fc2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ポーランド映画祭2023

main visual


今年もポーランド映画祭の季節がやってまいりました。
12回目の今年は、
11月24日(金)―11月30日(木)に東京のYEBISU GARDEN CINEMAで開催される。
今年は映画祭の監修者でもあり僕も一番好きな映画監督のイエジー・スコリモフスキ監督が来日し、
2回のトーク・イベントに出演する。


映画祭の初期はポーランドを代表する昔の名作群もたくさん上映されたが、
ここ数年と同じく、
今年も新しめのポーランド映画が中心。
ほとんどが2010年以降の作品で、
ポーランド映画史に敬意を表するからこそ評価の定まった過去の映画に甘えることのない、
関係者の方々の現在進行形のアティテュードが感じられてたのもしい。
複数回上映される作品が、あまり知られてない映画がほとんどという点もポイントだ。


そのスコリモフスキ監督映画は4作品を上映。
前作『イレブン・ミニッツ』(2015年)は、
大きなスクリーンで観ないとラスト数分間に何が起きているのかわからない作りにもヤられる。

CONFLICTEARTH CRISISのファンの方々も是非!の内容で、
今年日本でもロードショーになったロバが主役の最新作『EOイーオー』も劇場での体験を絶対的にオススメ。
ミュージック・マガジン誌の2023年5月号の映画評で書いたからここでは多くは語らないが、
試写会場のスピーカーで震撼したショッキングな映画ラストの最後の“一音”が、
後日PCでのオンライン試写で体験したらしょぼい鳴りで何の音かわからなかったというのもある。

EO●メイン
EOイーオー(原題:IO)配給:ファインフィルムズ
© 2022 Skopje Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

スコリモフス監督は映画の中の音声の響きにとても気を使っている。
いわば音楽と同じで、
ストーリーに匹敵するほど映画にとって大切なものだと僕に知らしめた。

2020年の『ホームシック』も上映。
僕は未見だけに気になる作品だ。
10分という短編だが、
今回はスコリモフスキ初期の傑作『バリエラ』(1966年)のデジタルリマスター版と併映という形で
公開が実現する。


また“日本初上映”作品として、
『サイレント・ツインズ』『シュブク』『月への片道切符』『彼女たちの人生』『バルコニー映画』も公開。
“アンコール上映”作品として、
『ゆれる金魚』『エチオピーク』も公開される。


さらに“スペシャル・プレミア”として、
ロマン・ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』(2002年)の4Kデジタルリマスター版も上映。
ウクライナに続いてガザが
DISCHARGEの『Why』や『Hear Nothing See Nothing Say Nothing』の歌詞の状況に陥っている今、
祈りのような映画である。


2012年の1回目からポーランド映画祭に参加してきて毎年貴重な体験をし、
エンタメに留まることなく意識を触発する映画の奥深さを知る。
右も左もない。
映像と同じく物事には
光と影があり、
光と陰がある。
そんなことにあらため気づかせてくれるポーランド映画祭に今年も僕は足を運ぶ。


★ポーランド映画祭2023
2023年11月24日(金)―11月30日(木)YEBISU GARDEN CINEMAにて開催
公式サイト:http://www.polandfilmfes.com/
配給:マーメイドフィルム/コピアポア・フィルム 宣伝:VALERIA


スポンサーサイト



映画“ポーランド映画祭2022”

映画“ポーランド映画祭2022”縦


今年もポーランド映画祭の季節がやってまいりました。
今回は11月22日(火)から27日(日)まで東京・東京都写真美術館ホールで開催される。


やはり注目は、
この映画祭を11年前の第一回から監修しているイエジー・スコリモフスキ監督の最新作、
『EO(原題)』(2022年)の日本初公開だろう。
スコリモフスキ監督作品は2015年の前作『イレブン・ミニッツ』も上映される。

<ポーリッシュ・シネマ・ナウ!>と題して、
毎年現在進行形のフレッシュな精鋭作品がポーランド映画祭に送り込まれてきた。
前出の『EO(原題)』以外の今回そのプログラムに挙がった映画は
『パンと塩』(2022年)と『愛についての歌』(2021年)で、
今年も目を覚まさせられそうだ。

また、まさにウクライナ戦争が世界中を揺るがしている今だからこそ、
『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(2019年)も気になってしょうがない映画である。

ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』(2002年)の音楽も担当した
ポーランドのヴォイチェフ・キラルがスコアを手がけた小特集も敢行。
アンジェイ・ワイダ監督の『パン・タデウシュ物語』(1999年)と『コルチャック先生』(1990年)、
フランシス・フォード・コッポラ監督の『ドラキュラ』(1992年)が上映される。
特に『コルチャック先生』は
終盤がCRASSの名曲「Shaved Women」の楽曲や音楽、音声に触発されているとしか思えない映画で、
世界中で戦争や紛争による子どもたちの受難が続く今だからこその作品だ。

そして今年のドキュメンタリー映画は、
『ショパン 暗闇に囚われることなく』(2021年)と『ポルミッション パスポートの秘密』(2020年)である。


僕もどんなに忙しかろうと一日は空けて今年も観に行く。
10年間続けて体験してきた映画祭だけにそれだけの価値があると確信する。

ポーランドものの中でも評価の定まった“古典”に頼らぬラインナップに
関係者の意思と意志もみなぎる映画祭だ。


http://www.polandfilmfes.com/


映画『ソングス・フォー・ドレラ 4Kレストア版』

ソング・フォー・ドレラ チラシ表


ルー・リード(vo、g)とジョン・ケイル(vo、ピアノ、ヴィオラ他)による
1990年のライヴ映像作品のリストア版が日本で上映される。
アンディ・ウォーホルを題材に二人が作った1990年のアルバム『Songs For Drella』を
無観客の会場で“再現”した同タイトルの作品で、
今回のロードショーの映像はオリジナル16㎜ネガから4Kで“復元”されたものだ。
もちろん歌詞の和訳字幕付である。
55分の映画だが、
実に濃密な55分間ということを断言する。

main_202210132046411df.png

ファースト『Velvet Underground & Nico』(1967年)のプロデュースをはじめ、
初期のVELVET UNDERGROUNDにとってウォーホルの影響力は大きかった。
そんなウォーホルが1987年に他界してまもなく、
一種の“追悼”として二人は曲を書き始める。
永遠の“好敵手”の二人がアンディの死によって再び“手を組んだ”形だったが、
二人の間の絶えることのない確執を知る者にとっては“ありえない”タッグであった。
実際、このプロジェクトの後に二人はまもなく“元の関係”に戻ったとされる。

sub01.png

オリジナル・アルバムのレコーディングのための共演は
VELVET UNDERGROUNDのセカンド『White Light / White Heat』(1968年)以来ではあった。
ただライヴは1972年に一緒にやっている。
さらなる“火種”を持ち込むかのようにニコも同じステージに立った
(厳密に言えばルーやジョンと同じく座って歌っていたようだが)。
その歴史的な模様は『Live At Le Bataclan 1972』というタイトルでCDにもなっている
(抜粋映像のDVD付のCDや単独DVDもあり)。

sub02_202210132046436c5.png

アルバム『Songs For Drella』のリリースから4ヶ月後には、
1990年8月6日に東京NHKホールで来日公演も実現した。
同じ時期に行なっていたルーの『New York』のソロ日本ツアー終了後に行なわれたのも、
そのツアーがモーリン・タッカーもバック・バンドのメンバーの一員だっただけに、
感慨深いものがあった。
アンコールで、
ジョンが去った後のVELVET UNDERGROUNDのサードに収めた「Pale Blue Eyes」を
ジョンのヴォーカルで披露した“サプライズ”には、
まさか!のイントロの段階で大歓声が沸き上がったものである。

IMG_20221013_194350.jpg
(参考画像)

「Pale Blue Eyes」はもちろんやってないが、
その時の静かなる興奮が蘇る映像作品だ。
ライヴというよりコンサートと呼びたい静謐なパフォーマンスを脚色なく映し出す。
アルバム『Songs For Drella』と同じくひたすらストイックな仕上がりだからこそ生々しく迫り来る
ルーとジョンの研ぎ澄まされた交感に、
ゆっくりと覚醒されていく。

MC無しの淡々とした進行ながら、
曲ごとに撮り方や見せ方が違う。
ステージ後方にアンディ関係の写真等を映す曲もあるが、
ほぼ二人のプレイ映像のみ。
しかも顔のアップが多く、
二人の表情を交互に映し出すことで
プレイ中の各々の意識の流れや“相方”に対する思いがじわじわ伝わってきてなかなか刺激的だ。

sub04_202210132046443d2.png

プレイ中の二人の気持ちを想像するとまた楽しい。
顔色を窺っているわけではなかろうがジョンは、
ルーをチラチラ見ながら歌い演奏しているところが多いも意味深だ。
ルーはほとんどジョンを見ず、
いい意味で仕事を完遂することに専念しているかのように黙々と歌い弾く。
でもジョンがリード・ヴォーカルの「A Dream」で自分のことが歌われるパートでは、
やや気色ばんでジョンを睨むルーも楽しめる。

sub05.png



歌詞の和訳が日本語字幕で表示されるのもありがたい。
終始落ち着き払った二人の表情がその時々の言葉で微妙に動くのが楽しめるのだ。
“フィクションを交えたノンフィクション”と言いたいウォーホルの物語の歌詞で、
二人の視点がブレンドしたウォーホル批評が味わえる。
あくまでも和訳の日本語ではあるが、
ヴォーカルや音と歌詞の意味を瞬間瞬間で同時に感じることのインパクトを再認識する。

香港やミャンマー、タイが歌い込まれた「Forver Changed」における先見の明の歌詞など、
『Songs For Drella』には色々と発見がある。
ここでのルーのギター・プレイは、
90年代以降の自由形エレクトリック・ギター演奏の序章にも思える。
ジョンの方はピアノ弾き語り中心のライヴ盤『Fragments Of A Rainy Season』に直結した気がする。

音響面も含めて考えると、
やっぱり劇場で体験したい。
グレイト。

sub03_20221013210820eda.png

★映画『ソングス・フォー・ドレラ 4Kレストア版』
原題:SONGS FOR DRELLA 1990年-2021年(4Kレストア版)/55分/アメリカ
監督・撮影:エドワード・ラックマン 歌詞全訳:林かんな
🄫1990 Initial Film and Television / Lou Reed and John Cale
10月28日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほかロードショー。
以降全国順次公開。
http://drella.onlyhearts.co.jp/


映画『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』

ポスター


BEACH BOYSの中心メンバーだったブライアン・ウィルソンのドキュメンタリー映画。

本人をはじめとする談話と昔の映像等で進める作りながら、
真正面からブライアンに向き合った真摯な仕上がりである。
BEACH BOYSの代表作とされる『Pet Sounds』(1966年)しかブライアン関連のアルバムを持ってない
僕みたいな人間にもわかりやすく作られていて、
深く楽しめる。

厳選した“関係者”にもインタヴューを行ない、
エルトン・ジョンやブルース・スプリングスティーン、テイラー・ホーキンス、
ドン・ウォズ(イギー・ポップの1990年の佳作『Brick By Brick』も手掛けたプロデューサー)
らの談話もポイントを押さえている。
ブライアンに対する絶賛の嵐ではあるが、
それも、むべなるかな、の映画だ。

もちろんブライアンの話が軸だが、
そのほとんどはインタヴューというよりも雑談である。
演出過剰なアーティストと違って金言を連発するタイプの人ではないからこそ、
ぶっきらぼうな物言いの中にブライアンの“生の人間”が見え隠れし、
本音がほのめかされている。

サブ2 01090412_00099468

ざっくばらんな空気感の流れをうまくまとめた監督の編集作業も見事だが、
この映画におけるブライアンの“パートナー”を務める進行役で、
ローリング・ストーン誌の編集者だったジャーナリストのジェイソン・ファインが実にGJ!だ。
ブライアンがリラックスして話ができる場と思しき車中でのトークがメインで、
自分がハンドルを握りながらのドライヴ中の何気ない会話が多い。
とりわけ極度にデリケイトな人に話を訊くには相手を思いやって、
落ち着ける“舞台設定”と詰問や質問とは違う世間話みたいな語りかけが大切だと
“同業者”として勉強にもなった。

前述の『Pet Sounds』をはじめ制作秘話などの音楽の話も随所に盛り込まれ、
プロデューサーでもあったブライアンのこだわりの作りが音楽の魔法を生んだことが伝わってくる。
といっても本作ではブライアンがそういう話にあまり言及せず、
関係者の推測で進める。
ブライアンに言わせればそういうことは、
BEACH BOYSの名曲「God Only Knows(邦題:神のみぞ知る)」ということかもしれない。

と同時にブライアンにとってソングライティングやレコーディング、ライヴ・パフォーマンスは
自己救済のためのポップ・ミュージックの錬金の場とも言える。

サブ Brian Wilson_Courtesy of Alamy

ブライアンは昔からやっぱりオタクっぽい。
今のブライアンもオタクがそのままオジサンになった様相である。
BEACH BOYS時代はシャイで女っ気があまりなかったようで、
サーフィンしたことないのにサーフィンと女の子の歌の名曲をガンガン書いていたことを思うと、
表現において妄想力のパワーの大切さをあらためて思う。
と同時に精神がヤられたことにも納得させられる映画だ。

映画の醍醐味はやはりヴィジュアル。
夢にも出てきそうな顔であり、
沈黙の時間も生々しい表情にヤられる。

終始、神経質そうなというか、気難しそうというか、
ふつうのオジサンっぽい見た目だからこそ逆に近寄りがたいオーラを発している。
四六時中、気が張っているようにも映る。
ガリガリではなく肉付きが良くて図体が大きかろうが、
まさに、こわれもの。
特に60年代後半は様々なプレッシャーとストレスで苦しみ、
頼りにした精神科医の“洗脳”によって悪化するなど底無し沼を経験したからこそ今がある。

オジサンかもしれないが“おじいさん”に見えないところが高ポイントだ。
強い意思に貫かれたツラ構えなのである。
スタジオ・ワークの鬼のイメージも強いが、
今年の6月で80歳になるも、
精神疾患と闘いながら今もなおツアーを楽しむ精力に僕もインスパイアされる。

メイン Brian Wilson Long Promised Road_Barb Bialkowski_1

山下達郎や大瀧詠一、桑田佳祐あたりがファンなのはよく知られている。
ただ1999年にブライアンが初のソロ日本ツアーを行なった際、
80年代結成で今も活動を続けている東京の某ハードコア・パンク・バンドのヴォーカルが
「たまには高い金を払って大きい会場でライヴ観るのもいいですね」と観に行った話を聞いた時は
ちょっと驚いた。
けどストイックな取り組み方はリアル・ハードコアと相通じる。
パンク・ロックとBEACH BOYSとの関係と言えばもちろんRAMONES
1977年の『Rocket To Russia』で「Do You Wanna Dance?」をカヴァーしたことは、
70年代のRAMONESにとってBEACH BOYSの影響が大きかったことを象徴するし、
そういったサーフ・テイストは80年代以降のガレージ・パンク系に受け継がれてもいった。


色々とサポートしつつ高圧的だった父親との確執もさることながら、
BEACH BOYSのメンバーでもあった弟たちへの思いが熱くてグッとくる。
ブライアンの“妻子”に対する言及が過剰でないところも特筆したい。

控えめな佳作である。


★映画『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』
2021年/アメリカ/英語/93分/原題:Brian Wilson: Long Promised Road/字幕監修:萩原健太
監督:ブレント・ウィルソン 製作:ティム・ヘディントン、テリサ・スティール・ペイジ、ブレント・ウィルソン
製作総指揮:ブライアン・ウィルソン、メリンダ・ウィルソン、ジェイソン・ファイン
 共同プロデューサー:ジャン・ジーフェルス
出演:ブライアン・ウィルソン、ジェイソン・ファイン、ブルース・スプリングスティーン、
エルトン・ジョン、ニック・ジョナス、リンダ・ペリー、ドン・ウォズ、ジェイコブ・ディラン、
テイラー・ホーキンス、グスターボ・ドゥダメル、アル・ジャーディン、ジム・ジェームス、
ボブ・ゴーディオ
配給:パルコ ユニバーサル映画 宣伝:ポイント・セット
Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

8/12(金)、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国公開。
公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/brian-wilson


映画『モガディシュ 脱出までの14日間』

メイン


アフリカ・ソマリアの1991年の内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの“脱出劇”を
実話に基づいて描く2021年の映画。
ポリティカルなネタをある種のエンタテインメントを交えてわかりやすく組み込み、
韓国映画らしいダイナミックな仕上がりだ。


1990年、ソウル五輪で大成功を収め勢いづく韓国政府は国連への加盟を目指し、
多数の投票権を持つアフリカ諸国へのロビー活動に励んでいた。
ソマリアの首都モガディシュで韓国大使を務めるハン(キム・ユンソク)は、
現地政府の上層部に何とか取り入ろうとしている。

一方、韓国より20年も早くアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮のリム大使(ホ・ジュノ)も
国連加盟のために奔走し、
両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。

そんな中、ソマリアの現政権に不満を持つ反乱軍による内戦が激化。
暴徒に大使館を追われた北朝鮮のリム大使は、
絶対に相容れない韓国大使館に助けを求める決意をする。

サブ2

韓国と北朝鮮は、朝鮮戦争の“休戦協定”をかわしてはいるが、完全な“終戦”ではない。
形式上は今もなお“戦争状態”で、
北朝鮮にとって中国やロシアなどの強権同志国家以外は世界中が敵だから金正恩は挑発を続ける。
この当時から今も基本的に状況は変わってない。

そんな油断大敵一触即発の両者が、
疑心暗鬼の反目を繰り返しながら協力していくところがこの映画の見どころの一つ。
ソマリア駐在の“南”と“北”の大使館員が、
自分の家族らとともにモガディシュから脱出する様子がスリリングである。
イラン革命の時のアメリカ大使館人質事件(1979~1981年)ほどではないにしろ、
わりと最近だと昨年のアフガニスタンやロシア侵略後のウクライナに連なる
大使館員の“受難”の歴史の一断面だ。

サブ3

僕にとってはソマリアを舞台にしていることがこの映画のポイントだ。
アフリカ大陸の東端のソマリアは
ネット社会になった今でも一生懸命情報を捜さないと状況はわからない。
この映画の内戦の“流れ”で2000年代には
イスラム過激派勢力“アル・シャバブ(略称:シャバブ)”が生まれ、
容赦ない活動で国民を恐怖に陥れる。

あくまでも米国のシンクタンクの“評価”だが、
ソマリアはここ15年近く連続で“失敗国家(failed state)”ワースト・スリーに認定されている。
何年も真にアナーキーな政治状況とみなされている。

ジョン・ライドンが最近“転向”を表明したように、
政治レベルでのアナーキーは理想主義で現実問題とんでもないと言わざるを得ない。
真の無政府状態で暮らすソマリア国民の「治安をどうにかしてほしい」という何年も前に聞いた声が、
僕の鼓膜から永遠に離れない。

サブ1

基本的に韓国はソマリア国内の問題に関して“部外者”で“他人事”だからこそ、
クールな視点でソマリア“動乱”の一端がディテールにこだわってリアルに描かれている。

現在ソマリアは韓国政府から渡航禁止国家の一つに指定されているため、
この映画の舞台であるモガディシュでは撮影ができなかったという。
そのためスペインにも近くアジアっぽさも漂うアフリカ大陸北西部のモロッコで撮影を行ない、
しっかり当時のモガディシュをリサーチして生々しく“再現”している。

シリアやミャンマーやアフガニスタンなどと同じく
ソマリアも忘れられた地の一つになっている・・・というか、
それ以前の問題でほとんど状況が知られてない国と思われる。
プライベートの人間関係と同じく関心を持つことが大切だし、
様々な視点で物事を見ることの大切さもあらためて知る映画だ


★映画『モガディシュ 脱出までの14日間』
原題:모가디슈 ESCAPE FROM MOGADISHU/2021年/韓国/カラー/121分/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:根本理恵
監督:リュ・スンワン 
出演:キム・ユンソク、ホ・ジュノ、チョ・インソン、ク・ギョファン、キム・ソジン、チョン・マンシク
提供:カルチュア・エンタテインメント 配給:ツイン、 カルチュア・パブリッシャーズ  宣伝プロデュース:ブレイントラスト  
(c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved. 
7月1日(金)新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー。
mogadishu-movie.com


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
HEAVY ROCK (275)
JOB/WORK (447)
映画 (396)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (58)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (511)
EXTREME METAL (152)
UNDERGROUND? (199)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (159)
FEMALE SINGER (51)
POPULAR MUSIC (42)
ROCK (101)
本 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん