なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MOTORHEAD『Under Cöver』

モーターヘッド アンダー・カヴァー


MOTORHEADのカヴァー集。
レミー・キルミスター(vo、b)、フィル・キャンベル(g)、ミッキー・ディー(ds)という、
ジャケットに写る最終トリオがプレイした92年以降の音源で構成されている。
録音時期から察するにワーゼル(g)が在籍した4人編成時代のものも含むと思われる。

収録曲とレコーディング年は以下のとおりだ。

1. JUDAS PRIESTの「Breaking The Law」2008年
2. SEX PISTOLSの「God Save The Queen」2000年
3. デイヴィッド・ボウイの「Heroes」2015年
4. RAINBOWの「Starstruck」2014年
5.テッド・ニュージェントの「Cat Scratch Fever」1992年
6. ROLLING STONESの「Jumpin’ Jack Flash」2001年
7. ROLLING STONESの「Sympathy For The Devil」2015年
8. オジー・オズボーンの「Hellraiser」1992年
9. RAMONESの「Rockaway Beach」2002年
10.TWISTED SISTERの「Shoot 'Em Down」2001年
11. METALLICAの「Whiplash」2005年
12. HAWKWINDの「Motothead」?年

オリジナル・アルバム未収録のものがほとんどで実にクールな3曲目は初CD化とのことだ。
4曲目はレコーディングに病欠のレミーに代わってSAXONのビフ・バイフォードがヴォーカル。
5曲目と8曲目はアルバム『March Or Die』に収めた曲のライヴで、
そのスタジオ録音だと後者はミッキーがドラムだが、前者はトミー・アルドリッジが叩いている。
9曲目はデモ録音とのことだが、レミーが歌っているとは思えないヴォーカルが謎だ。
11曲目は歌詞の一部を“MOTORHEADヴァージョン”に変えている。
日本盤のボーナス・トラックの12曲目はMOTORHEADのオリジナル曲のようにも思われているが、
厳密に言えばHAWKWINDがレミー在籍時に出した最後のシングルのB面曲のカヴァー。
録音時期は不明ながら、
少なくても77年のファースト・アルバム『Motorhead』のヴァージョンではなく、
これも最終ラインナップでのレコーディングのものと思われる。
METALLICAの「Whiplash」より「Motorhead」の方がピシッ!としたアルバムの締めになるから、
実にナイス!な日本盤の構成だ。

MOTORHEADが昔からやってきたほとんどのカヴァーと同じく、
どの曲も原曲のアレンジを大きく変えてないにもかかわらずMOTORHEADそのものだ。
自然な仕上がりだからこそMOTORHEADのミュージシャンシップの高さもよく表れている。
破壊的なカヴァーにも意思や意志が宿るヴァージョンがあるから否定はしないが、
ただ他人の楽曲を利用するだけでメチャクチャにすればいいみたいなカヴァーにウンザリすることも多い。
人間関係にしてもなんにしても、
大切なのは向き合っている相手に対する誠意と敬意であることをあらためて知る。

映画『極悪レミー』でレミーが肯定的な話をしてないバンドだけに、
ROLLING STONESの2曲をレコーディングしているのが興味深い。
ちなみに「Sympathy For The Devil」は、
ラスト・アルバム『Bad Magic』のラスト・ナンバーになった曲である。
このブログでも書いたように死を覚悟した歌詞が目立ったことが当時気になったアルバムだが、
このカヴァーを初めて聴いた時はレミーが存命中でまだまだイケるとも僕は書いている。
でも今あらためてこのCDのこの曲に耳を傾けると、
この曲が自分の“最後/最期の曲”と覚悟していたようにも聞こえるほどレミーの声が痛々しい。

カヴァーばかりといっても侮れないし間違いなく楽しめるファン必携盤だ。


★モーターヘッド『アンダー・カヴァー』(ワーナー・ミュージックジャパン WPCR-17951)SHM-CD
クールにデザインされた20ページのオリジナル・ブックレット封入。
日本盤は、
そこに載ったフィル・キャンベル(g)とミッキー・ディー(ds)の“金言”エピソードや
プロデューサーの曲解説と発言の和訳と、
歌詞+その和訳で構成したブックレットも封入し、
1曲追加の約45分12曲入りのデジパック仕様。


スポンサーサイト

Iggy Pop『The Many Faces Of Iggy Pop』

Iggy Pop『The Many Faces Of Iggy Pop』


イギー・ポップ関連のレア音源をまとめたCD3枚組。
ディスク1と2は、
SEX PISTOLSのスティーヴ・ジョーンズとグレン・マトロック、
DAMNEDの最初のリーダーだったブライアン・ジェイムズ、
デイヴィッド・ボウイが参加している曲も多い。
計42曲入りのヴォリュームとはいえお手頃価格で売られているから買ってみたが、
内容はまずまずだ。


[ディスク1]は、
『Idiot』(77年)、『Lust For Life』(77年)、『Soldier』(80年)、『Bkah Blah Blah』(86年)、
『Instinct』(88年)収録のシングル曲のオルタナティヴ・ヴァージョンや、
映画に提供した曲などを14曲収録。

ヴァージョン違いの曲はオリジナル・ヴァージョンを知っている人なら間違いなく楽しめる。
『Blah Blah Blah』~『Instinct』の頃の曲と思しき「When Dreaming Falls」など、
ほとんど知られてないであろう曲の収録もうれしい。

映画関係は、
『エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア』(91年)への提供曲「Why Was I Born?」、
ウェス・クレイヴン監督の『ショッカー』(89年)への提供曲「Love Transfusion」、
アレックス・コックス監督の『レポマン』(84年)への提供曲「Repo Man」を収録。
特に「Repo Man」は、
BLACK FLAGをはじめとする当時のUSパンク/ハードコア勢の曲に混じって参戦した曲で、
最近もイギーがステージのセットリストに入れているアゲアゲの必殺大名曲だ。


[ディスク2]はカヴァー、アコースティック・ヴァージョン、ソロ・ライヴなどの14曲入り。

SLY & The FAMILY STONEの「Family Affair」と
JIMI HENDRIX EXPERIENCEの「Purple Haze」にはスティーヴ・ジョーンズが参加し、
『Bkah Blah Blah』のメロウな曲みたいな音で面白い。
ジョナサン・リッチマンのMODERN LOVERSの「Pablo Picasso」もカヴァーしている。

アコースティック・ヴァージョンは
イギーのソロ代表作の一つである『Brick By Brick』(90年)の頃の録音のようで、
当時のシングルのサブ・トラック/B面曲として発表されていた。
アコースティック・ギターの弾き語りだろうが、
こういうイギーもいいもんである。

ライヴは77~80年の録音と思われる。
イギーがソロ以前からやっていたお馴染みの「Louie Louie」やオリジナル曲に加え、
KINKSの「You Really Got Me」もやっている。


[ディスク3]はライナーによれば2000年代初頭録音のライヴ・テイクとのことで、
クレジットによれば未発表音源らしい。
音質から察するに数か所のライヴから抜粋したものだろう。
クレジットでは、
STOOGESの『Stooges』『Fun House』の曲をやっている10曲目までがIggy and The STOOGES、
「Raw Power」などIggy and The STOOGES名義で発表した11~14曲目がSTOOGESになっているが、
パフォーマンスした名義のクレジットが入れ違っていると思われる。
とはいえ音質良好でパフォーマンスも好調だ。


★Iggy Pop『The Many Faces Of Iggy Pop』(MUSIC BROKERS MBB7252)3CD
4面デジパック仕様。


マリア観音『「全滅しても愛だけが遺る」+「マリア観音のためのフリー・ロック・ドラミング」』

マリア観音 ジャケット


マリア観音発足30周年の年に放った2枚組。
どちらのCDも56分強で、
「刺生活」「冬の蝶」「義眼」「片翼の戦闘機」「菫日記」「静かな夜」という代表曲群を、
大胆な新アレンジや歌詞の一部リメイクで展開している作品だ。

バンド編成でも東京拠点にライヴ活動を行なっているが、
本作は“主宰者”木幡東介が作詞、作曲、編曲、ヴォーカル、演奏を一人で担当。
キャンバスの上に次々と声や音や言葉で“歌”を描いていくかのように、
サウンドを重ねて録っていって“一人バンド”のような作品に仕上げられている。


まず「全滅しても愛だけが遺る」と題されたディスク1は、
“歌謡プログレ”とも言うべきドラマチックな歌とサウンドが楽しめる。
トランペット、尺八、シンセサイザーなども薄っすらと使いつつ、
あくまでもギターとベースとドラムを核にしたロックである。
ジャズ・ロックとハード・ロックとファンク・ロックとサイケデリック・ロックを
原型が聞こえなくなるまでフリーキーにグツグツ煮込んだかの如きクールなサウンドだ。
ダイナミックでありながらもギターのリフでゴリ押しするわけではなく、
流れるような音で加速していく。
幅広い意味での洋楽と邦楽のまぐわいであり、
1960年代後半から1970年代前半と昭和40年代の香りが漂ってくる音の質感が気持ちいい。

基本的な楽器を録音した後に歌を入れるレコーディング順だったことも作用したのか、
ヴォーカルは音の上で泳ぎ進んでいくような自由形である。
あらゆる体液が匂ってくるほど情感たんまりなのは言うまでもなく、
次々と言葉を連射するトーキング・スタイルのパートはエネルギッシュに攻めて責め、
ヴォーカルが色っぽくも映るスロー・パートでは丹念に愛撫。
ギリギリの状況を描写する言葉が連なり歌声が生々しいから複雑怪奇なイメージも抱きやすいが、
歌謡曲の取っつきやすさもバッチリでノリが良く、
キャッチーなポピュラリティもいっぱい。
ナルシシズムを超えたリアルな“愛の歌”があふれる陶酔ロックである。


かたや「マリア観音のためのフリー・ロック・ドラミング」と題されたディスク2には、
同じ曲が曲順を変えて収録されている。
ただしヴォーカル抜き。
原田和典執筆のライナーによれば同じテイクとのことだが、
よくあるただのインスト・ヴァージョンでもない。
どうやらミックス等を変えているようで、
ドラムとベースが強調されていて他の楽器はあまり聞こえない仕上がりなのである。

ほとんどドラムとベースだけの“原始ロック”と言ってもいいほどだが、
これがまたえらく新鮮。
わかりやすく骨組みだけを聴かせてくれて、
楽曲が内包するファンキーでジャジーでポップな趣きがたっぷり楽しめる。
マリア観音の強烈なイメージの一つの情念と背中合わせの快楽そのものだ。
そもそもマリア観音のルーツの一つである昔の歌謡曲はフック十分だし、
そもそも流行歌はキャッチーなわけで、
軽快な疾走感や穏やかな佇まいも味わえる。
それでもむろん生々しくヘヴィでありスリリングなのだ。

ベースが曲をリードしつつタイトルになっているようにドラムが肝である。
80年代後半以降のメジャー・レコーディングのメタル・ドラム・サウンドとは対極の質感の音で、
硬いだけではなく、しなやかでもあり、
やっぱり強靭。
本作のリリース元のレーベル名どおりのerectなビートが脈打つのであった。


★マリア観音『「全滅しても愛だけが遺る」+「マリア観音のためのフリー・ロック・ドラミング」』(エレクト ER029~30)2CD
ジャケット(実際の地の色は↑の画像よりも黒い)の内側に歌詞掲載。


Peter Perrett『How The West Was Won』

Peter Perrett - How The West Was Won - Packshot-72 dpi


1976年結成のONLY ONESのフロントマンであるピーター・ペレット(vo、g)のソロ作。
『Woke Up Sticky』以来の約21年ぶりのオリジナル・ソロ・アルバムという感じでもあるが、
その作品は“Peter Perrett In The One”という名義だったから、
厳密に言えばこれがファースト・ソロ・アルバムと言える。


80年代初頭のONLY ONES(一時)解散からしばらくリハビリで休み、
90年代に入ってから断続的に活動。
2000年代後半に再編して以来ONLY ONESでライヴをやっていて、
フル・メンバー揃ったONLY ONESとして日本公演も行なって新曲も披露していたが、
アルバムのリリースはなかった。
2008年のONLY ONESの初来日の時にインタヴューした際、
インターネット時代に音盤で曲を発表することにあまり乗り気でなかったのだが、
そんな気持ちが続いていたのか時間がかかったとはいえ新作が聴けて心からうれしい。
最近こればっか聴いている。


ソロ名義ということを重視してかONLY ONESのメンバーは演奏してない。
息子のジェイミー・ペレットとピーター・ペレット・Jrが、
ギター/キーボードとベースとバッキング・ヴォーカルで参加している。
そんな“ファミリー・バンド体制”でのレコーディングがいい方向に表れ、
アット・ホームな空気感にも包まれている。

でもむろんどこまでも研ぎ澄まされている。

ピーターのギターのクレジットは“リズム・ギター”になっているから、
艶やかなギター・ソロは息子のジェイミーの音だと思われる。
二人のバッキング・ヴォーカルもいい。
3曲にエレクトリック・ヴィオラとヴァイオリンも加えられている。

プロデュースは、
80年代の以降のROLLING STONESの諸作品で知られ、
KILLING JOKEの『Night Time』『Brighter Than A Thousand Suns』も手掛けたクリス・キムジー。
開放的なメジャー感と軽やかなニューウェイヴ感が適度に覆い、
品が良くキラキラしたピーター・ペレットらしい天然の響きに目が覚める。

PeterPerrett - PC Steve Gullick - Y1A3009- 72 dpi

いい意味で変わってない。
REPLACEMENTSやBLINK-182、LIBERTINESといった80年代以降の意外なバンドたちもカヴァーした
ONLY ONESの1978年のセカンド・シングル曲「Another Girl, Another Planet」から連なる、
クールなポップ・センスと優雅なメロディ・センスに磨きをかけている。
もちろんビートはしっかりしているし、
きっちり作られているアルバムだ。
けど活動状況に象徴されるマイ・ペースぶりそのもので何が起ころうと揺るがず動じることはない。
ヴォーカルをはじめとして潔いほど悠々自適だ。

ゆるくてまったりしているが、
“どうにでもなる”ほどやわらかい。
覇気があるないなんてどうでもいい。
さりげなく確信に満ちた歌と音がとてもストロングに屹立して息をしている。
ふわふわしているようで浮つきとは対極の地に足が着いたアルバムである。

ほろ苦く、うるわしく、甘美な、
とろける“猫なで声”もソフト・サイケデリックだ。
65才の男のアルバムと思えないほど初々しく瑞々しい歌声と音で、
そこはかとなく年輪を感じさせる歌の数々を披露する。
『西部開拓史』という邦題が付けられた1962年の米国映画のタイトルでもあり、
LED ZEPPELINが1972年のライヴを収めて2003年に出したアルバムのタイトルでもあるが、
どこもかしこも思い切りデリケイトであるにもかかわらず大胆なピーターらしいタイトルだ。


ジョニー・サンダースとともに同じ1952年生まれの自称“同級生”で
“三つ子の一人”としてシンパシーを覚えるほど灰野敬二も大ファンだが、
先行ネット公開されたアルバム・タイトル曲が
VELVET UNDERGROUNDルー・リードの有名曲「Sweet Jane」にあまりにも似ていて、
“おいおい、どうしたんだよ、ピーター・ペレット!”とびっくりしていた。
けどそういう突っ込みどころもひっくるめて楽しめる。

こういう潤いのアルバムが欲しかった。
聴けば聴くほど解き放たれる。
まさにグレイト。


★Peter Perrett『How The West Was Won』(DOMINO WIGCD382)CD
16ページのブックレットも二つ折り紙ジャケットも丁寧な作りの約43分10曲入り。


VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』

Boston Tea Party, Jul 11th 1969


これまた非オフィシャル・リリースながら権利関係はクリアしていると思しきライヴ盤。
タイトルどおりの内容で、
ディスク1が34分56秒、
ディスク2が52分11秒である。

言うまでもなくクリアーな音質ではない。
全パートが混ざり合っていて、
やや音が膨張しているが、
歪みも穢れも許さない潔癖症の浮き世にふさわしい。
ステージが遠めながらリマスタリング効果か比較的ヴォーカルは聞こえやすいサウンドのバランスだ。
いわゆるオーディエンス録音と思われるが、
アンコールを求める部分以外は観客の歓声等はほとんど聞こえないし、
中身の濃さも考慮すれば重度のVELVET UNDERGROUNDファンなら問題なく楽しめるだろう。

ルー・リード(vo、g)が死ぬまでほぼ欠かさずステージで披露していた「Heroin」がない点で、
なかなかレアなセットリストだ。
その代わり「Run Run Run」を15分もやり、
ややスロー・モーションの「White Light/White Heat」もやかましくって素ん晴らしい。

むろんすべてがなまめかしいメタル“サイケデリック”ミュージックである。
エレクトリックで毛穴から感電する。
ラストは「Sister Ray>The Murder Mystery」と曲名がクレジットされたトラックで約22分。
「Sister Ray」の中に「The Murder Mystery」が混じっていると思われ、
基本的には「Sister Ray」だ。
セカンド・アルバム『White Light/White Heat』収録のヴァージョンに近いが、
後半でかなり加速していてドロドロしている。

底無し沼からこそ泉が湧く。
わざとらしい歌とオシャレなノイズにウンザリしてロックンロールでブッ飛びたい時の心の友。
と同時に「I’m Set Free」と「Beginning To See The Light」に救われる。


★VELVET UNDERGROUND『Boston Tea Party, July 11th 1969』(SPY GLASS SPY2CD3002)CD
ライナーが載った8ページのブックレット封入。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (247)
JOB/WORK (302)
映画 (273)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (46)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (425)
EXTREME METAL (131)
UNDERGROUND? (101)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (129)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (29)
ROCK (86)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん