FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

REDSHEER/SUNDAY BLOODY SUNDAY『HEARTBREAKING noiserocking』(split CD)

REDSHEER/SUNDAY BLOODY SUNDAY


ハードコア/ヘヴィ・ロックの“next”の更新を続ける“トリオ同志”のスプリットCD。
東京~埼玉拠点の2バンドで2曲ずつの収録だが、
トータル・タイム15分32秒とは思えずいい意味で長く感じるほどヴォリューム感十分で、
聴き応えありありのCDだ。


まずREDSHEERは3分半~4分のミディアム・テンポと適度なアップ・テンポの
「Forthcoming Fire」「Putrefaction」の2曲を提供。
50日前ほどに出たSUNDRとのスプリットCDに続く音源だが、
印象に残るフレーズを内包してコンパクトにまとまったハイ・クオリティの佳曲の連続に、
現在のREDSHEERの“生”が凝縮されている。

いまだ興奮が冷めやらぬ昨年12月29日のステージが蘇る仕上がりで、
その会場だった東京の東高円寺・二万電圧でのライヴで体感しているような膨張音像だ。
ギターもベースもドラムもヴォーカルもエネルギッシュに息をしたままのクールな躍動が聞こえてくる。
ミックスに時間をかけたことがよくわかるサウンドのバランスで、
ベースの音がやや大きめなのも非常に大切。
グラインドコアも重要ルーツのオノザト(vo、b)のベース・ラインがデカいと、
REDSHEERサウンドがますます重く響いて聴き手の心身をグラインドする。

リズムのズラしの拡散と研ぎ澄まされた濁流の収斂を繰り返して混沌のうねりを生み、
窒息寸前の閉塞を中央突破するサウンドに背筋が立って息を呑む。
ギターはブラック・メタルとUSノイズ・ロックの混血の痛切な旋律と殺伐リフで研ぎ澄まし、
押しと引きで牽制しながらメンバー全員が曲を推し進める交感の様子が伝わってくるが、
加速度を絶やさないドラムが背後からさりげなくリードしているのも大きい。

ますますヴォーカルは崖っぷちのシャウト、シャウト、スクリームが炸裂。
ますます体裁を気にしてないフラストレイションの炸裂ってわけである。
前述の昨年末のライヴの曲間でオノザトは
熱心なファンと思しき観客から「汗かきすぎ~!」と突っ込まれていたが、
汗をかくことはロックとしてプリミティヴな基本だとあらためて思う。
ライヴだけでなくレコーディング音源でも同じくであり、
精神的にも“汗臭い表現”でなければ心から胸を打つことはない。

進化を標榜するバンドは頭デッカチになりがちだ。
エクストリームを気取ってもスノッブやオシャレの臭いがする音楽は無味無臭で、
体裁をそれっぽく整えているだけでは感心はしても感動することはない。
なぜならそれって中身がなんもない証しだから。
細かいジャンル分け抜きにしてロックのスタイルでやっているのなら熱くロックしてないと論外だろ。
REDSHEERも進化を口にするバンドだが、
“深化”もビシッ!と並走している。
それこそMOTORHEADに直結するロック魂も宿る。
だからこのCDの2曲を浴びているとこっちのカラダも気持ちも燃える。

REDSHEERのセカンド・アルバムが今年の音楽ハイライトになることを確信した。


一方のSUNDAY BLOODY SUNDAYも、
「Impatient」「Rise And Fall」という好ナンバーを2曲連発して“対峙”する。

彼らも細かいジャンル用語では括れないスタイルを展開し、
SLAYEREARTH CRISISを彷彿とさせる不穏な静かなるイントロで始まり、
メタリックなリフを絡めながらじっくり高まり沈める。
デス・メタルやブラック・メタル、ニュースクール・ハードコアのダシも感じられるリフのギタが
ユニゾンが多いベース/ドラムとドゥーム・スラッジのグルーヴも生み進め、
KING CRIMSON系のリズムも絡めつつゆったりドライヴもするヘヴィ・サウンドだ。

緩急のパートの中でリードするのは、
やや高い声域でメロディアスな歌も聴かせるヴォーカル。
U2の1983年の代表曲を思い出すバンド名だが、
ヴォーカルも“U2 meets NAHT”と言いたくなるエモーショナル・テイストで、
殺伐感も漂う音の中で歌声がポジティヴに響いているのも印象的。
適度にクリアーで各パートの分離のいいレコーディングの仕上がりで、
楽器の音がラウドに鳴りつつヴォーカルがしっかり聞こえる作りだから、
SUNDAY BLOODY SUNDAY繊細な個性が活かされた完成度のCDと言える。


今回のCDは全4曲歌詞は不明で、
少なくても僕の耳には日本語が聞こえてこなかった。
曲解説の類いも付いてない。
だが、いいようにごまかせる言葉にまどわされることなく、
ウソをつかない声と音だけで思いが伝わってくる。

まさにCDタイトルどおりに“HEARTBREAKING”“noiserocking”でありの作品である。
“悲痛悲嘆なほど胸が張り裂ける思い”の現在進行形であり、
やっぱり何より“ロックしている”ことが大切。
タイトルに偽り無しのオススメ盤だ。


★REDSHEER/SUNDAY BLOODY SUNDAY『HEARTBREAKING noiserocking』(HELLO FROM THE GUTTER HFTG-038)split CD
薄手のペーパー・スリーヴ仕様。


スポンサーサイト

映画『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』

L7_KEYART.jpg


女性グランジ・ロック・バンドを代表し、
80年代半ば以降の“ハード・パンク・ロックンロール”を女性ならではの感覚でリードした、
LA出身のL7のドキュメンタリー映画。

http://theslits-l7.com/L7.htmlでバンドのプロフィールを書かせてもらったが、
映画自体にはあまり言及してないからネタバレ最小限にしてここで紹介する。


結成前夜から始めて紆余曲折を経た再編後の雄姿までを描いている。
懐かしの映像等を挿入しつつ
メンバーをはじめとする関係者の談話で進めるオーソドックスな作りながら、
スマホ以前の時代にもかかわらずメンバーらがマメに撮っていた赤裸々な秘蔵映像盛り盛りだ。
編集の妙味も手伝って彼女たちの猥雑な魅力も引き出され、
一度でもL7のファンになった方は観たら惚れ直すこと必至のくだけた佳作である。

SUB2_20181123211013a5e.jpg

L7の“クラシック・メンバー”の、
ドニータ・スパークス(vo、g)、スージー・ガードナー(g、vo)、ディー・プラカス(ds)、
ジェニファー・フィンチ(b、vo)がもちろん映画でもメイン・アクト。
ジョーン・ジェット、シャーリー・マンソン(GARBAGE)、エクセンヌ・セルヴェンカ(X)、
ブロディ・ドール(DISTILLERS)、アリソン・ロバートソン(DONNAS)、
ルイーズ・ポスト(VERUCA SALT)
といった女性ミュージシャンたちもコメントを添えている。

基本的にはバンドの歴史を綴っていく流れである。
ダイレクトな訴求力を大切にした作りゆえにリリースなどの細かい説明は映画の中で省かれているから、
ちょっと補足しておく。
BAD RELIGIONのEPITAPH、
初期NIRVANAMUDHONEYなどのグランジ総本山のSUB POP、
XやGERMSがスタート地点のSLASH、
HIGH ON FIREのデビュー作などストーナー・ロック総本山だったMAN'S RUIN
といったレーベルからアルバムを出してきたバンドだ。
米国のパンクに根差した70年代後半からのUSアンダーグラウンド・ロックの流れを
90年代にパワー・アップさせた存在ということを象徴する事実であり、
しかもたくましい女性エキスたんまりだから向かうところ敵なし!なのである。

パンク・ロックとハード・ロックをフレンドした表現がL7の真骨頂。
それがサウンドだけでなく
ファッションや“ファック・ユー”アティテュードもひっくるめてということが、
この映画の随所にちりばめられている。

SUB1_convert_20181123210853.jpg

ギターのピックやドラムのスティックではなく使用中のタンポンをフェスのステージ上から客の中に投げ、
“使用済み”らしい下着を日本ツアー中の物販で手売りし、
エレベーター内でメンバーが囲って一人の男性に露出狂的痴女行為をするなど、
随所にちりばめたフェチな攻めのシーンにL7の肝が集約されている。
はしたないといえばはしたないのだが、
セックスのスラングであるロックンロールが根っこのL7ならではの“快挙”であり、
L7の濃いサウンドの源泉だ。

と同時に中絶云々に対してのL7流の学級委員長的な行動を実践してきたことも、
しっかり収録。
FUGAZIやBIKINI KILLといった非ロックンロール・アティテュードの面々とも絡んできた。

以上の行為すべてひっくるめて、
あえてこの言葉を使うとすればただひたすらロックするということがL7流の“フェミニズム”であり、
馬鹿馬鹿しいキャラと真面目キャラの背中合わせで愛嬌たんまりなのがL7!なのである。

SUB3_20181123211013ca5.jpg

知名度はあってもブレイクはしない“中途半端なポジションのバンド”ならではの苦悩も後半で滲み出す。
あけっぴろげで大胆なバンド・イメージが強く、
インタヴューで会った際の印象も実際そんな調子だったが、
繊細デリケイトな人たちでもある。
姉御肌のバンドだけにあまり弱みは見せられなかった様子もうかがえ、
2000年代初頭の解散間際のバンド状態がとても切ない。

家族に対する伝統的な意識や国家の社会的システムの違いか、
英国のバンドよりも家庭環境が少なからず影響しがちな米国のバンドならではの人生も顔を覗かせる。
豪快なキャラのバンドだからこそ、
某メンバーがふと漏らした“いわゆる女としてのしあわせ”の話にギクッとした。

でもL7はよりクールになって戻ってきた。
ニュー・アルバムも予定されている。

L7_MAIN.jpg

この映画は同じ時期に同じ映画館で
『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』とともに上映される。
今回の“併映”を企画した関係者によれば特に比較云々は意図してなかったらしいが、
多少世代が異なる英米の女性バンドの対照的な道程に色々考えさせられもした。

マイペースで活動して5年ほどで止めたSLITSの“クラシック・メンバー”たちが
子ども産んで育てて云々という話をしているのに対し、
15年間コンスタントにライヴとレコーディングを続けてきたL7の映画はそういう話がほとんど出てこない。
5年以上の“時差”はありつつ各々自国のパンクに触発されたバンド同士とはいえ、
いわゆるアーティスティックなバンドとロックンロール・バンドの違いや、
英国のバンドと米国のバンドの置かれた状況や体質の違いなど、
両作品を観て色々と浮き彫りになった。

あっ、そうそう、本作の中で、
『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』でのSLITSのアリ・アップと同じように、
ドニータ・スパークスが駐車場で見せるハレンチなお馬鹿シーンもお見逃しなく。
二人とも同じような場所で同じような行為をしている。
やっぱりL7とSLITSはパンク・アティテュードの根っこで通じているのである。


★映画『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』
2017年|アメリカ|87分|PG-12|原題 L7:PRETEND WE’RE DEAD
監督:セーラ・プライス
© 2017 BLUE HATS CREATIVE, Inc. All Rights Reserved.
【公式サイト】 THESLITS-L7.COM
【『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』 twitter/facebook】 @L7moviejp
12月15日(土)より、新宿シネマカリテにて〈3週間限定〉公開。
ほか全国順次公開。


NASHVILLE PUSSY『Pleased To Eat You』

NASHVILLE PUSSY『Please To Eat You』


米国ジョージア州アトランタ出身のハード・ロックンロール・バンドのNASHVILLE PUSSYが、
『Up The Dosage』から約4年ぶりにリリースした7作目のオリジナル・アルバム。

世界で一番好きなバンドの一つであり続けているのは新作を出しても毎度ブレてないからだ。
今回もバッチリ進んでいるから鳴りが生き生きしている。
またまた最高だ。


ドラマーが変わった。
ステージの配置で中央の男二人を両脇から女二人が挟む図式がNASHVILLE PUSSYの伝統だから、
新ドラマーのベン・トーマスももちろん男性である。
前ドラマーが1997年のファーストの『Let Them Eat Pussy』から叩いてきただけに驚きだが、
抜けのいいビートでNASHVILLE PUSSYに新しい息を吹き込んでいる。

2005年の4作目『From Hell To Texas』と2009年の5作目『From Hell To Texas』を手がけ、
後期RAMONESの第五のメンバーにもなったダニエル・レイがプロデュースし、
クレジットから察するにバンドと一緒にソングライティングにも関わったと思われる。
ギチギチだった前作も強力だったが、
ダニエルはパンク・ロック畑のプロデューサーだけに
いい感じでポップ感を取り戻して風通しのいい音の仕上がりになっている。
録音とミックスは、
2002年のサード『Say Something Nasty』をプロデュースしたデイヴィッド・バリックだ。


AC/DCMOTORHEADLED ZEPPELINらのハード・ロックの肝を血と肉にしつつ、
RAMONESのコンプレックスやユーモアを
ハードコア以降の“ファック・ユー!”アティテュードで増幅したような歌詞を含む肝はパンク。
底無し沼の如く深い。
ロックンロールをさらに突き詰めたこのアルバムを浴びた今、
誰が何と言おうがNASHVILLE PUSSYを現在進行形のロックンロールの化身と断言する。

淫水焼けならぬ“ブルース焼け”した太いサウンドでありつつパンク・フィーリングたんまりで、
アップテンポのハード・ロックが躍り続ける。
同じような曲は一つもない。
パンクもハード・ロックもヘッタクレも無しで内向きの憂き世をぶっとばす。
これがNASHVILLE PUSSYだ。

ロックンロール・バンドには欠かせないカヴァーも今回は3曲収録している。
まずはジョージ・クリントンのPARLIAMENTSの「Testify」(ハモンド・オルガン入り)。
2つ目はサード・アルバム『Say Something Nasty』のジャケットで敬意を示したバンドの、
NAZARETHの「Woke Up This Morning」(スティール・ギター入り)。
もう一曲は米国のシンガーソングライターであるスティーヴ・アールの
「CCKMP」(Cocaine Cannot Kill My Pain)である。

FEARの「Let's Have A War」を思い出す曲名の「We Want A War」をはじめとして、
調子のいい“正義”に満ちた“ロックンロール・ソング”の蔓延に中指立てたみたいな歌詞も絶好調。
けっこう骨っぽい歌声で頓智を効かせながらさりげなく挑発しまくる。
いつにも増して世界や人類に対する危機感も漂うが、
そこはもちろんNASHVILLE PUSSY、
ウソのない表現に胸がすくばかりだ。
ラスト・ナンバーが終わった後に3分半ほど、
ブレイン・カートライト(vo、g)のものと思しき声で
歌詞を抜粋した言葉が説教(preach)みたいに唱えられるのも神妙な締めである。


なんもかも馬鹿馬鹿しくなるとNASHVILLE PUSSYが欠かせない。
僕にとっては無限にインスパイアされる救済のロックンロールだから。
ひたすらグレイト。


★NASHVILLE PUSSY『Pleased To Eat You』(EAR MUSIC 0213354EMU)CD
“PARENTAL~”がプリントされた↑のジャケットとカタログ・ナンバーの米国盤は、
裏面に歌詞やクレジット等が愉快に載った12面折りのポスター封入のデジパック仕様。
デジパック各面にモノや液にがっつくメンバー一人一人の口のアップがプリントされ、
CDのジャケットのサイズだとほぼ原寸大の口の大きさでちょい生々しいアートワークだ
(実際のジャケットの色は↑の画像よりも鮮やかです)。
トータル・タイム約49分13曲入り。


HIGH ON FIRE『Electric Messiah』(その2)

1809HighOnFire_ElectricMessiah_cover_convert_20180831085458.jpg


10月5日(金)発売のHIGH ON FIREの新作『Electric Messiah』
ライナーを書かせてもらったからいち早く現物CDを送っていただいた。


“完成品”で体感し、
ほんと震えた。

“生”の音像の仕上がりに息を呑む。
適度な広がりと奥行き十分のサウンドの塊が躍動しながら加速し、
混沌の中からギター・ソロをはじめとする旋律が浮かび上がる。
程良い分離で混ざりながら中低音がカオスのまましっかり前に出ていて、
クールなリフと回転力の高いリズムの動きもよくわかる。

和訳を参考にしながら、
聖書をevilに塗り替えるようなフレーズも散見する歌詞をあらためて見て、
古今東西の地獄絵図が浮かび上がる。
“念”めいた思いがはらみ、
とてつもない力が無限に湧き上がる。
意思が滲むラスト・ナンバーの「Drowning Dog」は感動的ですらある。

肉体と意識を揺さぶる音と歌がまぐわって生まれた、
60年代のロックからエクストリーム・メタルまでのロックの大河の如きダイナミズム。
だからロックの核心だ。

まさにタイトルどおりのアルバムである。
このバンドと同時代を生きられることにあらためて感謝したい。


★ハイ・オン・ファイア『エレクトリック・メサイア』(ビクターエンタテインメント VICP-65500)CD
歌詞も載った九つ折りポスター・ジャケット仕様の約57分9曲入り。
日本盤は歌詞の和訳も載った8ページのブックレットも封入だ。


BIRUSHANAH『灰ニナルマデ』

BIRUSHANAH『灰ニナルマデ』


2001年頃から大阪拠点に世界的な活動展開をしているBIRUSHANAHが、
アルバムとしては3年ぶりにリリースしたCD。
PALMのアキラ・イナダが録音とミックスとマスタリングを行なっている。

現メンバーは、
元CAVOのISO(vo、g、尺八)、
SANO(メタル・パーカッション、コーラス)、
元MASTERPEACEのMOKKUN(ds)である。


コーラスが際立つ大陸的なほど雄大な1曲目を含めれば3曲がインストで、
オープニングとエンディングの曲以外は曲がわりと長く、
3人で出したとは思えないほど多彩な音が聞こえてくる。
メタル・パーカッションからイメージできる音も出しているが、
その響きはライヴほど前面に出てきてない作りで、
曲の流れと歌を引き立てる演奏になっている。
逆にギターはライヴだとメタル色をあまり感じないが、
本作だと要所で粗いメタル・リフのエッジが効いていて、
ドゥーム・メタルの一種と言ってもいい仕上がりだ。

だがもちろんとてつもなく“変種”である。
ベース・ギターの音域も担う打楽器のプリミティヴなリズムのビートが核ながら
曲の構成が行き届いていて、
曲によってはKING CRIMSONを思い出す展開で進む。
2曲で目立つ尺八が象徴的だが、
和の情趣と侘び寂びに全編覆われている。

「東雲」「雨音ノ歌」「灰ニナルマデ」「鳥」「潮風二吹カレテ」「返照」という曲名と歌詞は、
バンカラにも映る。
でも歌声をはじめとしてけっこう繊細で、
ヴォーカル入りの曲はけっこう歌ものなのだ。
人間椅子との接点も見えてくる日本語のメロディ・ラインで、
メタリックなハイ・トーンではなくかなり異形だとしても、
ロニー・ジェイムズ・ディオ(RAINBOW~BLACK SABBATH~DIO)も思い出すほど
歌いっぷりのいいデリケイトな熱唱である。

インスト・パートからも“歌”が聴こえてくる。
メタル・パーカッションを使ってるバンドにありがちな無機的イメージとは違い、
ヴォーカルだけでなく楽器の音が歌心で転がっているのであった。


10月にはフランスのMONARCHとの日本ツアーを行なう。


★BIRUSHANAH『灰ニナルマデ』(REIHO MUSIC RHMS001)CD
裏面にメタル・パーカッションの一部を印刷した二つ折りの歌詞カード封入の
デジパック仕様の約41分6曲入り。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
HEAVY ROCK (263)
JOB/WORK (329)
映画 (303)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (48)
METAL/HARDCORE (51)
PUNK/HARDCORE (451)
EXTREME METAL (141)
UNDERGROUND? (118)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (141)
FEMALE SINGER (45)
POPULAR MUSIC (34)
ROCK (91)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん