なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画『男と女』[製作50周年記念 デジタル・リマスター版](+同時上映『ランデヴー』)

男と女m


泣く子も黙るクロード・ルルーシュ監督による1966年のフランス映画の名作『男と女』が、
製作50周年を記念してデジタル・リマスター版で全国上映される。
ルルーシュ監督が1976年に撮った日本初公開短編『ランデヴー』も同時上映だ。

映画『男と女』を知らなくても、
“ダバダバダ~ダバダバダ~ダバダ……”の主題歌を耳にしたことのない人はあまりいないだろう。
挿入される音楽もひっくるめてフランスの権化みたいな映画で、
植民地云々がフランスの裏イメージだとしたら表イメージは『男と女』。
むせかえるほどにビタースウィートな甘美の世界である。

男と女1

パリで一人暮らしをするアンヌとカーレーサーのジャンは、
それぞれ同じ寄宿舎に娘と息子を預けていることから知りあって惹かれあったが、
“伴侶”との辛い別れの過去も忘れられない。
そんな二人の104分のラヴ・ストーリーだ。

俗を超えたロマンスであると同時に、
子持ちの独り者同士の俗っぽいシチュエーションでもある。
ほほえましくロマンチックだし、
ありえない設定のようで意外とリアルだし、
あっと驚く余韻のラストまで至れり尽くせりのパーフェクトな映画だ。
運命の二人にジェラシーを覚える人も後を絶たないだろう。
映画の中の世界が“憧れ”だった時代ならではだが、
そういったことが今も映画の魅力のひとつであることに変りはない。

男と女2

シンプルな物語もチャーミングだが、
魔力とも妖力とも言いたくなる映画全体を包み込む雰囲気にゆっくりととろけて目が覚める。
薄っすらと漂う品のある天然の芳香がずっと揺れ動いている。
出そうと思っても簡単には出せない粋で優雅な大人の男と女の匂いがスクリーンをゆっくりと染めてあげていき、
二人が一緒にいるシーンは子連れの“なごみ”の場面ですら特に濃い。
特に、やっぱり、いわゆるラヴ・シーンにヤられる。
スクリーンを観ているだけで伝わってくるキスの“旨さ”には舌を巻くしかない。

音楽と映画のこの上ない芳醇ブレンドが味わえる作品でもある。
ふんだんに使われている洒落た音楽が映画の情緒や情感や情景となって息づき、
音楽がまるで俳優のようであり、
それでいて余計なお世話にならずに“うるさくない”。
挿入される音楽がけっこうパーカッシヴという点も特筆すべきで、
メロウに流されることなくテンポのいいリズミカルな映画の仕上がりに一役買っている。
いわゆる音楽以外の音声もポイントで、
ベッドの上で二人が抱き合った時のシーツのすれる音や風音などすべてが必然としてさりげなく盛り上げる。

もちろん映像も無駄がない。
一つ一つの事物のディテールがドラマを演出し、
まさに“小道具”だ。
映像技術としてはカラーとモノクロをシチュエーションによって使い分けているのが見事で、
モノクロに関しては場面によって色が微妙に違って見えるし、
様々な気持ちや空気感を醸し出しているのであった。

ランデヴー<メイン画像

一方、
『男と女』でも大切な“愛のツール”になっていた車で走りまくっている映画が同時上映の『ランデヴー』。
カメラ長回しというかワン・テイク、
レコーディングで言えば一発録りの8分48秒の“ライヴ”だ。
車の前方にカメラを設置して夜明けのパリをただ走りまくっているだけだが、
いわゆる高速道路ではなく街中をかなりのスピードでノンストップ“暴走”している。
こんな路地とかよくノンストップで走り続けられるもんだ・・・と感心する時間も与えず、
ときたま人間もそのへんにいるしでかなり危険&スリリングだし、
“エンジン・ノイズ”との相乗効果で心臓の加速も必至の“モーター・ドキュメンタリー”だ。


★映画『男と女』[製作50周年記念 デジタル・リマスター版](+同時上映『ランデヴー』)
10月15日(土)より東京YEBISU GARDEN CINEMAなど全国各地で順次ロードショー。
http://otokotoonna2016.com/


スポンサーサイト

LED ZEPPELIN『The Complete BBC Sessions』[3CD/DELUXE EDITION]

LED ZEPPELIN『The Complete BBC Sessions』


LED ZEPPELINによる69~71年の6つのBBCセッションを編集したリイシュー盤。
数種類のフォーマットでリリースされているが、
ここでは僕が買ったCD3枚組のものを紹介する。

4作目までの曲+アルバム未収録のカヴァー等を収録。
約74分14曲入りのディスク1と約78分10トラック入りのディスク2から成る97年発売のものに、
約49分9曲入りのディスク3を新たに加え、
ジミー・ペイジ(g)が緻密なリマスタリングを施している。


半数近くの曲で観客の拍手等が聞こえてくるライヴ・レコーディングだ。
オリジナル・アルバムでレコーディグしたヴァージョンのアレンジを尊重しつつ、
スタジオ録音のプレイを繰り返す“ポップス”とは違い、
攻めが身上のロックだから日々アレンジをアップデートしていて“オギョーギ”が悪い。
テイク違いながらCD3枚の中で同じ曲が何度か出てきて、
D.O.A.やDICKIESやIDORAがカヴァーしたことが象徴するようにパンク/ハードコアに直結する曲の
「Communication Breakdown」は5回披露されるが、
やっぱり全部違う。
同じ演奏や同じヴォーカルは二度とない。

ディスク3は、
全体の完成度を高めるためか前回発売時のCDから外されたのも一応うなずける“ワケありテイク”が多い。
数曲は若干フェイドアウト気味だが、
もちろん全曲問題ないし、
まさに蔵出しテイクの面白さである。

“暴れん坊”の頃の初期のパフォーマンスということも相まって、
凝った作りで仕上げたオリジナル・アルバムとは一味違う五線譜をはみ出したダイナミズムが格別だ。
音質に多少バラつきがあり一部良好とは言いがたかいテイクを含めているからこそ新たな発見もある。
モコモコした音のテイクの音像は、
MINOR THREATやFUGAZIをはじめとする
ワシントンDCのハードコア・パンク/ポスト・ハードコアのDISCHORD Recordsの作品も思い出す。
こなれる前の80年代のスティーヴ・アルビニの録音物みたいでもある。

いわゆるコンプした最近のCD等の音圧に慣れた耳には貧相に聞こえるかもしれないが、
これぞ原始の音。
ひるまずに横着しないで可能な限りヴォリュームつまみを上げて聴いてくれ!と、
人力車みたいな馬力で発熱するこのサウンドが言っている。
ロックの魔力に打ちのめされて解放される3枚組だ。


★LED ZEPPELIN『The Complete BBC Sessions』[3CD/DELUXE EDITION](ATLANTIC 8122794389)3CD
97年発売時のライナーと新規ライナー/詳細なデータ等が載った24ページのブックレット封入の、
三つ折り紙ジャケット仕様。


アレルギー(ALLERGY)『El Dorado』[LPリイシュー]

アレルギー


85年リリースのファースト・フル・アルバムのLPリイシュー盤。

“WAX GREAT REISSUE 2016”というタイトルで、
徳間ジャパンコミュニケーションズ内のWAX Recordsから日本のバンドの名盤がLPでリイシューされているが、
その一環の発売だ。
CDはWAX Recordsからリリースされていたものである。
180グラム重量盤のレコードで、
ジャケットは英国アナログ盤を意識したというE式PP貼りと呼ばれる手触りがつるつるの光沢仕様。
新デザインの帯の裏には、
昨年の紙ジャケットCDリイシュー盤で僕が書いたライナーの抜粋が載っている。
制作関係者によれば昨年CDリイシューされた際のリマスタリングの音を使っているとのことだ。


今回のLPリイシュー・シリーズの中では、
少なくても僕が聴いた中だと一番オリジナルLPに近い音の感触で出来上がっている。
ゴスからファンクまでをフォローした“日本語ポスト・パンク”の集約形だが、
しめっぽくなく、
「Tokyo Frustration」という曲のタイトルが象徴するように都会的でしなやかなサウンドが楽しめる。

オリジナルLPにかなり近い紙質と色合で復刻した歌詞カード封入だ。


★アレルギー『El Dorado』(徳間ジャパンコミュニケーションズ TKJA-10092)LP


レコード・コレクターズ 2016年10月号

RC-201610.jpg


●セックス・ピストルズ
『SEX PISTOLS – LIVE '76』に関する原稿。


●ニュー・アルバム・ピックアップ
★蛸地蔵『わるい空想』


●リイシュー・アルバム・ガイド
★アトミック・ルースター
・『アトミック・ルースター・ファースト・アルバム』
・『デス・ウォークス・ビハインド・ユー』
・『イン・ヒアリング・オヴ・アトミック・ルースター』
・『メイド・イン・イングランド』
・『ナイスン・グリージー』

★ポール・ディアノズ・バトルゾーン
・『ファイティング・バック』
・『チルドレン・オブ・マッドネス』


DEAD KENNEDYS『Live』
DEAD KENNEDYS『Live...The Old Waldorf 1979』(INTERFERENCE INTRCD0009)CD


映画『アルジェの戦い』<デジタル・リマスター/オリジナル言語版>

algeri_main_convert_20160915115950.jpg


19世紀からフランスの支配下に置かれていた
北アフリカのアルジェリアにおける1954~1962年の“独立戦争”の史実に基づく、
1966年の劇映画がこのたびデジタル・リマスター/オリジナル言語版で再び日本ロードショーとなる。
インタヴュー・シーンのないドキュメンタリー映画のような作りで、
映像と音声がまぐわう映画ならではのダイナミズムと心理描写で表現のリアリズムを体現しているから、
足を運べる状況の方でしたらなんとか映画館で体感していただきたい傑作と言い切れる映画だ。

algeri_sub02_convert_20160915120113.jpg

まず政治性云々以前に映画の存在感そのものとしてグレイトな作品である。

彫りの深いモノクロ映像美にとにかく引き込まれる。
さりげなく滲み出ている心の陰影も刻み込まれている映像そのものの力にあらためておののく。
ほぼすべてを“言って”しまうカラーと違い、
モノクロは観る者によって“着色する余地”がたっぷり残されているわけだが、
この映画はそれによって鮮血の濃淡すらイマジネーションでふくらませて神経をファックする。

もちろん遠近を活かした撮り方で状況の奥行きもしっかりと映し出しているが、
男性レジスタンス、女性テロリスト、ヨーロッパ系移住民、フランス軍関係者などの
すべての人間の顔のアップを多用するカメラがグレイトすぎる。
とにかく人間の表情を“すっぴん”のまま克明に描写している。

説明的なテロップの類いはほとんどなく、
理屈っぽいセリフもなく、
でかいスクリーンで見せる映画としてストロング・スタイルの作りに圧倒されるのみだ。

algeri_sub03_convert_20160915120142.jpg

醒めた炎の命を映像に注ぎ込むかの如く、
『荒野の用心棒』などで知られるエンリオ・モリコーネの音楽が場面ごとの空気感や人間心理の機微を見事に綴る。
モリコーネみたいな音楽家は別格ではあるし映画作品個々の制作の状況や環境の違いを考慮したとしても、
適当なBGMや余計なお世話で邪魔なだけの音楽の挿入が無神経でしかない映画がホント多いから、
『アルジェの戦い』では映画の肝に成り得る音楽の在り方も考えさせられる。
そして雑踏のざわめきや爆発音をはじめとする映画の中の音声すべてが神経をえぐっていく。

火薬に欠かない映画とはいえ忙しい展開とは対極の静かな進行の映画だが、
展開のリズム感が抜群だから引き込まれる。
いわゆるスピード感たっぷりの映画の真逆の速さの映画にもかかわらず、
体感速度がリアルでテンポが良くて人間の鼓動に共振したビート感に貫かれている。
たとえ静かな“鳴り”だろうが映画そのものに躍動する命のビートがなければ作品は死んでいるし、
絶望をエナジーに“昇華”する映画ほど息吹のテンポによって生かされることを知らしめる。

エレクトリックな音楽を爆音化するアンプみたいに
想像力をamplifier(増幅/拡大)する映画が持ち得る可能性を無限大に体現し、
政治性を超えて人間存在そのものに迫っていくうちにしまいには覚醒させる映画だ。

algeri_sub08_convert_20160915120357.jpg

とはいえ政治色1000%の映画である。
いわゆる反体制勢力のFLN(アルジェリア民族解放戦線)と
当時アルジェリアを支配したフランスの最前線に立ったフランス軍の戦いに加え、
“双方”の市民が巻き添えを食う様子が淡々と描かれている。

台本に沿って演じられるいわゆる劇映画ではありながらドキュメンタリー映画以上にすべてが“生”。
部分的にニュース・フィルムなどの記録映像を使っているのでは?と思って関係者の方に確認したほど生々しい。
いわゆる俳優はほとんど起用されてない。
主要キャストは“実務経験者”を含むいわゆる素人が多数演じ、
アルジェリア市民8万人が撮影に協力し、
アルジェリア軍から戦車や武器類を調達して仕上げられたという。
役者を超越した一般の方々の“演技力”の迫力は偽り無き心の“叫び”そのものだからに他ならない。
すべてのロケをアルジェリアの首都アルジェのカスバで行なったがゆえの空気感に戦慄が走りっぱなしだ。

必要以上に感情に流されない冷厳な切り口と語り口が際立つ。
市街戦や爆発のシーンも実際のテロと同じく断続的に入りこんでくる映画だが、
終始落ち着いたトーンだからこそ心をえぐる。
死んでも屈することのない熱い男もいるが、
ある種の冷めた意識ゆえにフラストレイションが計り知れないほどの熱を帯びている。
センチメンタルな感傷の類いをことごとく削ぎ落として冷厳に綴ることでギリギリの感情の軋みが滲みでている。

algeri_sub04_convert_20160915120204.jpg

フランスに抗うアルジェリアの“原住民”がクールに描かれる。
いわゆるフランス人をはじめとするヨーロッパからの移住者たちから差別もされてきたからこそ、
レジスタンスの男たちは精悍に研ぎ澄まされているように映る風貌だ。
昨今の自爆テロ人間たちと違って命を無駄にはしないが。
様々な時代や国/地域問わず反体制のみならず国のトップを務めた人間でも後を絶たないように、れじ
アルジェリアのレジスタンスも時として“大義”以上に大切なおのれの矜持ゆえに命を爆破されることを選ぶ。
“家族との妙な絆”を思うとやるせない決意の人間もいて考えさせられる。

インターネットのない時代に手探りで緻密に“事実”を詰めて炙り出したのであろう、
用意周到な警官殺しの模様も一瞬の緊張感で息を呑む。
女性たちの爆弾テロ・シーンもさりげなさすぎるがゆえにリアルで、
カフェでくつろぐ人たちが“爆殺”される瞬間の数々の映像が強烈だ。
警戒網をくぐりぬける女性テロリストたちのスリリングな行動はサスペンス・タッチであり、
なにより殺しが日常茶飯事の地域でのテロ以上に、
しあわせな光景のエクストリームな暗転こそがテロの真髄であることを心臓に突きつける。

algeri_sub07_convert_20160915120255.jpg

この映画の爆弾テロは
当時フランスが植民地にしていたナイジェリア内で“ヨーロッパ人”が集まる場での出来事だが、
当時のアルジェリア“反体制派”のモチーフと取り巻く状況が異なるとはいえ、
特に昨年から苛烈化して起こり続くイスラム国関連によるフランス内のテロをイメージせずにはいられない。
まるで予見していたかのように立て続けで、
一般の人も巻き添えを食うから鎮圧しなければならない“体制側”の苦悩の震えは昨今のフランスと共振している。
と同時に、一般民衆を集めたとは思えないほどの数の人間が声を上げるデモのシーンでは、
2010年代前半のいわゆる“アラブの春”の盛り上がりとその後の挫折を思う。

ほんと一瞬たりとも目が離せない。

algeri_sub01_convert_20160915120044.jpg

1966年のベネチア国際映画祭でグランプリにあたる金獅子賞を受賞した際には
現地入りしていたフランス代表団が“反仏映画”として反発し、
『大人は判ってくれない』の監督で知られるフランソワ・トリュフォー以外の全員が会場を退席したという。

もちろんフランス告発のトーンに貫かれてはいるし確かにフランスの横暴も描かれているが、
フランスの圧政の様子はかなり抑えられているし、
そんなに“反フランス”な映画にも見えない。
リーダー格の人間も含めてフランスの兵士らの心の動きもデリケイトに捉えている点も特筆したい。
政治的ドキュメンタリー映画で目立つ一方的な糾弾映画で終わってないのだ。
テロで殺される一般市民を守らなければならない側の立場もしっかり描いている。
母国そのものを守るのではなくアルジェリアで従軍するがゆえに、
単純な愛国意識と違うフランス兵士の葛藤みたいなものもさりげなく綴られている。
勝った!負けた!だの、正義!悪!だの、白黒つける二元論こそが一番恐ろしいから、
そういう視点とは一線を画している。
それぞれの立場の葛藤とプライドを緻密に描き切っているからこそリアルなのだ。

algeri_sub05_convert_20160915120232.jpg

ここ5年ほどの間に日本でも政治に対する関心が高まったというが、
“右”だけじゃなく“左”も大半は自分の国やその周辺のことしか頭になくて、
結局自分の周りが良ければいい内向き意識の根っこは何も変わってない。
直結してないとしても『アルジェの戦い』の流れを色々たどれば、
ソマリア周辺で荒らすシャバブやナイジェリア周辺で女の子を拉致使用するボコ・ハラムといった、
昨今のアフリカ“最凶恐怖勢力”が産まれたことにもつながる。
日本とアフリカが無関係でないことは2013年の“アルジェリア人質事件”でも明らかで、
関係ないことなんて何もない。

50年以上前の映画にもかかわらず、
いや半世紀以上前の映画だからこそこの作品は一巡した示唆を与える。
深くわかりやすいこの映画をきっかけに視野を広げていただけるとさいわいだ。

憎しみを殺さずに生き延びさせ、
憎しみを憎しみとして尊びながらエンディングで突き抜ける。

これぞ必見。


★映画『アルジェの戦い』<デジタル・リマスター/オリジナル言語版>
1966年/イタリア=アルジェリア/B&W/1.85:1/121分/フランス語・アラビア語
10月8日(土)より東京・新宿K's cinemaにて公開。以降、全国で順次ロードショー。
http://algeri2016.com/


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
HEAVY ROCK (231)
JOB/WORK (277)
映画 (222)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (380)
EXTREME METAL (124)
UNDERGROUND? (71)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (113)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (23)
ROCK (73)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん