FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

KILLSWITCH ENGAGE『Atonement』

KILLSWITCH ENGAGE『Atonement』


2000年代以降のUSメタルコア・スタイルを決定づけたバンドが
『Incarnate』から約3年ぶりのリリースした8作目。
フォロワーとは別次元で歌と音が広がり轟くディープな快作である。


“KILLSWITCH ENGAGE節”みたいなものができあがっているバンドだけに、
進化というより確かな深化をまた遂げている。

ミックスとマスタリングは、
90年代後半以降の“メタル・サウンド”を創り出した一人で、
ここ数年JUDAS PRIESTのツアー・ギタリストも務めているアンディ・スニープが担当して万全。
プロデュースとエンジニアはもちろんバンドの核のアダム・デュトキエヴィッチ(g)である。
単なるギタリストではなく音楽家と呼びたい人だけに今回もさすがの仕事ぶりだ。
キャッチーなサビのメロディが安っぽくならない曲作りや目の覚める音作り、
どの曲にも聴かせどころを設けたアレンジも仕切っているだろうし、
ドラムとベースを大きめに鳴らしてアタック感を強めつつ各パートの楽器のバランス感も絶妙である。

ドラマチックな展開でありながら1曲平均3分台のハイ・クオリティの楽曲を揃え、
アルバム全体も簡潔で約39分11曲に凝縮しつつ、
いい意味で長く感じる濃厚な仕上がり。
緩急織り交ぜた楽曲の中にツイン・ギター体制も活かし、
厚みのあるハード/スラッシーなリフだけでなく、
リリカルなフレーズとメロディアスなハーモニーでも感情を加速させる。
シンプルなようでリズム・チェンジが激しく、
曲によってはブラスト・ビートやLED ZEPPELIN風のグルーヴ、
ブラック・メタルちっくなトレモロなどのスパイスを利かせてもいる。

2000年代以降の米国のメタル/ハードコア系のバンドに目立つ
“聴き手がどう思おうとゴリ押し”するアティテュードのアルバム作りとは対極だ。
むろんファンに媚びているわけではなく、
リスナーと“交感”する意識に貫かれている。
代表作の一つである2002年のセカンド『Alive Or Just Breathing』のような
ある種の“ポップ感”は薄めながら、
ポピュラリティの高い楽曲構成に磨きをかけ、
その上で90年代のメタル・ハードコア以降の強度を高めてもいるのだ。

ジェシー・リーチ(vo)によるシャウト/スクリーム混じりのハードコア歌唱は、
ソウルフルでありスピリチュアル。
エクストリームを気取ったメタル/ハードコア系バンドに目立つ、
ただ声がでかいだけでメロディアスな歌い方もなぞっているだけみたいな無機的ヴォーカルとは違う。
歌い上げるパートでは歌の上手さも際立つが、
巧いだけでなく“旨い”。
アダムとジョエル・ストレッツェル(g)の“バッキング・ヴォーカル”もいい感じで、
ジェシがバンドを離れていた時にシンガーを務めていたハワード・ジョーンズと、
USスラッシュ・メタルのベテランTESTAMENTのチャック・ビリーが、
1曲ずつヴォーカルで参加している。

歌詞はこれまで以上に政治的な事象がモチーフになっていると思しき表現が目立つ。
人称名詞は例によって“俺”“俺たち”“おまえ”が多いが、
“ヤツら”も目立つアルバムだ。
だが馬鹿の一つ覚えの無邪気な“反体制ソング”と一線を画すのは言うまでもない。
おのれの非から目をそらすべく免罪符を求めて他者非難ばかりしてる人間の醜さは世界共通。
だからおのれに向き合い、
“償い/罪滅ぼし/贖罪”といった意味合いのあるハム・タイトルのニュアンスも滲み出ている。
やっぱりそういう意識は歌詞だけでなく声や音にも表れるのだ。

“ファック・ユー!”アティテュードの放射からストロングな自問自答まで、
パンク・ロックから派生したハードコアの最も研ぎ澄まされた表現がここで響き、
閉塞を突き抜けんと輝ける美すら感じる。

胸のすくオススメ盤だ。


★キルスウィッチ・エンゲイジ『アトーンメント』(ソニー・ミュージックエンタテインメント SICP 6188)CD
MASTODONの『Cold Dark Place』(2017年)も描いたリッチー・ベケットによるイラストの、
ジャケットの絵柄の八つ折りミニ・ポスター(表に歌詞印刷)封入の約39分11曲入り。
初回分は四面デジパック仕様でステッカーが封入され、
日本盤は歌詞の和訳が載った12ページのブックレットも封入。


スポンサーサイト



映画『シンクロ・ダンディーズ!』

_メイン_convert_20190820141038


オッサンだらけのシンクロナイズド・スイミング・チームの奮闘を描いた2018年の英国映画。
中年しかも男のシンクロ・チーム映画なんてキツいだろうな~ってな感じで見始めるも、
あれよあれよというまに引きこまれた“まさかの感動もの”の快作だ。

監督はオリヴァー・パーカー(『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』)である。

シンクロ・ダンディーズ!_サブ2_3939

有能な会計士として大手企業に勤務するエリック(ロブ・ブライドン)。
会社と自宅の往復で変わり映えのない日々のなか、
政治家の妻(ジェーン・ホロックス)との夫婦仲は険悪、
息子にもバカにされ、張り合いのない人生を感じていた。
ついには、妻から家を追い出され、ホテル暮らしをすることになる。

そんなある日、
日課で通う公営プールで中年男性ばかりが集まるシンクロナイズド・スイミングチームと出会う。
ひょんなことからチームメンバー入りすることになったエリックは、
彼らとともにイギリス代表チームとして世界選手権に出場することに。
時にケンカしつつメンバーと深い友情を築きながら女性コーチの指導のもと、
エリックは厳しいトレーニングに励む日々に生きがいと活力を見出し始めるが・・・。

_サブ9_2902_convert_20190820141143

この映画は
スウェーデンの男子シンクロチームが世界選手権で成功を収めるまでの実話が元になっている。

実のところ日本では一足先に公開された同じく中年揃いのフランス映画の
『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』も同様だ。
けど元ネタが同じだろうが解釈とアレンジとお国柄でこうも違うのか!?という点で興味深い。
同じ実話が素材だけ結果は似ていても、
作り手の意識や意思によってまったく別の趣きになるのもまた映画の面白さだ。

_サブ8_0600_convert_20190820141212

この『シンクロ・ダンディーズ!』の方は会計士エリックを軸にした作りで、
焦点が絞られていてストレートだからわかりやすい話の流れだが、
油断できないほと実は深い。
年齢も職業等もまったく違う他のメンバーも適度にクローズアップ。
程良くキャラの立った“アウトサイダー集団”ということを浮き彫りにし、
適度な距離感でお互いを尊重する団結心による“やるときゃやるぜ!”ってな仲間意識で、
馴れ合い嫌いな僕もインスパイアされた。

“物事すべてそんなに上手くいくわけないだろ”って突っ込む余地無しの作りも見事。
成功しすぎない現実性がリアリティを高め、
映画の締めはスカッ!とビシッ!とキメている。
ウジウジしたセンチメンタリズムを寄せつけないテンポの良さもポイントで、
ポップなシリアス・コメディーとしても楽しめる。
たとえ一滴だろうが僕みたいなヒガミ屋の目からも“フィニッシュ”で涙を湧かすほど、
感動への持っていき方がさりげないところがまた心憎い。

シンクロ・ダンディーズ!_サブ3_3405

爆笑というより失笑を禁じ得ない感じの
毒気混じりでも悪意無しのイギリスらしい辛口ユーモアがピリリと効いている。
情けないペーソスも滲み、
邦題どおりの中年ダンディズムもイギリス臭くてたまらない。
映画全体を貫くクールなエネルギーもまたイギリスっぽく、
みんな見た目よりも若々しく普段の生活に問題があろうが根は元気者だ。
ちょっと若い素行不良のメンバーをはじめとして、
いわば中年パンクスみたいなノリなんである。

シンクロではないにしろ僕も二千メートルずつ週2回泳いでいるが、
水中で浮き動くことに慣れるとポジティヴな意識になると断言する。
大地から足も離れて何事にも縛られずに普段のわずらわしい拘束から解き放たれるからだ。
気分が落ちていても泳いだ後は、がんばるぞ!って気持ちになる。
この映画のシンクロメンバーたちにもそんな親近感を覚えるほど
みんな実にイイ顔をしている。

_サブ5_5250_convert_20190820141306

大会が終わっても映画は終わらない。
エリックが逃げの人生と決別するクライマックスが訪れる。
とある人を支援すべく人が集まる場で決行した“地上シンクロ・パフォーマンス”、
それに続く“ヴァイオレントな一撃”、
そして抱擁。

僕は同年代だけにこういう言い方は奇妙だが、
<エリックおじさん、カッコよすぎる。>
嫉妬するわ。

_サブ4_0954_convert_20190820141407

★映画『シンクロ・ダンディーズ!』
2018年/イギリス/スコープサイズ/96分/カラー/英語/DCP/5.1ch/
英題『SWIMMING WITH MEN』
監督:オリヴァー・パーカー 脚本:アシュリン・ディッタ
出演:ロブ・ブライドン、ルパート・グレイヴス、ジム・カーター、シャーロット・ライリー他
配給:キノフィルムズ
コピーライト:©SWM FILM COMPANY LTD 2018
公開表記:9月20日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
http://synchro-dandies.jp/

<注>
シンクロナイズド・スイミングは、
2017年から競技名が“アーティスティックスイミング”に変わっています。


レコード・コレクターズ 2019年9月号

RC-201909 (1)


●リイシュー・アルバム・ガイド
★ティアー・ガス『ティアー・ガス』
★ソロウズ『ザ・ソロウズ』
★ベイ・シティ・ローラーズ『シングル・コレクション』
★ルーファス『ランシャート』

DOA_20190815101201768.jpg
D.O.A.『1978』(SUDDEN DEATH SDR-0123)CD


映画『ラスト・ムービースター』

メイン


『脱出』(1972年)、『トランザム7000』(1977年)、『ブギ―ナイツ』(1997年)で知られ、
昨年82歳で亡くなった米国のバート・レイノルズの最後の主演作である2017年の映画。
一周忌の9月6日(金)に日本でも公開される。

『デトロイト・ロック・シティ』(1999年)を手掛けたアダム・リフキンが監督で、
“いい映画だなぁ”と観た後に思わず漏らしてしまうアメリカ映画らしいシンプルな快作だ。

実話の再現ではないが、
レイノルズ自身をモデルにした映画らしく、
本人のエピソードなどをアレンジして物語に活かしてもいるからリアルに迫ってくる。
過去の出演作の映像をユニークに活用した“仕掛け”も心憎い。
レイノルズのファンの方が細かいネタ込みでたっぷり楽しめることは言うまでもないが、
知らない方も
落ちぶれた映画スターの人間味とささやかなしあわせにジン!とくること間違いナシの映画だ。

Sequence.jpg

一世を風靡したハリウッド俳優のヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)のもとに、
とある映画祭から功労賞受賞の招待状が届く。
歴代受賞者がロバート・デ・ニーロやクリント・イーストウッドだと聞いて、
しぶしぶ参加したものの、騙しに近い名もない映画祭だと知ると、エドワーズは憤慨。

だが、その映画祭の場所は、彼が生まれ育った街のテネシー州ノックスビルに近く、
過去の思い出がよみがえる。
映画祭開催中のエドワーズのアテンド&運転手になったリル(アリエル・ウィンター)に
命じて向かった先は、
育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアム、最初の妻にプロポーズした岸辺。
自身の人生を振り返ったエドワーズは、ある行動を起こす。

以上があらすじだ。

サブ3

エドワーズが呼ばれた映画祭は招待状に“国際ナッシュビル映画祭”と書かれていたが、
映画オタクがDIYで催しているアットホームなイベントだった。
経済的に可能な限りのもてなしをしてくれて熱い歓待で迎えてくれたはいえ、
ビッグな映画祭と思って出向いたにもかかわらず移動の飛行機や車、宿泊先はイマイチ。
到着してビックリした小さなパブでの自主上映会+ファンとの交流会みたいな催しに、
自分の落ちぶれぶりを思い知らされて元スーパースターのプライドも許さなかった。

中盤までエドワーズは嫌なクソジジイにしか見えない。
偏屈なアティテュードは自虐加虐も込みのユーモア・・・と解釈できるうちはまだ笑えるが、
酒をあおって短時間のうちに次々と起こすトゥー・マッチな行動がエスカレートし、
映画祭のメンバーたちも愛想をつかしていく。
でも車で“帰宅”途中に故郷の道路標示がふと目に入ったことが運命の分かれ道で、、
思い出の場所を巡っていく中盤以降にエドワーズはゆっくりとおのれを顧みていく。
とぼけていて傍若無人な素行で前半を貫くからこそ
終盤のシリアスな展開は落差も相まってグッ!とくる。

The Last Movie Star

この映画の最初から最後までキーパーソンになっているのが、
映画祭の主催者の妹ということでエドワーズの運転手をするハメになったリル。
レイノルズ以外の俳優たちも若手中心ながらみな好演で、
映画の物語に沿った感じでレイノルズと共演できる喜びが伝わってくるのだが、
そのリルを演じたアリエル・ウィンターが特に素晴らしい。
まだ21歳で今後が楽しみな女優である。

リルはスマホを肌身離さないイマドキのギャルでビッチなファッションに身をまとっているが、
生意気クールなようで根は純情かつ真面目だからこそチャラ男の彼氏に何度も騙され、
ちょい太目の体型も相まって憎めない愛嬌を振りまく。
ジジイ相手にやる気ゼロの序盤と生き生きした終盤とで顔つきが変わっているところもポイントで、
後半になってもワガママなところは変わらないエドワーズをコントロールするところにもシビれる。

サブ5

臨時運転手のリルとの時間で知らず知らずのうちに自分を省みていく意識の流れが
とてもナチュラルに描かれている。
“全盛期”はモテまくって5回離婚し、
映画の序盤から“老いてなお盛ん”なことを隠さないジジイのエドワーズが、
ひょんなことから超豪華なスイート・ルームでリルと過ごす時間がクライマックスだと思った。
でも本当のクライマックスはその後だ。

リルと回った“自分巡りの道中”で、
もはや映画オタクしか自分のことを覚えてないと思っていた“過小自己評価”を改めていく。
ほんとうの“自信”が湧くと人間って器が大きくなるもので、
敬意や感謝も自然と表すようになる。
驕り高ぶった“自分ファースト”の思い上がりを改めて大切なことに気づく。
今からでも遅くはない・・・死ぬまでに一番やっておきたいことをやらねば。

そしてエドワーズは数十年ぶりに心からの謝罪をする。
とある事情で面と向かってもエドワーズのことを誰だかわかってない一番大切な人に対して。

サブ4

終盤のエドワーズの“スピーチ”は、
まるで人生の最期を悟ったバート・レイノルズが伝えたい最後の思いを込めたかのようだ。
それぐらい熱く、グッとくる。

プライドは謙虚さがあってこそ輝く。


★映画『ラスト・ムービースター』
2017年/アメリカ/英語/104分/原題:The Last Movie Star
監督・脚本:アダム・リフキン
出演:バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター、クラーク・デューク、エラー・
コルトレーン、ニッキー・ブロンスキー、チェヴィー・チェイス
(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC
9月6日(金)に新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開
https://lastmoviestar2019.net-broadway.com/


SLIPKNOT『We Are Not Your Kind』

SLIPKNOT『We Are Not Your Kind』


メタルだけでなくロックを塗り替えてきた米国のバンドが、
アルバム・デビュー20周年の年に放った約5年ぶりの6作目。
威風堂々のグレイトなニュー・アルバムである。


前作『.5: The Gray Chapter』に引き続き、
バンドと共にグレッグ・フィデルマンがプロデュースしてジョー・バレーシがミックス。
歯切れも抜けもいいにもかかわらず濃密な仕上がりで、
渦巻く情念も横溢する気合も生き物のサウンドに宿してデリケイトにレコーディングされている。
ツボを突くビートの質感がたまらないドラムをはじめとして、
研ぎ澄まされた響きへの気遣いに舌を巻く。
初期から不変のサビがキャッチーな曲作りに磨きをかけ、
70分近く通して聴いても疲れない音作りとアルバム全体の構成も見事だ。

インダストリアル・ミュージックやアンビエント・ミュージックを天国のように冷たく、
デス・メタルやブラック・メタルを地獄のように熱く溶かし込んだ、
ソリッド&グルーヴィな重いメタル。
既成のジャンルから外れた“ノイズ”とパーカッションが曲に命を吹き込み、
フックを隠し持つ。
デイヴィッド・ボウイの1977年から1980年までのアルバム、
すなわち『Low』『Heroes』『Lodger』『Scary Monsters』の先鋭的な音の感触を、
ハードコアなBLACK SABBATHテイストで解釈したみたいでもある。

胆力満々の喉を震わせつつポピュラリティ十分のヴォーカルも実にいい。
やっぱりグレイトなアルバムはヴォーカルはもちろんのこと、
楽器の音にもヒリヒリした歌心が息づく。
このアルバムは人間味あふれる暴虐の歌心が激しく呼吸をしている。
大したモチーフがないにもかかわらず機械的にエクストリームな音を作って
進化を目指しているっぽいメタル/ハードコア系のバンドが2010年代以降に目立つが、
人工的な音はやっている人間の空っぽさが見えてきてむなしくなるだけである。
このアルバムはメロディアスな静謐パートも生々しい。
まさに本物だ。

“右”も“左”も
結局は“みんなと一緒に居たい”だけみたいなビョーキの世界的な状況だけに、
「おめーと一緒にすんな」とも解釈できるアルバム・タイトルも痛快である。
孤立はしてない。
だが素晴らしく孤高である。
さらに日本盤には昨年デジタル・リリースしたシングル曲「All Out Life」が追加されているのだが、
“We Are Not Your Kind”というフレーズ(歌詞/和訳付)がサビで歌われる重要曲だけに
注意したい。

大メジャーなバンドでこれほど聴くたびに発見が湧いてくるアルバムは久々だ。
大スイセン。


★スリップノット『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-18229)CD
膨大な言葉数の歌詞が載った20ページのオリジナル・ブックレットに加え、
日本盤は歌詞の和訳が載った16ページのブックレットも封入の約69分15曲入り。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
HEAVY ROCK (266)
JOB/WORK (343)
映画 (315)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (49)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (457)
EXTREME METAL (142)
UNDERGROUND? (129)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (144)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (35)
ROCK (91)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん