なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

DARKSFEAR(ダークスフィア)『YOUR MIND』

ダークスフィア


BEYOND DESCRIPTIONChaosmongersとハンマーでベーシストを務め、
WORLD DOWNFALLとDUDMANではヴォーカルを務める、
アダチ(b)らが結成した4人編成のバンドの3曲入りのデモCD。

ハンマーを脱退したやすし(ds)と2016年初頭に東京でバンドをスタートさせ、
ken(g)がまもなく加入して曲作りを始める。
ヴォーカルはなかなか決まらなかったようだが、
水戸を拠点にしていたARRANGEMENTSのセーコ(vo)を誘い、
彼女がピンでヴォーカルをするのは初めてだったため
最初にスタジオに入った時はDISCHARGEのカヴァーをやったという。
今年の3月に本作のレコーディングを行ない、
4月にライヴ・デビューし、
5月に本作がリリースした。


『YOUR MIND』は約8分3曲入りで薄手のプラケース・パッケージながら、
CD-RではなくプレスCDのフォーマット。
音質良好でジャケット裏に歌詞も載せている。

80年代半ばのGAUZEとSYSTEMATIC DEATHが束になって休まず突っ走り続けるみたいな、
ストレートなハードコア・パンク・サウンドだ。
フックを設けた曲や多少テクニカルなギターも含めて初期衝動というより良い意味で練られていて、
80年代後半の日本のハードコア・パンクを思い出す。
やや高音域の声のヴォーカルも含めて小気味よい。
歌詞はほとんどのパートが英語だが、
2曲目の「Not Your Life」で気合満々の男性メンバーがバッキングで吐く日本語にも痺れ、
その部分の言葉にDARKSFEARのハードコアの肝が集約されている。

自分たちのペースで長い活動を望みたくなるバンドだ。


★DARKSFEAR(ダークスフィア)『YOUR MIND』(No Label, No Nimber)CD
薄手のプラケース仕様で歌詞付の約8分3曲入り。
https://www.facebook.com/0DARKSFEAR0
http://blog.livedoor.jp/blacky_voi_vod/


スポンサーサイト

レコード・コレクターズ 2017年7月号

RC-201707.jpg


●U2
最大のヒット・アルバム『ヨシュア・トゥリー』の30周年記念盤


●書評『いまモリッシーを聴くということ』


●リイシュー・アルバム・ガイド
★ハンブル・パイ『オフィシャル・ブートレグ・ボックス Vol.1』
★エルサレム『エルサレム』

NO DEFENCES『Released』
★NO DEFENCES『Released』(DEMO TAPES TAPE008)LP


FUTURA『Futura』(DEMO 2017)

FUTURA.jpg


FUMIGADOSの女性シンガーを擁したLA拠点のハードコア・パンク・バンドによる
4曲入りのデビュー・デモ・カセット。

オープニングで狼煙を上げる。
ABRASIVE WHEELSあたりの80年代初頭のキャッチーなUKハードコア・パンク・バンドが
若干エッジの尖った音作りで攻めているような、
粗削りのパンク・ロック・サウンドが痛快だ

スペイン語の歌詞が主体のFUMIGADOSと違い、
こちらは1曲以外英語。
飯を食うための仕事のことやトランプ大統領のことを歌い、
最後はラヴソングだろうか。

素朴で日常感じたことをそのまま歌う自然な姿勢、
背伸びしてない言葉も含めて、
プリミティヴな裸のピュア・パンク・ロック作品。
リアル・アンダーグラウンドながら今後注目が集まりそう。


★FUTURA『Futura』(VERDUGO VD_16)Cassette
ジャケットはもちろんのことカセット・テープ自体のパッケージもしっかりデザインされた丁寧な作りだ。


加藤崇之×早川岳晴×藤掛正隆『崖っぷちセッション・リマスター』

崖っぷちセッション・リマスター


加藤崇之(g)と早川岳晴(b)と藤掛正隆(ds、エレクトロニクス)によるライヴ・レコーディング盤。
以前2枚のCD-Rで発表した音源のリマスタリングCDリイシューだ。
今年『Trio Edge』を出したトリオで、
今回のCDも早川と藤掛によるフリー・セッション・シリーズの“崖っぷちセッション”に
加藤が“参戦”した時の実況録音である。


本編の6曲は2007年に東京・荻窪のルースター・ノースサイドでやったライヴ。
2007年にCD-R盤で少数出していた『from Gakeppuchi Session』(FCDR-2007)が元だ。
「track A」「track B」~といった曲名から察するにインプロヴィゼイション演奏と思われるが、
“作曲された曲”にも聞こえる。
藤掛の好エディットも奏功しているというのもあるが、
演奏がダラダラしていなくてフリー・フォームながら引き締まっているからだ。

ジャズ・ロックに聞こえるところも多いが、
ファンクやダブ、ラテン音楽、民俗音楽、アンビエント・ミュージックなどなど、
“音楽モラル”なんて関係なくナチュラル・ブレンドされている。
静かなパートを設けつつ、
もったいぶって小難しくせず、
3人ともかなり持っている演奏テクニックに溺れず、
あくまでもダイナミックに展開。
音は強靭だし、
ほとんどの曲は加速し、
のびのびとクールな情熱を炸裂させている。

シリアスだが、
さりげなく頓智の効いた音も鳴らし飛ばす。
普段やっている音楽とはかけ離れているだけに、
加藤流の硬質なハード・ロック・ギター・リフとハード・ロック・ギター・ソロも聴きどころだ。


ボーナス・トラックとして2014年に横浜のストーミー・マンデイでやったライヴを1曲追加。
前述の『Trio Edge』のレコーディング時のアウトテイク「Last Drive」で、
そのCD発売記念ライヴ時に限定配布されたCD-R(FCDR-2026)に入っていた曲である。
グルーヴィなリズム隊と謎の音を発し続ける加藤が拡散と収斂を繰り返しながら、
本作の締めにふさわしい加速でデッドヒートする。


いずれも藤掛のドラムがいい意味でジャズにならないのが大きい。
NEUROSISのレーベルから2001年に『10,000 Light Years』を出した頃のZENI GEVAのメンバーで、
当時並行してBAKI(GASTUNK)や諸田コウ(元DOOM)らと#9をやっていたぐらいだし、
根がどうしょうもなくロックなのだ。
だから全体が肉体的。
そんな大切なことをあらためて思わせもする一枚である。


★加藤崇之×早川岳晴×藤掛正隆『崖っぷちセッション・リマスター』(FULLDESIGN FDR-2030)CD
薄手のプラケース仕様の約72分7曲入り。


WIRE『Silver/Lead』

WIRE SILVER LEAD


70年代後半から活動を続ける英国のポスト・パンク・バンドのWIRE
アルバム・デビュー40年目の年に放った約1年ぶりの16作目。

リリースもコンスタントで、
特に2度目の再編後の2000年代に入ってからは精力的だ。
しかもブレ無し駄作無しなのだから恐れ入る。


ファーストの『Pink Flag』収録の「12XU」の流れと言えるWIRE流のハードコア・パンク・チューンが、
復活盤の10作目『Send』(2003年)以降のアルバムのアクセントになってきたが、
近作と同じく今回もそういう曲はない。
それどころかパンク・ロックっぽいアップ・テンポ・ナンバーすらほとんどない。

一度聴いたら耳から離れないロバート・グレイの“あのビート感”のドラムと
グラハム・ルイスのベースとコリン・ニューマンのエレクトリック・ギターは全曲に入っているし、
2010年加入のマシュー・シムズのエレクトリック・ギターも1曲以外の全曲に入っている。
一方で、
4曲でアコースティック・ギター、
1曲で12弦ギター、
1曲にラップ・スティールも使われている。
キーボードやシンセサイザーも効果的だ。
そのへんの楽器のバランスが近い前作『Nocturnal Koreans』の路線を深く推し進めたようにも聞こえる。

歌ものと言ってもいいかもしれない。
しかもやさしいまなざしの歌ものだ。
コリン・ニューマンがリード・ヴォーカルをとる曲は、
いくつになっても青い歌声でマイルドになってきているというのもあってどれもポップな佇まい。
3曲でリード・ヴォーカルをとっているグラハム・ルイスの苦み走ったヴォーカルは渋い。


いくらオリジナル・メンバー3人が還暦を越えようが、
ポスト・パンクの先駆バンドだけに哀愁なんて似合わない。
やっぱり冷めているし、
そんでもってへヴィ。
WIREにはふさわしくない言葉かもしれないが、
これは歌心と言ってもいいのではないか。
ポスト・パンクのオリジネイターならではのクールな歌心がさりげなくあふれ、
無機的な世の合理主義にこっそり抗うかのようだ。
心に染み入る佳作である。


★WIRE『Silver/Lead』(PINK FLAG PF 24)CD
デジパック仕様の約36分10曲入り。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (405)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん