ごと収録>
EMBRACE(MINOR THREATとFUGAZIの間にイアン・マッケイが在籍) 86年
BEEFEATER 84年
FUGAZI 90年
GOVERNMENT ISSUE 85年
GRAY MATTER 85年
HOLY ROLLERS 90年


★『サラダデイズ(SALAD DAYS)』(キュリオスコープ/ポニーキャニオン PCBE-55271)DVD
本編108分。
12ページのブックレット封入。
アウターケース付。


映画『俺たちポップスター』

main_2017070812342045c.jpg


映画監督デビュー作『40歳の童貞男』(2005年)がいきなり大ヒットした、
1967年米国生まれのジャド・アパトー製作による2016年のコメディー映画。
一つのヒップホップ・グループとそのフロントマンの栄枯盛衰+再生の物語を、
ドキュメンタリー映画タッチで作った作品である。
<スタイル・ボーイズ>という架空のトリオ・グループの設定ながら、
“ヒップホップ・アレルギー”の人もまったく問題なく楽しめるし、
そういう人も取り込む開かれた馬鹿パワーがいっぱいの映画である。

<スタイル・ボーイズ>の3人を、
実在のコメディ・トリオの“ザ・ロンリー・アイランド”が演じているところがポイント
(ちなみに3人とも製作と脚本も担当して、そのうち2人は監督も担当)。
これってホントに本人?って疑ってしまうほど大御所多数のゴージャスなカメオ出演陣も話題だ。

sb1.jpg

<スタイル・ボーイズ>は幼馴染みの男性3人による世界的に有名なヒップホップ・グループだったが、
<スタイル・ボーイズ>の人気を自分一人が作ったと勘違いしたのか
フロントマンが突然ソロ・デビューして解散。
他のメンバーのうちの音担当の一人は彼の専属DJ(といっても“機材”は1台のiPodのみ)に成り下がり、
作詞担当だったもう一人は引退して農場主となるが、
フロンマンの男性はファースト・アルバムが大ヒットするも前途多難。
彼はフォーマーとしての素養が抜群とはいえ自分大好き傲慢男で、
音作りや作詞も創作力が不明で<スタイル・ボーイズ>のようにはいかずに、
仕掛けに頼ったライヴ・ショウを行なうも小学校低学年みたいなエロ生き恥をステージでさらす。
懲りない馬鹿男に幼馴染の二人はあきれるが、
三つ子の魂百までといった具合にガキの頃にできあがってた性根は直らないことに気づく。

sb2.jpg

音楽グループの活動ネタは、
いわば“あるある!”である。

メンバー間がこういう役割分担みたいな関係で創作表現をしているようなグループ、
というかバンドは古今東西いくらでもいそう。
グループやバンドの人気が出ると自分一人が才能あると思ってしまうフロントマンも多そうだ。
結局どの世界でも目立ちたがり屋で要領がいい人間がしあわせになって、
踏み台になった人間たちは落ちるだけなのが事実みたいなこともほのめかしかかるが、
しあわせに見える人間も謙虚さに欠けるとブレイクをキープできないことも示す。

一種の友情物語で、
思い切りふざけ続けていても結局は真面目に楽しく終わるところが
自由奔放なようで伝統を踏まえて安泰なアメリカ映画の王道と言える。

sb5.jpg

ユーモアとペーソスが乱交する躁状態の映画であることに変わりはない。
アパトーが監督もした2015年の“前作”映画の、
『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』みたいに、
お下劣露悪趣味がダラダラ続くというのはない。
というかその反動のように、
エロネタ含みとはいえわざとらしい見せ方はない。

セリフの言葉も下品すぎずに何より展開も含めてナチュラルだから映画の中に入っていけるし、
お馬鹿ネタもスピード感を損ねない程度に抑えている。
主人公のフロントマンみたいに放蕩の限りを尽くしている映画のイメージのようで、
メイン登場人物の他の二人の生活姿勢と共振してむ映画自体も意外とストイック。
身内楽しければいいみたいな無駄なシーンを削ぎ落せるかが映画も濃度を高める大切なところで、
この映画は馬鹿馬鹿しいシーンの連続のようで肝を絞ってビシッ!とハジけていて引き込まれる。

相変わらずの過剰なまでのおもてなしtoo muchサービス精神やりすぎの映画ながら、
監督が違うというのもあるのだろう映画全体のシマリが良くて、
何しろテンポがいい。
いつも言うように、
ためになること言ったり感動させようとしたりしてもリズムに欠ける映画は
頭デッカチでウソを感じてしまう。
この映画は頭は脳天気かもしれんが、
裏表を隠さないハートと躍動を止めないカラダのプリミティヴなハーモニーに持っていかれる。

sb6.jpg

ちなみにカメオ出演の人たちは以下のとおりだ。
マライア・キャリー、リンゴ・スター、NAS、アッシャー、50セント、シール、RZA、クエストラヴ、
キャリー・アンダーウッド、サイモン・コーウェル、アダム・レヴィーン、エリック・アンドレ、
ピンク、ビッグボーイ、DJキャレド、エイサップ・ロッキー、ケヴィン・ニーロン、マリオ・ロペス、
ウィル・アーネット、チェルシー・ペレッティ、マイク・バービグリア、アシュリー・ムーア、
ビル・ヘイダー、デンジャー・マウス、T.I.、ファレル・ウィリアムス、ジミー・ファロン、ザ・ルーツ、
ウィン・バトラー、レジーヌ・シャサーニュ、スティーヴ・ヒギンズ、マーティン・シーン、エイコン、
ウィル・フォーテ、スヌープ・ドッグ、マイケル・ボルトン、イモージェン・プーツ、クリス・レッド、
エドガー・ブラックモン、ジェームズ・バックリー、エマ・ストーン、ジャスティン・ティンバーレイク。

カメオ出演はほとんどが“本人役”で、
音楽ドキュメンタリー映画の王道(が陳腐だと皮肉っているように見えるのは深読み?)みたいに、
<スタイル・ボーイズ>を称賛するようなコメンテイターとして登場する人が多い。
必ずしも数秒ちょっとだけ顔を出す程度に留まっているわけではなく、
マライア・キャリーなんてかなり長時間出演していてオチャメなやり取りをしているのであった。


★映画『俺たちポップスター』
86分/2016年/米国
8/5(土)より、新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー。
© 2016 UNIVERSAL STUDIOS
http://popstarmovie.jp


WITCHSLAUGHT『Witchslaught』

WITCHSLAUGHT.jpg


10年ほど前に東京で結成されたトリオ“ウィッチスロート”のファースト・アルバム。
2013年にレコーディングするもお蔵入りになっていた音源が、
このたび自主レーベルからリリースになった。

“メタル・パンク”という言葉はジャンル名の一つのように認知されされつつあるが、
メタルなパンクというよりは
発売元の宣伝文句に“パンク・メタル”と書かれているようにパンクなメタルと言える。

ふしだらなサウンドとストレートな楽曲がたまらない。

天然ブルース・テイストはMOTORHEAD
パンクっ気は初期VENOM
ブラック・メタル原石の匂いはHELLHAMMERやBATHORY、
ロックンロール・ハードコア・パンク風味は80年代の鉄アレイや(WAR PAINTED)CITY INDIAN
といった感じだ。
ツー・ビートで疾走する曲もミディアム・テンポで進む曲もガサつき、
やさぐれた質感の音でふくらんだ曲そのものがゴツゴツしているところが好きだ。

ツボを心得た作曲とアレンジも鈍く光り、
もこもこした音質もイイ感じである。
ルーズなシャウト込みで歌う非マッチョなガラガラ声のヴォーカルや
硝煙臭が漂う金属質のギターをはじめとして、
ジャンルを超えて普遍的にヤバい音の響きが不穏で素晴らしい。

歌詞は英語中心で一部日本語を混入させているが、
サタニックというよりは、
GGアリンのTシャツを着てパッケージ裏の写真に収まっているメンバーがいるのも納得の原始的な内容。
ラヴソングに聞こえる曲も興味深い。

先日紹介した映画『ウィッチ』の文章の中の、
“witch”を含むバンド名の並びに追加したいメタルの一枚。


★WITCHSLAUGHT『Witchslaught』(BONDAGE LOVER BDLV-001)CD
約25分7曲入り。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (290)
映画 (247)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (409)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん