なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MASTODON『Emperor Of Sand』

MASTODON『Emperor Of Sand』


米国ジョージア州アトランタ出身の“プログレッシヴ・ヘヴィ・ロック・バンド”が、
の約3年ぶりにリリースした7作目。
期待を上回る出来で早速ヘヴィ・ローテーションになっている。


2007年と2014年と2015年のグラミー賞の
“ベスト・ハード・ロック/メタル・パフォーマンス”部門にノミネートされたバンドで、
前作『Once More 'Round the Sun』がビルボード・チャートのトップ200の6位まで上昇。
名実共に新世代の“メタル”を代表するバンドになっているだけでなく、
2000年代以降のアメリカン・ロックを代表するバンドの一つといっても過言ではない。
そんな状況の中で発表した今回の新作、
MASTODONを引き合いに出して他のバンドを語ることが僕も少なくないが、
誰もフォロワーにはなることができないアイデンティティが圧倒的な光を放射している。

トロイ・サンダース(b、vo)は別にやっているGONE IS GONEで今年頭にアルバムを出したばかりだが、
やはりメインの活動の場はMASTODON。
2000年の結成以来MASTODONの一員の4人の結束とケミストリーはさらに固くさらに磨かれ、
すべての壁をブチ破り越えて突き抜けて現代の“ロック・マジック”をダイナミックに体現している。


2009年の4作目『Crack The Skye』を手掛けたブレンダン・オブライエンのプロデュースだが、
彼特有のメジャー感のラウドな仕上がりがハマっていて押しの強さと繊細さのバランスが見事だ。
現在進行形のプログレッシヴな音作りもさりげなく細部に施されているが、
肉体的なサウンドに飲み込まれていくしか術がない豊饒なロックである。

ツイン・ギター編成を活かした土臭いメタル・アンサンブルと
その中から湧き出てきて簡潔に感情を綴って目に染みるギター・ソロ。
味わい深いラインを弾くベースと適度に手数多くてドライヴするドラムで
ストップ&ゴーのリズムを忍ばせて緩急が絶妙のテンポ・チェンジ。
ロック・ロマンあふれる旋律。
多彩なリズム・パターンを繰り出しながらも音が止まることはない。
持続する命の如しである。

6分台と7分台の曲を前半と後半の最後にあたる場所に置きつつ、
全体的にコンパクトな尺に濃縮凝縮された“核”は揺るぎない。
マジカル&ミステリアス、
そしてメタル以前の無類かつ無頼のロック馬鹿スピリットに裏打ちされた楽曲クオリティがますます高い。
序盤の曲はキャッチーとも言えそうなほどフック十分のソングライティングで、
場面転換の激しい後半も印象に残る曲作りで最後まで持っていかれる。
どんなにマイナーであっても複雑に聞こえても、
60~70年代のハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンドは耳に残る作曲を試みていたと最近よく思う昨今、
このアルバムの曲もまさにそれだ。

音と共振してヴォーカルもナチュラルにワイルド&デリケイトに迫る。
ますます“うた”を聴かせる、
トロイ・サンダースが大半のメイン・ヴォーカルと思われるが、
今回のクレジットによれば3人がヴォーカルを取っていることになっており、
曲によって2~3人がシェアしてコーラスと掛け合いも聴かせる。
わざとらしい歌い方なんて一つもないし本物だから芝居がかった歌い方なんかする必要もない。
ちょい田舎臭い南部の香りも漂ってきてアメリカンならではの侘び寂びが滲み、
ジョン・フォガティを彷彿とさせるところも。
ケヴィン・シャープ(BRUTAL TRUTH、VENOMOUS CONCEPT、LOCK UP)や
スコット・ケリー(NEUROSISほか)という以前のアルバムにも参加した“同志”が、
1曲ずつゲスト・ヴォーカルで彩りを添えている。

音と共振して歌詞も、
自分から半径30センチ以内のことしか考えてない内向き表現とは別次元の巨大スケールで迫る。
神話的モチーフは空想を超えて想像力をファックしながら現世のリアルな姿を浮き彫りにする
決して政治的な歌詞ではないが、
だからこそ今の世界中の地に響く。

親しみやすいオープニング・ナンバー「Sultan’s Curse」から、
アルペジオで始まり加速そして叙情の調べへと至る8分近くに及ぶラストの「Jaguar God」まで、
曲順そのままの“再現ライヴ”を観てみたくなるほどドラマチックな感動的構成力も言うこと無し。
例によって、
MOLLY HATCHETあたりの“サザン・メタル”の流れを感じさせるジャケットも音楽にピッタリだ。

これぞまさにグレイト。


★マストドン『エンペラー・オブ・サンド』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-17646)CD
約51分11曲入り。
味のある紙質で歌詞が載った四つ折り8ページ・ジャケット封入で、
日本盤は歌詞の和訳が付いて初回生産分のみにロゴ・ステッカーも封入。


スポンサーサイト

HERETIC RITES『In Satan's Claws』

HERETIC RITES


昨年11月に東京のSITHTERと日本ツアーを行なった、
セルビア拠点のドゥーム“パンク”メタル・バンドの日本盤CD。
彼らが昨年リリースした同タイトルのカセット作品『In Satan’s Claws』の4曲に2曲を加え、
ジャケットは新調されている。

HERETIC RITESのバンド・キャンプなどの情報によれば現メンバーは、
セルビアのクラスティなデス・メタル・バンドのEXORCISEDのギターとベース(共に+ヴォーカル)と、
クロアチアのブラック・スラッシュ・メタル・バンドのBEZDANのドラマーに、
キーボード奏者が加わった4人と思われる。
民族浄化の目的をはじめとする壮絶な殺し合いも記憶に新しい90年代前半の紛争も含めて、
セルビア人とクロアチア人の長年の民族対立を思えば興味深い編成だ。

BLACK SABBATHのファーストのようなオープニングのSEが象徴するように、
全体的に70年代前半のBLACK SABBATHの“ロックな曲”を想起するが、
ELECTRIC WIZARD直系のパンク・テイストもイイ塩梅で効いている。
スロー~ミディアム・テンポのドライヴ感のドゥーム・チューンに
虚脱から解脱に至ったかのように気だるげで繊細なヴォーカルが泳ぎ歌い、
世捨て人の風情ながらパワーは十分。
手数が多めのドラムもいい味を出していてゆるいグルーヴ感がたまらないし、
キャッチーな哀愁のギター・ソロも心憎い一方、
ツー・ビートも含む疾走パートはクラスト・パンクである。
もちろんどこそこのジャンルだの集団だのに属する考えなんてハナっからない非脳天気な天然。
おのれを貫く終末感のヴァイブレイションに突き動かされているから生々しい。

オカルティックで猟奇性をはらむ歌詞に世界各地の現実をダブらせることも可能だ。
血で血を洗ってきたバルカン半島の埃が匂い立つぬかるみのサウンドが煮立ち、
臭気ムンムンで聴き応えありありの一枚。


★ヘレティック・ライツ『鮮血!! 悪魔の爪』(梵天 BTC-009)CD
歌詞の和訳付。


GUEVNNA『Heart Of Evil』

GUEVNNA『Heart Of Evil』


2011年から東京拠点に活動しているスラッジ/ストーナー/ドゥーム・ロック・バンドが、
昨年10月にリリースしたファースト・フル・アルバム。

元COFFINSのヴォーカルとツイン・ギターを含む5人編成でレコーディングを行ない、
いい意味でメジャー感もある作りで一気に聴ける。

まずパンク/ハードコア/メタル含めてラウドな音のバンドの日本制作のCDによくある
ベッタリして奥行き無しの平板な音の仕上がりに陥ることなく、
位相感のあるレコーディングの音像を特筆したい。
RELAPSE Recordsからリリースされているバンド群にも通じるダイナミックな音作りなのだ。
キャッチーとは言わないまでも全曲フック十分のソングライティングも光る。
よく練られている音だし、
臆せずギター・ソロが入る曲も練られている。

といってもむろんメイン・ストリームから外れたアウトローのヘヴィ・ロックであることは間違いない。
クサと土の匂いが香り、
ブルージーなところはEYEHATEGOD
ノリノリのところはBONGZILLAを思い出す。
滑らかなグルーヴィー・サウンドがゆっくりとドゥーミーにドライヴし、
ロックしていることが何より重要だ。
スロー~ミディアム・テンポだけでなく完全な疾走チューンもやってのける。
OBITUARYの根がロックンロールであるのと同じように
GUEVNNAも根がロックンロールと言ってもいいのではないか。

楽器の音と同じくらいのバランスでスラッジーな不良ヴォーカルも炸裂。
歌詞カードは付いてないが、
いわゆるアルバム・カヴァーのジャケットの紙の他に、
全8曲のヴィジュアル・イメージと思しき画が描かれた厚手の紙の“インナー”が8枚封入されている。

ドライなようで、
さりげなく侘び寂びが効いていて聴き応えありありの一枚。


★ゲヴンナ『ハート・オブ・イーヴィル』(3LA -LongLegsLongArms- 3LA-017)CD
約44分8曲入り。


BLACK SABBATH『The Ultimate Collection』

BLACK SABBATH『The Ultimate Collection』


BLACK SABBATHが70~78年にリリースした8タイトルの全アルバムから抜粋したCD2枚組。
曲目などはバンド自身が指揮を執ったらしく、
2009年のリマスタリングの音が使われ、
敷居の低い編集盤らしく若干取っつきやすい質感の音で仕上げられている。

ベスト盤と言えるのかもしれないが、
70年代のBLACK SABBATHがアルバムで発表した曲の半数近くの31曲が、
2枚組CD収録制限時間ギリギリの計150分強詰め込まれている。


ファーストの『Black Sabbath』収録のほとんど曲(6曲)が収められ、
オジー・オズボーン(vo)が(一時)クビになる直前の8作目の『Never Say Die』の曲が2曲で一番少ない。
そういった格差は自然であるし、
個人的には『Master Of Reality』の「Solitude」や『Never Say Die』の「Shock Wave」も入っていればベターながら
選曲もおおむね妥当だ。

時系列は無視した曲順だが、
レコーディングにおいては不変のメンバーだっただけに
70年代のBLACK SABBATHは曲調が違っていても同じ匂いがあってどんな曲順でも違和感がない。
要は変わってなかったということである。

ディスク1はキャッチーな曲を序盤に並べ、
「Paranoid」「Never Say Die」「Iron Man」といった並びで始まる。
ディスク2の序盤はさらにキャッチーで、
ディスク1のラスト・ナンバー「Rock 'n' Roll Doctor」からつながっている感じだ。
BLACK SABBBTHのイメージとはちょっと違う
「Dirty Women」「Evil Woman (Don't Play Your Games With Me)」「A Hard Road」といった
ゆるいロックンロール・チューンで始めている。
最後の最後は「It’s Alright」でしんみりと締め、
CD全体の流れも考慮されている。

というわけで曲を厳選した単なるベスト盤というよりは、
BLACK SABBATHのイメージを彩ってきた典型的な“サバス節”の曲だけでなく、
ファニーなロックンロール・ナンバーやピアノがリードする静かな曲まで楽しめるCDである。
和訳も付いているから歌詞も含めて、
これ一組で黄金期のBLACK SABBATHの豊かな音楽性と多様な意識が味わえるコンピレーション盤だ。


★ブラック・サバス『ジ・アルティメット・コレクション』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-17635/6)2CD
三面デジパック仕様。
上記のカタログ・ナンバーの輸入盤国内仕様は、
70年代のメンバーの顔写真と曲目クレジットで構成した8ページのオリジナル・ブックレットに加え、
歌詞と和訳と伊藤政則執筆のライナーが載った32ページの別ブックレットや、
ジャケット・デザインのステッカーも封入されている。


NoLA、REDSHEER at 東高円寺・二万電圧 12月11日

REDSHEER NoLA


東高円寺・二万電圧の協力の下で昼の12時半開演/500円+ドリンク代という、
ライヴ・ハウスが会場のギクにしては異例の画期的な条件設定で、
東京のカオティックな2バンドが、“split 7”EP『Gray Matter』リリース・ギグ!!!”を決行した。
最近だとCD『Till Your Death Vol.3』にも参加していた2バンドである。
場内は程良くほほ満員で、
ワンマン・ギグでさえライヴ中にスマホ画面を見るのに余念がない人間がチラホラいる昨今、
どちらのバンドの時も観客全員がステージにビシッ!と真剣に向き合って“戦い”、
とても居心地のいい興奮の時を過ごせた。


REDSHEERのライヴは、
25年以上キャリアを積んできたメンバーによるトリオならではのギリギリ感で迫るロックの合金だ。
80年代後半以降のハードコア、エクストリーム・メタル、ノイズ(ジャンク)・ロック、
ポスト・ハードコア、マスロック/アンダーグラウンド・エモ(カオティック・ハードコア)などなどが、
生のまま息づいてる。
一例を挙げればRELAPSE Recordsの全バンドのエッセンスが血肉化しているようなサウンドだが、
聴いてきた音楽の轍や影響を受けた音楽の元ネタが何しろ見えてこない。
すっかり消化し切っているからであり、
表面的な形やスタイルより大切なものを身体でわかっているバンドだからだ。

ゆっくりと、ゆっくりと、無数の無限の音楽の緩急のアマルガムの中に僕は吸い込まれていった。
メンバーの一人がEMPERORイーサーンも両方好きというのもうなずけるほど、
研ぎ澄まされた殺伐の音色と律動のサウンドを放っていた3人は、
収斂と拡散を繰り返すエナジーの循環で精神の高みにまで上りつめていく。
それがサウンドとしてうっすらと見えてくる響きだった。
激しくピッキングしながら渾身の発声で熱気がむせ返るヴォーカル/ベース。
クールな佇まいでノイズ・コントロールとリズム・キープをしながら目の覚める音を弾き出すギター。
ノっているからこそ両腕を駆使したロックなアクションでも自然とアピールするタイトなドラム。
適度にお互いを見ながら演奏していたが、
空間の中でサウンドに浸って耳を傾けているとメンバー3人の確かなる交感も見えてきた。
そう、地に足の着いたパフォーマンスながら意外と見せる要素も十分のライヴなのだ。

レーベルもやっている某ハードコア・パンク・バンド・マンとライヴ後に
「いい意味でメジャー感がありますね」「サマソニとかも似合いそう」といった会話をしたのだが、
誤解を恐れずに言えばホントそう。
要するに小ぢんまりしてなくてスケールでかく開かれた音楽だ。

トータル1時間。
最後の曲が終わった後にオノザト(vo、b)は精根尽きてその場でぶっ倒れた。
ライヴ中はときおり曲名を告げる以外は一切MC無しだったが、
張りつめた流れが途切れるためかしゃべるのをずーっと我慢していたかのように
起き上って晴れやかな顔で解放されたように砕けたトークを連射したのもイイ締めだった。


15分ほどのセット・チェンジの後にNoLAがステージに登場。
2010年代初頭から精力的な活動を続けている5人組でギタリストは2人だ。
まずヴィジュアルとやっている音楽のギャップがユニークだ。
ジャンル不定ながらいわばオルタナティヴ・ロック・バンドをイメージする風貌で、
特にヴォーカル専任のシンガーはセンスのいい洒落たシャツをまとってステージに立ち、
メジャーな日本のロック・バンドのフロントマンをイメージするスマートなルックス。
そういう意外性や一種の“反則技”はサウンドやライヴ・パフォーマンにも表れている。

NoLAは新世代バンドならではのステージングで観客を沸かせた。
なにしろすべてにおいて怖いもの無しだ。

音楽の吸収もそうだ。
ドゥーム・メタルを含むエクストリーム・メタルをハードコア・パンクにミックスした様相だが、
無意識と思しき弦楽器隊のステージでの動きやグルーヴ感は
KORNあたりのニュー・メタルとすらニアミスしている。
パンクだからガレージだからメタルだからOK!みたいな“教科書どおりの取り込み方”は全く無し。
NoLAもまた小ぢんまりと狭いサークルの中での“仲良し倶楽部”活動みたいな展開とは真逆だ。
そういう姿勢は当然ライヴにも表れている。

とにかくシンガーがたびたび観客の中に入ってくる。
いや、入ってくるというより、飛び込んでくる。
しかも頭から。
観客ギュウギュウの状態ではなかったからかなり危険だが、
そうせずにはいられない衝動の連鎖はヴォーカルを聴いていても伝わってきた。
ギタリストもフロアーに入って弾く場面もあったが、
ユニゾンが多いためかわかりやすく観客もノリやすく、
シンガーがダイヴしてきてもしっかり受け止めて持ち上げたまま歌わせるナイスな連係プレイを見せる。
彼らもいい意味でもっとメジャーな層にもアピールしそうな約50分のライヴだった。


NoLA REDSHEER split
★NoLA/REDSHEER『Gray Matter』(BREAK THE RECORDS BTR-049)split 7”EP + DLクーポン

この日の会場で売られていたレコードである。
ジャケットがDISCHORD Records風で、
EPタイトルがそこからリリースしていたワシントンDCのバンドと同名というのも意味深だが、
GRAY MATTERを含むDCのポスト・ハードコアが熾烈化したような一枚だ。

NoLAはライヴと違っていい意味で音の分離が良く、
1曲目の「Filth Face」ではデス・メタルとニュースクール・ハードコアの間を中央突破し、
2曲目の「Ashes」ではハードコア・パンクとドゥーム・ロックがまぐわっている。
“ファック・ユー!”アティテュード全開の歌詞も痛快で、
こういう曲に加速させながら日本語をドライヴさせているヴォーカルも見事だ。

一方のREDSHEERは「Fall Into Oblivion」という1曲のみだが、
一曲の中で数曲が呼吸しているほどドラマチックに意識の流れをたたえている。
何々に似ているは言えないが、
しいて言えばあえて言えば最近のNEUROSISを凌駕するサウンドがここで確かに鳴っている。
冷気が揺れる漂う音像の中に苦渋が渦巻いて物理的な音のヘヴィネスの百万倍重い。
得体の知れない生命体が蠢いているデリケイトな音の粒の動きに目が覚まされ、
最後のノイズの生々しさに息を呑む。

このレコードはかなりの少数プレスで基本的にこの日のライヴ会場限定販売だったが、
「残り僅かです。近日中にBREAK THE RECORDSより販売形式のインフォメーションが告知されます」
とのことだ。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (238)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (88)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん