なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

マリア観音『「全滅しても愛だけが遺る」+「マリア観音のためのフリー・ロック・ドラミング」』

マリア観音 ジャケット


マリア観音発足30周年の年に放った2枚組。
どちらのCDも56分強で、
「刺生活」「冬の蝶」「義眼」「片翼の戦闘機」「菫日記」「静かな夜」という代表曲群を、
大胆な新アレンジや歌詞の一部リメイクで展開している作品だ。

バンド編成でも東京拠点にライヴ活動を行なっているが、
本作は“主宰者”木幡東介が作詞、作曲、編曲、ヴォーカル、演奏を一人で担当。
キャンバスの上に次々と声や音や言葉で“歌”を描いていくかのように、
サウンドを重ねて録っていって“一人バンド”のような作品に仕上げられている。


まず「全滅しても愛だけが遺る」と題されたディスク1は、
“歌謡プログレ”とも言うべきドラマチックな歌とサウンドが楽しめる。
トランペット、尺八、シンセサイザーなども薄っすらと使いつつ、
あくまでもギターとベースとドラムを核にしたロックである。
ジャズ・ロックとハード・ロックとファンク・ロックとサイケデリック・ロックを
原型が聞こえなくなるまでフリーキーにグツグツ煮込んだかの如きクールなサウンドだ。
ダイナミックでありながらもギターのリフでゴリ押しするわけではなく、
流れるような音で加速していく。
幅広い意味での洋楽と邦楽のまぐわいであり、
1960年代後半から1970年代前半と昭和40年代の香りが漂ってくる音の質感が気持ちいい。

基本的な楽器を録音した後に歌を入れるレコーディング順だったことも作用したのか、
ヴォーカルは音の上で泳ぎ進んでいくような自由形である。
あらゆる体液が匂ってくるほど情感たんまりなのは言うまでもなく、
次々と言葉を連射するトーキング・スタイルのパートはエネルギッシュに攻めて責め、
ヴォーカルが色っぽくも映るスロー・パートでは丹念に愛撫。
ギリギリの状況を描写する言葉が連なり歌声が生々しいから複雑怪奇なイメージも抱きやすいが、
歌謡曲の取っつきやすさもバッチリでノリが良く、
キャッチーなポピュラリティもいっぱい。
ナルシシズムを超えたリアルな“愛の歌”があふれる陶酔ロックである。


かたや「マリア観音のためのフリー・ロック・ドラミング」と題されたディスク2には、
同じ曲が曲順を変えて収録されている。
ただしヴォーカル抜き。
原田和典執筆のライナーによれば同じテイクとのことだが、
よくあるただのインスト・ヴァージョンでもない。
どうやらミックス等を変えているようで、
ドラムとベースが強調されていて他の楽器はあまり聞こえない仕上がりなのである。

ほとんどドラムとベースだけの“原始ロック”と言ってもいいほどだが、
これがまたえらく新鮮。
わかりやすく骨組みだけを聴かせてくれて、
楽曲が内包するファンキーでジャジーでポップな趣きがたっぷり楽しめる。
マリア観音の強烈なイメージの一つの情念と背中合わせの快楽そのものだ。
そもそもマリア観音のルーツの一つである昔の歌謡曲はフック十分だし、
そもそも流行歌はキャッチーなわけで、
軽快な疾走感や穏やかな佇まいも味わえる。
それでもむろん生々しくヘヴィでありスリリングなのだ。

ベースが曲をリードしつつタイトルになっているようにドラムが肝である。
80年代後半以降のメジャー・レコーディングのメタル・ドラム・サウンドとは対極の質感の音で、
硬いだけではなく、しなやかでもあり、
やっぱり強靭。
本作のリリース元のレーベル名どおりのerectなビートが脈打つのであった。


★マリア観音『「全滅しても愛だけが遺る」+「マリア観音のためのフリー・ロック・ドラミング」』(エレクト ER029~30)2CD
ジャケット(実際の地の色は↑の画像よりも黒い)の内側に歌詞掲載。


スポンサーサイト

Peter Perrett『How The West Was Won』

Peter Perrett - How The West Was Won - Packshot-72 dpi


1976年結成のONLY ONESのフロントマンであるピーター・ペレット(vo、g)のソロ作。
『Woke Up Sticky』以来の約21年ぶりのオリジナル・ソロ・アルバムという感じでもあるが、
その作品は“Peter Perrett In The One”という名義だったから、
厳密に言えばこれがファースト・ソロ・アルバムと言える。


80年代初頭のONLY ONES(一時)解散からしばらくリハビリで休み、
90年代に入ってから断続的に活動。
2000年代後半に再編して以来ONLY ONESでライヴをやっていて、
フル・メンバー揃ったONLY ONESとして日本公演も行なって新曲も披露していたが、
アルバムのリリースはなかった。
2008年のONLY ONESの初来日の時にインタヴューした際、
インターネット時代に音盤で曲を発表することにあまり乗り気でなかったのだが、
そんな気持ちが続いていたのか時間がかかったとはいえ新作が聴けて心からうれしい。
最近こればっか聴いている。


ソロ名義ということを重視してかONLY ONESのメンバーは演奏してない。
息子のジェイミー・ペレットとピーター・ペレット・Jrが、
ギター/キーボードとベースとバッキング・ヴォーカルで参加している。
そんな“ファミリー・バンド体制”でのレコーディングがいい方向に表れ、
アット・ホームな空気感にも包まれている。

でもむろんどこまでも研ぎ澄まされている。

ピーターのギターのクレジットは“リズム・ギター”になっているから、
艶やかなギター・ソロは息子のジェイミーの音だと思われる。
二人のバッキング・ヴォーカルもいい。
3曲にエレクトリック・ヴィオラとヴァイオリンも加えられている。

プロデュースは、
80年代の以降のROLLING STONESの諸作品で知られ、
KILLING JOKEの『Night Time』『Brighter Than A Thousand Suns』も手掛けたクリス・キムジー。
開放的なメジャー感と軽やかなニューウェイヴ感が適度に覆い、
品が良くキラキラしたピーター・ペレットらしい天然の響きに目が覚める。

PeterPerrett - PC Steve Gullick - Y1A3009- 72 dpi

いい意味で変わってない。
REPLACEMENTSやBLINK-182、LIBERTINESといった80年代以降の意外なバンドたちもカヴァーした
ONLY ONESの1978年のセカンド・シングル曲「Another Girl, Another Planet」から連なる、
クールなポップ・センスと優雅なメロディ・センスに磨きをかけている。
もちろんビートはしっかりしているし、
きっちり作られているアルバムだ。
けど活動状況に象徴されるマイ・ペースぶりそのもので何が起ころうと揺るがず動じることはない。
ヴォーカルをはじめとして潔いほど悠々自適だ。

ゆるくてまったりしているが、
“どうにでもなる”ほどやわらかい。
覇気があるないなんてどうでもいい。
さりげなく確信に満ちた歌と音がとてもストロングに屹立して息をしている。
ふわふわしているようで浮つきとは対極の地に足が着いたアルバムである。

ほろ苦く、うるわしく、甘美な、
とろける“猫なで声”もソフト・サイケデリックだ。
65才の男のアルバムと思えないほど初々しく瑞々しい歌声と音で、
そこはかとなく年輪を感じさせる歌の数々を披露する。
『西部開拓史』という邦題が付けられた1962年の米国映画のタイトルでもあり、
LED ZEPPELINが1972年のライヴを収めて2003年に出したアルバムのタイトルでもあるが、
どこもかしこも思い切りデリケイトであるにもかかわらず大胆なピーターらしいタイトルだ。


ジョニー・サンダースとともに同じ1952年生まれの自称“同級生”で
“三つ子の一人”としてシンパシーを覚えるほど灰野敬二も大ファンだが、
先行ネット公開されたアルバム・タイトル曲が
VELVET UNDERGROUNDルー・リードの有名曲「Sweet Jane」にあまりにも似ていて、
“おいおい、どうしたんだよ、ピーター・ペレット!”とびっくりしていた。
けどそういう突っ込みどころもひっくるめて楽しめる。

こういう潤いのアルバムが欲しかった。
聴けば聴くほど解き放たれる。
まさにグレイト。


★Peter Perrett『How The West Was Won』(DOMINO WIGCD382)CD
16ページのブックレットも二つ折り紙ジャケットも丁寧な作りの約43分10曲入り。


VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』

Boston Tea Party, Jul 11th 1969


これまた非オフィシャル・リリースながら権利関係はクリアしていると思しきライヴ盤。
タイトルどおりの内容で、
ディスク1が34分56秒、
ディスク2が52分11秒である。

言うまでもなくクリアーな音質ではない。
全パートが混ざり合っていて、
やや音が膨張しているが、
歪みも穢れも許さない潔癖症の浮き世にふさわしい。
ステージが遠めながらリマスタリング効果か比較的ヴォーカルは聞こえやすいサウンドのバランスだ。
いわゆるオーディエンス録音と思われるが、
アンコールを求める部分以外は観客の歓声等はほとんど聞こえないし、
中身の濃さも考慮すれば重度のVELVET UNDERGROUNDファンなら問題なく楽しめるだろう。

ルー・リード(vo、g)が死ぬまでほぼ欠かさずステージで披露していた「Heroin」がない点で、
なかなかレアなセットリストだ。
その代わり「Run Run Run」を15分もやり、
ややスロー・モーションの「White Light/White Heat」もやかましくって素ん晴らしい。

むろんすべてがなまめかしいメタル“サイケデリック”ミュージックである。
エレクトリックで毛穴から感電する。
ラストは「Sister Ray>The Murder Mystery」と曲名がクレジットされたトラックで約22分。
「Sister Ray」の中に「The Murder Mystery」が混じっていると思われ、
基本的には「Sister Ray」だ。
セカンド・アルバム『White Light/White Heat』収録のヴァージョンに近いが、
後半でかなり加速していてドロドロしている。

底無し沼からこそ泉が湧く。
わざとらしい歌とオシャレなノイズにウンザリしてロックンロールでブッ飛びたい時の心の友。
と同時に「I’m Set Free」と「Beginning To See The Light」に救われる。


★VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』(SPY GLASS SPY2CD3002)CD
ライナーが載った8ページのブックレット封入。


キキミミズ『トランスファー』

キキミミズ


久しぶりに“純な自主制作盤”に出会った。
裏ジャケット等のどこにもにバーコードが印刷されていないところも自主制作らしい。
アートワーク的にマイナスという点でもバーコードを拒絶するリアルDIYパンク・レーベルと同じく、
キキミミズのワダとシンガーソングライターの亀山純輝が立ち上げた、
リアル・インディペンデント・レーベルからのリリースである。

静岡県焼津市を拠点に活動している男性シンガーソングライターのワダが中心になった、
キキミミズ(Kikimimizu)のセカンド・フル・アルバムだ。
デビュー盤と言える2010年の『バランサー』はUP-TIGHTの青木智幸が録音し、
2009年には望月冶孝(サックス)とスプリット7”レコードを出したことが象徴するように、
サイケデリック系やフリー・ミュージック系の音楽家とも交流している人ならではの
フリー・フォームの“ロックンロール”と言いたい作品である。


曲によってワダ以外は多少参加メンバーが異なるが、
ロック・バンド形態でレコーディングされていると言ってもいいだろう。
楽器はエレクトリック/アコースティック・ギター、ベース、ドラム、パーカッション、
シンセサイザー、サックス、ピアノ、ハーモニカが使われている。
シンガーソングライターのソロ・アルバムっぽく、
曲の表情を引き出すべく適宜5人の演奏者が参加。
静岡市のライヴ・ハウス騒弦のオーナーである針谷総一が録音とミックスを手掛け、
すぐ目の前で歌っているみたいな生々しい録音状態も特筆したい。
すきまの多いシンプルな音作りで一曲一曲ていねいに仕上げたことが伝わってくる。

基本的には歌を前面に出したロックでオーソドックスといえばオーソドックスだが、
どういうものから影響を受けたか見えてこない。

歌い方が似ているわけじゃないし一声でねじ伏せる迫力とは対極の佇まいだが、
感情の揺れと自由形の曲作りとアレンジはルー・リードの様々なソロ作を思い出すし。
エレクトリック・ギターの軋みもルーっぽい。
疾走する曲あり、
フォーク調の曲あり、
レゲエ/ラテン音楽を溶かし込んだような曲あり、
9分を越える曲が2曲あり、
7分近くの曲もありで、
多彩な光景を見せる張りつめた空気感にゆっくりと飲み込まれていく。

やさしげながらまっすぐで骨っぽくたいへんデリケイトな歌声の震えは、
昨日今日歌い始めた人みたいなヴォーカルに聞こえるほど初々しく瑞々しく不器用で硬い表情をたたえ、
エキセントリックな歌い方をしてない天然だからこそ一度聴いたら忘れない。
「荒野のおおかみ」「クレイジー・サマー」「サイン」「自由」「ありふれた日々」「連続する世界」
「ステージ」「待ち続ける」「トラフィック」
といったタイトルの曲で構成されているが、
歌詞からは音楽をやり続けている自分に対する自問自答と意思表明みたいなものを感じる。
穏やかなトーンの曲でも響きはどれもヒリヒリしていて意志の音楽にも聞こえる。

貴重なほど研ぎ澄まれた音空間に目が覚める力作。


★キキミミズ『トランスファー』(DEAD COMPUTER DCPT-001)CD
三つ折り歌詞カードが封入された丁寧な作りのペーパー・スリーヴ仕様の約50分9曲入り。
http://axxe.cart.fc2.com/ca6/36/p-r-s5/
https://youtu.be/JYRFtRk5NPE


VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, Jan 10th 1969』

Boston Tea Party, Jan 10th 1969


これまた非オフィシャル・リリースながら権利関係はクリアしていると思しきタイトルどおりのライヴ盤。
ディスク1が49分51秒、
ディスク2 が39分14秒の2枚組CDである。
ヴォーカルは遠いが、
リマスタリング効果か楽器の音は各パートよく聞こえ、
ある程度のマニアならば問題ない音質だろう。

サードの『The Velvet Underground』のレコーディング終了直後でリリースする2か月前のステージ。
「I'm Gonna Move Right in」や「I Can’t Stand It」といったアルバム未収録曲をやっているほどだから、
発売前のオリジナル・アルバムの曲をやることは当たり前のバンドだった。
新しくできた曲をすぐ観客に聴かせるバンドだったし、
しかも現在進行形のアレンジで披露するバンドだった。

VELVET UNDERGROUNDはジョン・ケイルが去って過激な音が薄らいだともされるが、
少なくてもライヴは荒々しかったことがわかる。
モーリン・タッカーのドラム/パーカッションが目立つ音のバランスも相まって、
かなりパーカッシヴなサウンドなのだ。
ゴツゴツしている。

最後は約21分の「Sister Ray」で、
セカンドの『White Light/White Heat』のヴァージョンに比較的近いアレンジなのも興味深い。
元気になる。
いまだ“ヒント”になるネタがあちこちだと気付かされた実況録音盤である。


★VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, Jan 10th 1969』(SPYGLASS SPY2CD3001)2CD
ライナーと写真が載った8ページのブックレット封入。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (298)
映画 (265)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (46)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (127)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん