なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

橋本孝之『ASIA』

橋本孝之 ASIA_jacket


2009年に大阪で結成されたデュオ・ユニットの.es(ドットエス)のメンバーである、
鬼才・橋本孝之(Takayuki Hashimoto)の新作。


2015年にあぶらだこ長谷川静男のメンバーによるkito-mizukumi rouberの正式メンバーとなり、
昨年GUNJOGACRAYONが出した『Gunjogacrayon』では
ほとんどメンバーのようにサックスを吹きまくるなど、
他のアーティストとのコラボレーションにも積極的な音楽家である。

これはハーモニカ独演盤の『SIGNAL』以来の約1年ぶりのソロ4作目だが、
今回は2014年のソロ・デビュー作『COLOURFUL』でも聴かせた橋本のメイン楽器といえる
アルト・サックス独演盤だ。
昨年10月の東京・新宿のART SPACE BAR BUENAにおけるライヴで、
26分42秒“一曲”勝負である。


能書き無し。
言い訳無し。
甘え無し。
間延びしたところもまったく無し。
一度聴いたら一生忘れない泣く子も黙るハードコアなブロウだ。

一瞬一瞬にケリをつけるかの如きストイックなほど強靭なサックスである。
すばしっこく、
時に飄々と、
泣き、鳴き、咆哮する。

ハードボイルドな橋本のヴィジュアルと共振したかのように、
クールに洗練されているようで骨太だ。
陰影に富む音色は艶っぽく、
デリケイトな歌心が豪胆に震える。

すっくとまっすぐに立って真正面を向いてサックスを吹く橋本の演奏姿が目に浮かび、
こっちの姿勢も正される切っ先鋭い響きだ。
吹くほどに研ぎ澄まされ情緒を削ぎ落しているがゆえに生まれた加速が連なり、
無音に聞こえる澱み無き静寂の時間にまた気持ちが引き締まる。

kito-mizukumi rouberのメンバーになっているだけに橋本もくだけることはある。

だが冷厳なほど“弧”を感じさせるアルバムだ。
孤独でもなく孤高でもなく孤立でもない。
“個”として向き合うことを迫られ、
“弧”を実感させる無心の真剣勝負。
おのれと対峙しているからこそ恐ろしく音が屹立している。


美術作家・韮澤アスカの作品を使ったジャケットも鮮烈だ。
今回も自身のポートレート写真を元にしたアルバム・カヴァーにするアイデアもあっただろうが、
.esの“フランチャイズ”でもあるギャラリーノマルで今春開催した彼女の展覧会リリースを見て、
橋本自身がピン!ときて決めたようである。
「(韮澤は)生と死をテーマに持った作家ですので、いろんな意味で、今回の新譜にぴったり」という、
とある関係者の発言に僕も同意する。
異色のようでジャケットを見ながら耳を傾けると、
アジアっぽい旋律を吹いているわけではないにもかかわらず『ASIA』というタイトルもしっくりくるし、
作品トータルでこれまで以上に橋本のイメージがヴィヴィッドに広がっていく。


そしてこのCDは、
レコード店のモダ~ンミュージックの店長でインディ・レーベルのPSF Recordsの主宰者だった、
生悦住英夫を追悼する作品でもある。
個人的にも生悦住が2013年に.esのCD『void』をリリースしなかったら
.esや橋本との出会いはずっと遅れていた。
身内だろうがめったにホメない生悦住が.esと橋本はいつも絶賛していた。

生悦住の他界前の録音だが。
僕には鎮魂歌に聞こえる。

と同時に橋本のサックスが、
普遍的に悼み、
普遍的に鼓舞する響きだとあらめて思わされた。


これぞグレイト。


★橋本孝之『ASIA』(Nomart Editions NOMART-113)CD


スポンサーサイト

DRAGONFORCE『Reaching Into Infinity』

DRAGONFORCE.jpg


日本でも支持の厚いロンドン拠点のメロディック・スピード・メタル・バンドが、
約3年ぶりに出した7作目のスタジオ録音アルバム。


最近わかりやすくて吹っ切れていてシンプルなロック・パワーで走るこういう音楽に弱い。
いわゆるメロディック・ハードコア・パンクと紙一重ながらテクニカルなギターが炸裂し、
血沸き肉躍りロマンあふれる曲を展開していく。


前作『Maximum Overload』に引き続きイェンス・ボグレンがプロデュース。
水しぶきのように音をハジけ飛ばすすばしっこい二人のギターはあちこちで聴かせどころを設け、
執拗なギター合戦でも嫌味に聞こえないほど突き抜け、
音の掛け合いで加速度を高める。

演奏陣は10年近くメンバー・チェンジしてなかったバンドだけに、
2004年のセカンド『Sonic Firestorm』から叩いてきたドラマーが変わったことは大きい。
イタリア生まれの新ドラマーは
ライヴ盤『In The Line Of Fire... Larger Than Live』でもお披露目していたが、
2年ほどツアーを重ねてきてDRAGONFORCEに馴染みつつある。
“ドラムで遊べる隙間のない曲”が大半にもかかわらず手数足数まずまずでバンドの足腰を支えている。

現シンガーがハイ・トーンというより中音域寄りの発声のためか
大半の曲の歌メロがよりマイルドに聞こえ、
よりキャッチーで親しみやすくなったのではないだろうか。
コーラス・ハーモニーもバッチリだから、
聖と俗の間を行くメロディは乃木坂46あたりにもハマりそうだ。
歌詞はいわゆるラヴソングではなく、
暗喩を多用して暗黒現実世界を描いていく感じで、
楽曲の流れも含めて映画的な手法でアルバム全体がストーリー性を帯びている。

というわけで
“DRAGONFORCE節”全開のメロディック・スピード・メタル・ナンバーに磨きをかけつつ、
なかなか多彩なアルバムだ。
ブラスト・ビート込みの曲あり、
メタル・バラードあり、
途中まで『Troops Of Tomorrow』以降のEXPLOITED風のハードコア・パンク・チューンありだ。
もちろん全体的には2000年代のアルバムの曲ほど長くはないが、
DRAGONFORCE史上最長の11分近いシリアスな大作にもチャレンジ。
その作曲者であるフレデリク・ルクレール(b)の
IRON MAIDENのアルバム『Seventh Son Of A Seventh Son』をこの一曲に詰め込んだ感じ」
という言葉も納得できる。
デス・メタリックなアレンジも施されているし、
ヴォーカルの咆哮も聴ける点でもレアな曲だ。
ファンの戸惑いにDRAGONFORCE自身が刺激を受けている様子も目に浮かぶ。

日本盤は、
海外盤の“スペシャル・エディション”に入っている2曲のボーナス・トラックに加え、
さらにもう1曲追加されている。
前者にはDEATHの87年のデビュー・アルバムの曲である「Evil Dead」のカヴァーを含み、
後者はEXILEのTAKAHIROも歌った日本のZIGGYの「Gloria」のカヴァー(一部日本語)。
その2曲のカヴァーがハマるところがDRAGONFORCE!なんである。


通常盤と同時にリリースされた限定盤には、
昨年7月の“ウッドストック・フェスティヴァル・ポーランド”でのライヴを収めた
“3曲分の6トラック”入りDVDが付いている。
3曲を、
いわゆる通常の一つの画面の映像と、
四分割した画面のマルチ・アングルで見せる作りだ。
後者も四つの映像各々の中で多少カメラが切り替わり、
一曲プレイする中でステージ上や観客フロアーで色々なことが起こっていることが一目でわかる。

開放的なサウンドのバンドだけに野外フェスの昼間というシチュエーションも似合い、
シンガーだけでなく二人のギタリストもステージ中央の“お立ち台”の上でも演奏し、
見せ方もさすがだ。
クラウドサーフの女性中心に適度に映す観客の様子も楽しい。


★ドラゴンフォース『リーチング・イントゥ・インフィニティ』(ワーナーミュージック・ジャパン WPZR-30755/6)CD+DVD
↑のカタログ・ナンバーは限定盤のもの。
16ページのオリジナル・ブックレットに加え、
日本盤は歌詞の和訳(+「Gloria」の英詞)も載った16ページも封入の計約75分14曲入り。
三面デジパック仕様。


VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』

Boston Tea Party, Jul 11th 1969


これまた非オフィシャル・リリースながら権利関係はクリアしていると思しきライヴ盤。
タイトルどおりの内容で、
ディスク1が34分56秒、
ディスク2が52分11秒である。

言うまでもなくクリアーな音質ではない。
全パートが混ざり合っていて、
やや音が膨張しているが、
歪みも穢れも許さない潔癖症の浮き世にふさわしい。
ステージが遠めながらリマスタリング効果か比較的ヴォーカルは聞こえやすいサウンドのバランスだ。
いわゆるオーディエンス録音と思われるが、
アンコールを求める部分以外は観客の歓声等はほとんど聞こえないし、
中身の濃さも考慮すれば重度のVELVET UNDERGROUNDファンなら問題なく楽しめるだろう。

ルー・リード(vo、g)が死ぬまでほぼ欠かさずステージで披露していた「Heroin」がない点で、
なかなかレアなセットリストだ。
その代わり「Run Run Run」を15分もやり、
ややスロー・モーションの「White Light/White Heat」もやかましくって素ん晴らしい。

むろんすべてがなまめかしいメタル“サイケデリック”ミュージックである。
エレクトリックで毛穴から感電する。
ラストは「Sister Ray>The Murder Mystery」と曲名がクレジットされたトラックで約22分。
「Sister Ray」の中に「The Murder Mystery」が混じっていると思われ、
基本的には「Sister Ray」だ。
セカンド・アルバム『White Light/White Heat』収録のヴァージョンに近いが、
後半でかなり加速していてドロドロしている。

底無し沼からこそ泉が湧く。
わざとらしい歌とオシャレなノイズにウンザリしてロックンロールでブッ飛びたい時の心の友。
と同時に「I’m Set Free」と「Beginning To See The Light」に救われる。


★VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』(SPY GLASS SPY2CD3002)CD
ライナーが載った8ページのブックレット封入。


BAD BRAINS『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』(DVD)

BAD BRAINS『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』(DVD)


映画『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』のDVD。

映画自体に関してはこれ以上書くと説明過剰になりそうだからやめておく。
以前このブログに載せた文章は試写会で一回観ただけで書いたものだが、
ただあらためてDVDでじっくり観るとまた発見多々あり。
監督がBAD BRAINSを“弁護”しつつ“容赦”もしていないことが編集ぶりでわかるし、
H.R.の“怪人ぶり”は公開しても問題なさそうな映像を厳選したと思しきこの映画でもわかる。

DVDには映画の予告編映像が追加された。

さらに↑の初回限定生産のボックス仕様版には、
Mサイズの特製Tシャツと、
80年代のUSハードコア・パンク・バンドを出身地ごとに記したアメリカの地図が表で
僕が書いた文章“about BAD BRAINS”などが裏に載った
ポスターが折り込み封入されている。


★BAD BRAINS『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』(キング KIBF-91478)DVD
↑のカタログ・ナンバーは初回限定生産のボックス仕様版のもの。

レコード・コレクターズ 2017年6月号

RC-201706.jpg


●書評『80年代ヘヴィ・メタル/ハード・ロック ディスク・ガイド』


●ニュー・アルバム・ピックアップ
★ジーザス&メリー・チェイン『ダメージ・アンド・ジョイ』


●リイシュー・アルバム・ガイド
★ラルフ・デルパー『コールド・ノイズ~初期作品集 1979-1981』
★アメリカン・ブルース『ドゥ・ゼア・シング』
★リトル・フリー・ロック『リトル・フリー・ロック』

The MUFFS『Happy Birthday To Me』
★The MUFFS『Happy Birthday To Me』(OMNIVORE RECORDINGS OVCD-203)CD


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (288)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (398)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (91)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (118)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん