FC2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画『友川カズキ どこへ出しても恥かしい人』

main_2020011110324677e.jpg


フォークを超えたギター弾き語りの鬼才、
友川カズキ(友川かずき)の2010年夏の記録を収めたドキュメンタリー映画。

撮影から完成まで10年近く経ったのは、
1980年岩手県宮古市生まれの佐々木育野監督が“進めなかった”からとのことだが、
友川が70才の誕生日を迎える直前の公開になったのだから絶好のタイミングである。

sub02_202001111032524a3.jpg

友川のドキュメンタリーといえば
フランスのヴィンセント・ムーン監督の『花々の過失』が知られている。
その映画の撮影が2009年で日本ロードショーが2010年の12月だから
“微妙な時期”に撮った感じになったわけだが、
どちらも曲名からの引用とはいえタイトルに表れたようにかなり趣が異なる。

ライヴのMCで遠回しに言っていた映画『花々の過失』で友川が不満に思った点を、
すくいとったような映画にも思える。
『友川カズキ どこへ出しても恥かしい人』で描かれている友川は、
ひたすら“無頼者”の友川だ。

『花々の過失』が強靭なシンガーソングライターとしての友川をメインに描いた映画だとしたら、
本作は自作自演歌手というだけでもなく画家であり詩人でもある面も撮りつつ、
競輪愛好家/競輪評論家としての友川をメインに描いている。

sub04_2020011110312804b.jpg

友川の歌は庶民の唄とも言えるが、
やっぱりいわゆる“俗”とは一線を画す。
あの歌声とギターの響きは気持ちが研ぎ澄まされてなければ出てこない。

一方で極端に俗っぽい。
酒とタバコの臭いがプンプンしてくる映画で、
最安タバコの一つである“わかば”を愛好する友川はタバコをほとんど手放さない。
喫煙は今やマイナーな嗜好になっているわけだが、
さらに公営競技のギャンブルの中でもメジャーな競馬ではなく競輪というのも妙に友川らしい。
のめりこんでいるのは20年ほどらしいが、
“競輪バカ一代!”とも“競輪狂の詩!”とも叫びたくなる友川の姿が次々と映し出される。

主なロケ地は競輪場と神奈川県川崎の“自宅”アパートの部屋で、
それらの場所での競輪観戦の模様がこの映画の核。
もちろん車券を購入していて(基本的に大穴狙いとのこと)、
ライヴと同じくある意味lifeを“賭けて”いるからステージと同じく絶叫する。
自分の部屋でもあの甲高い声が天を突くからアパートの隣人の方に同情してしまうほどである。

sub07_20200111103159964.jpg

大半が普段の友川カズキを撮った様相だ。
競輪場やアパートの室内、飲み屋などでの、ざっくばらんな友川カズキである。
そういう映像が続くとダラダラして身内やコアなファン以外以外はキツい作品になりがちだが、
カットアップとまでは言わないまでも多少モザイク状の構成で各シーンを短めに切り上げ、
起伏に富む構成だ。

期間は長くなかったのかもしれないが膨大な映像を撮ったと思われるし、
整然とは対極の友川の行動を一つの映画にまとめる苦労は想像するに難くない。
だが撮った映像をなるべく入れて無駄に長い最近の日本のドキュメンタリー映画とは一線を画し、
英断の編集により友川の魅力が64分に凝縮されている。

sub06_20200111103159dd7.jpg

ライヴと同じく天然パフォーマンスと軽妙マシンガン・トークも相まって退屈させない。
特にカメラを意識したわけではないであろう、
常に粋な友川のファッション・センスも映画全体を引き締めている一因だ。

節目節目で挿入される友川が歌うシーンはやっぱり映画のテンションを上げる。
ライヴでよくバックを務める石塚俊明や永畑雅人とギターを弾き語る数曲を、
自動車の後部でやっているシチュエーションも面白い。
自宅で遠藤ミチロウの「思惑の奴隷」を弾き語る場面が特に生々しい。
そのカヴァーを提供した2010年12月発売のCD
『青鬼赤鬼 ~ザ・スターリン・遠藤ミチロウ還暦 & 30周年トリビュートアルバム~』に
参加した本音も友川ならではだ。

sub03_20200111103312686.jpg

ポイントになる場面で友川をバックから撮っているところもユニークだ。
もちろん大半は前から撮っているのだが、
歌っているシーンは顔の極端なアップが多いのも特筆したい。

というわけで真正面からというより背後から友川に向き合ったような映画にも思えるし、
超どアップで友川の内面に迫った映画とも言えるのである。

sub05.jpg

この映画も息子たちとの交流が見どころの一つ。
けどそういう貴重な時間もやっぱり銀輪の疾走が目と鼻の先の場だったりするのが友川。

競輪選手に負けじとばかりに友川が“愛車”を飛ばすシーンも爽やかでよろしい。

sub01_2020011110325200c.jpg

★映画『友川カズキ どこへ出しても恥かしい人』
2019年/日本/DCP/5.1ch/64分
出演:友川カズキ、石塚俊明、永畑雅人、及位鋭門、及位然斗、及位玲何、大関直樹、安部俊彦、
林秀宣 六兵衛鮨、菊池豊ほか。
2月1日(土)より新宿K's cinemaにて公開。以降、全国順次公開予定。
https://hazukasiihito.shimafilms.com/


スポンサーサイト



映画『男と女 人生最良の日々』(1966年のフランス映画『男と女』の“続編”)

_ポスタービジュアル_convert_20200107112618


“ダバダバダ~ダバダバダ~ダバダ……♪”の主題歌でお馴染みの
1966年の映画『男と女』の“今”を描いた2019年の作品。
フランス映画の伝統イメージと言うべき
生々しくロマンチックな恋愛模様の枯れること無き爛熟に心が動く佳作だ。

“前作”の主要スタッフとキャストが揃っている。
監督・脚本は後に『愛と哀しみのボレロ』(1981年)も撮るクロード・ルルーシュ。
主演女優(アヌーク・エーメ)も主演男優(ジャン=ルイ・トランティニャン)も同じで、
新曲も提供しつつ一昨年他界したフランシス・レイが引き続き音楽を担当している。

main_convert_20200107111459.jpg

とある海辺の施設で余生を送っている男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)。
かつてはレーシング・ドライバーとして一世を風靡する注目を集める存在だった。
ところが今では徐々に過去の記憶を失い始め、状況は悪化するばかり。

そんな父親の姿を心配した息子は、
ジャン・ルイが長年愛し続けてきた女性アンヌ(アヌーク・エーメ)の居場所を突き止め、
ジャン・ルイの近況を説明して「もう一度、父と会って欲しい」と申し出る。
後日、アンヌがジャン・ルイのいる老人ホーム系の施設を訪れ、久しぶりの再会を果たす。

でも相手がアンヌだと気が付かない(ように見える)ジャン・ルイは、
アンヌへの思いを話し始めるのだった。
そこでいかに自分が愛されていたかを知ったアンヌは、
ジャン・ルイを連れて思い出の地であるノルマンディーへと車を走らせる。
長い空白を埋めるように二人の物語が新たに始まろうとしていた。

sub1_convert_20200107111651.jpg

ありえないけどもしかしたらありえるかも…と思わせる、
映画ならではの“憧れ感”が50年前と変わらずキープされている。

“前作”『男と女』を観た方はもちろんのこと観てない方も楽しめる作りだ。
その名場面の数々をフラッシュバックのように適宜挟み込ませており、
“前作”を観ている方は二人と同じく思い出が蘇りイメージをダブらせて観ることができ、
観てない方も当時の二人の出会いと進展と別れみたいなものをイメージできる。
同監督の1976年の短編“暴走ドキュメンタリー”『ランデヴー』の映像もけっこう長時間挿入し、
ジャン=ルイがレーサー時代の記憶を紐解く場面で効果を上げている。

そういった編集のコントラストも含めて、
まず映像だけで魅せる。
特に凝った撮り方をしてないにもかかわらず、
いやシンプルだからこそじわじわと思いが滲み出てくる映像だ。
さりげなく植物の緑がアクセントになった映像だから
映画自体が鮮やかに光合成している色合いでもある。

sub2_convert_20200107111927.jpg

メインの二人をはじめとする人間たちにじっくり向き合い、
顔や体だけでなく心にもナチュラルに迫って生き生きとした映像作品に仕上げている。
特に二人の会話のシーンはいわゆる速度がまったりだから単調になりがちなところを、
実はリズミカルな話のタイミングにジャストなカメラの切り替えが見事でテンポがいい。

二人の実年齢は2つ違いとはいえルックスで見る歳の重ね方の違いにも驚かされる。
映画の中でそのへんのことについても語られるからここでは書かないが、
ヴィジュアルの“差”が役柄の上でも実生活の上でも“人生いろいろ”を想像させ、
そんな二人がこうやって再会して微妙な交わりを行なうことがまたたまらない。

二人のやり取りがジェラシーを覚えるほど絶妙だ。
飄々とした佇まいながら会話というより対話と言いたいぐらい“真剣勝負”なのである。
基本的にクールに見えてお互いの気持ちの機微をしっかり読んでいる。
アンナの方はもちろんのこと、
“認知”がヤバそうなジャン・ルイも彼女を“認知”して“演技”しているようでもあるからだ。

sub3_convert_20200107112157.jpg

2週間足らずで撮影されたという凝縮された時間の中で濃縮された思いがさりげなく濃い。
男優のジャン=ルイによれば「アヌーク・エーメは素晴らしい友だち」とのことだから、
実生活で50年会ってないということはないと思われる。
だが映画の中で、しかも実質的に50年以上ぶりの“続編”で再会したとなれば、
ときめき感が溢れて否が応でも二人の気持ちが高まったことは想像に難くない。
当時の『男と女』の結末の続きというドラマチックな舞台設定、
だが本作のストーリーがドラマチックかどうかは観た人にゆだねたい。

会話のウエイトも高い映画ながら一言一言が短めでわかりやすく、
まさにエスプリな言葉が連発される。
もちろんスノッブな知性とは百万光年かけ離れた庶民の言葉で、
特にジャン=ルイの言葉にはヤられっぱなしだ。

かつてトップ・レーサーだったプライドゆえか
いわゆる一般の人と言える施設の他の老人たちと群れることなく、
ジャン=ルイは車椅子の上でも洒落たファッションをキープして詩人を気取る。
若い頃と変わらず女好きであることを隠さず、
老いてなお盛んなジャン=ルイの元気なジジイぶりに苦笑を禁じ得ない。
再会した“元カノ”を口説くロマンあふれる言葉には痺れるが、
会うたびに口に出す担当女性介護士を口説く言葉はさらに露骨だ。
日本語字幕によればワイセツではないにしろ完璧にセクハラだが、
キャラの為せるワザかリスペクトされているからか、
嫌悪されなかったと言われる森繁久彌の“その手”の言動と同じくオチャメとも解釈できる。

sub4_convert_20200107112329.jpg

物語の前後を入れ替えるような編集がないにもかかわらず、
夢の中の出来事なのか?と思わせる作りもさすがだ。
いわゆる“アート”だからこそ成し得る“あいまいさ”だが、
そういうところにこそ無限のヒントが息づいているとあらためて思わされる。
映画だからこその、映像、物語、音楽、役者の魅力の粋なブレンド具合にまたまた感服し、
フランスの香り・・・いや匂いと言いたい音楽も“催淫作用”ありありだ。

いくつになっても永遠に完熟しない恋愛関係。
50年来の仲なのに“手探り”を続ける二人の言動も相まって、
まるで初恋みたいに初々しく、まばゆい。
老年の、というより変わることのない大人のラヴ・ロマンスとしても楽しめる作品だ。

50年前は子どもだった各々の息子と娘の“『男と女』な関係”もいいアクセントである。
家族映画としても粋な作品ということも付け加えておきたい。


★映画『男と女 人生最良の日々』
2019年/フランス/90分/フランス語
出演:アヌーク・エーメ(『モンパルナスの灯』)、ジャン=ルイ・トランティニャン(『愛、アムール』)、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ、モニカ・ベルッチ他。
1月31日(金) TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。
© 2019 Les Films 13 - Davis Films - France 2 Cinéma
http://otokotoonna.jp/


映画『死霊の盆踊り HDリマスター版』

盆踊り(メイン)


奇才エド・ウッドが原作・脚本を手掛けた1965年の米国映画。
このたびHDリマスター版で日本再上映となる。
“サイテー映画”とも言われるが、
ストーリー性を度外視した華麗なるナンセンスの繰り返しがクセになる怪作だ。
原題は『Orgy Of The Dead』だが、
“乱痴気騒ぎ”という感じではなく邦題の“盆踊り”の飄々とした空気感で腰砕けになる。

盆踊りサブ1

満月の夜、ドライヴをしていた一組のカップルが荒れ果てた墓地でトラブルに見舞われた。
そこでは<夜の帝王>が<闇の女王>に命じて、
不幸な死を遂げた女たちの浮かばれぬ霊を呼び出して死者たちの饗宴を開こうとしていた。
蘇った女たちの霊が一人ずつ現れてヌードになって踊るのだが、
<夜の帝王>の下男のミイラ男と狼男に捕まって囚われの身になったカップルは、
女死霊たちの裸踊りを延々と見せられることになるのであった。

盆踊りサブ2

起承転結を備えたわかりやすい脚本も必要最小限の“舞台”も、
余計な細工無しのストレートなカメラもテレビのバラエティ番組や学芸会みたいである。
けど、だからこそ、映画の核がはっきりと浮き彫りになり、
“落差”も際立つ。
チープな作りとは裏腹に、
映画の大半を占める饗宴シーンがミスコンを思い出すゴージャスな雰囲気で、
いちおう“前菜”みたいなモノも設けつつほとんどがメイン・ディッシュの映画なのだ。

10名前後登場する女死霊たちのヴィジュアル・クオリティとダンス・クオリティが高い。
種々雑多なトップレス(+ほとんどがTバック)の美女たちが
ストリップのステージのようにゆったり踊るのだが、
エロとかワイセツとかいうより優雅で観ていてすがすがしいほどゆっくりととろけていく。

本作はA・C・スティーヴン監督の“セクシー映画”のデビュー作とも言え、
以降ポルノに該当しそうな映画もたくさん撮ったようである。
米国のポルノ映画によくある大味で安っぽい雰囲気はこの映画からも感じられるが、
と同時に昔のポルノ特有の味わい深さもたんまりだ。

盆踊りサブ4

今回のHDリマスター版は、
60年代の映画ならではの淫靡感をキープしつつヴィヴィッドな発色の映像で、
ほんと可能であればスクリーンで体験したい仕上がりである。
とりわけ延々と続く饗宴シーンで急所が痺れること必至だ。
女たちが踊る場面で流れる一人一人違う妖しく怪しいムーディな音楽もポイントで、
レア・グルーヴに類する曲も含めてキッチュな音もリマスターで生々しく響いて強力である。

テレビ・ドラマなどでやれば済むほどストーリー展開に頼る映画が目立つ今、
映像と音楽の魅力がブレンドされてこそ映画!とあらためて思い知らされる。
真面目に言うと“表現”ってもんをあらためて考えさせられたが、
少なくても大半の男性にとって甘美な悪い夢を見ている気分になることは間違いない。

なんもかも馬鹿馬鹿しくなったときに観たら無限の力が湧く“裏マスターピース”だ。


★映画『死霊の盆踊り HDリマスター版』
1965年/アメリカ映画/アストラヴィジョン/91分
©1965 Astra Productions, under license from Vinegar Syndrome
12月28日(土)より、シネマカリテほか全国公開にて順次ロードショー。
www.eden-entertainment.jp/saitei2020/


ポーランド映画祭2019

ポーランド映画祭2019


今年もポーランド映画祭の季節がやってまいりました。
今回は11月10日(日)~11月23日(土)に東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールで開催される
(11日と18日は休館)。

監修は第一回目から変わらず僕が今一番好きな映画監督の愉快な重鎮イエジー・スコリモフスキ
8回目を迎えた今年は例年以上に攻めのラインナップが組まれ、
ほとんどの作品がポーランド映画祭初登場で、
全プログラムのうちの3分の1以上が日本初公開だ。

国自体が過酷な歴史の中で生き延びてきただけにポーランドの映画はシリアスなイメージも強い。
けどさりげなくユーモラスな作品も多くてヴァラエティに富み、
敷居は決して高くない。
馴染みが薄いけどポーランド映画に興味はある・・・という方は、
ポーランド映画を代表するアンジェイ・ワイダ監督作『灰とダイヤモンド』(1958年)、
米国アカデミー賞外国語映画賞受賞作『イーダ』(2013年)、
同監督作品で今年日本でも公開された『COLD WAR あの歌、2つの心』(2018年)
がオススメだ。

今年は日本とポーランドの国交樹立100周年ということで両国がつながった4作品も公開。
アンジェイ・ワイダ監督で坂東玉三郎主演の『ナスターシャ』(1994年)や、
ポーランドの映画大学で学んだ石川慶監督で妻夫木聡や満島ひかり出演の『愚行録』(2017年)
も含まれている。

当日券もお値段抑え目だが、
かなりお得な前売券(2回券)2,000円(税込み)を以下の場所で販売しているのこと。
・東京都写真美術館受付(※休館日に注意)。
・有隣堂アトレ恵比寿店
・ディスクユニオンお茶の水JazzTOKYO、新宿ジャズ館、吉祥寺ジャズ館、新宿シネマ館、
ディスクユニオンWEBサイト
・メイジャーネット

既に前売り券在庫切れの店舗もあって今回も静かなる盛り上がりを見せているポーランド映画祭2019、
今年も恵比寿で会いましょう。


★ポーランド映画祭2019
http://www.polandfilmfes.com/


映画『草間彌生∞INFINITY』

1_convert_20191022084133.jpg


1929年長野県松本市生まれのアグレッシヴな総合芸術家・草間彌生のドキュメンタリー映画。
米国の女性ヘザー・レンズが監督している。

破天荒な作風ゆえに前衛と言われるが、
進取の精神に富む行動や発想がラジカルとはいえ、
草間が愛用しているデザインの水玉模様が象徴するように作品そのものはポップである。
アンディ・ウォーホルが草間からアイデアをパクったのも、
ポップな新しいアプローチという点で通じ合う感覚があったからだ。
そういう草間の開かれた意識が開かれた映画の作りで浮き彫りになっている。

猪突猛進の“活動家”でもあるから、
やはり女性だからこそ物議を醸したようだ。
“スキャンダルの女王”とも称されていたそうだが、
男性関係云々というよりは
“ハプニング・パフォーマンス”と呼ばれた既成概念を超えた行動によるところが大きい。
ワイセツと解釈されかねない大胆な作品群もそういった草間の意識の表れだとわかる。
1958年から15年住んでいたニューヨークなどの外国の都市はともかく、
日本・・・特に地方では草間の行動がハレンチなものとされて色々と大変だったようだ。
そういう反応も草間の“メンタル破綻”を加速させたと思われ、
1973年に帰国してからの苦闘の日々もしっかりと描かれている。

やっぱり編集がグレイトだからダイレクトに迫ってくる。
ゆとりをもって進めて無駄なシーンを削ぎ落してテンポも風通しも良く76分に凝縮し、
端的な切り口だからテーマがしっかり伝わってくる濃厚な仕上がりだ。
本人にだけでなく関係者にも話を訊いているが、
絶賛しそうな“同業者”や“信者”を避けたかの如く絞った人選も成功している。

草間彌生の名前や顔しか知らないけど興味あるという方もすんなり入っていける作りだし、
それでいて草間のダーク・ゾーンも無かったことにせず深いところまで掘り下げている。
もちろん見てもらってナンボの作品を創ってきた芸術家を綴る映画だから、
ユニークな作品群の映像をはじめとしてヴィジュアル・アプローチもまっすぐでバッチリの仕上がり。
妙に凝ったことをしてない作りも草間に対する敬意の表われに他ならない。
“樹木希林 meets 戸川純”と言いたくなる味わいの草間のナレーションの適度な挿入も
いいアクセントになっている。

つるまず我が道を進み続けて今も現在進行形の生き様に、
女性はもちろんのこと男性もインスパイアされること必至の傑作だ。


★映画『草間彌生∞INFINITY』
2018年製作/76分/G/アメリカ
2019年11月22日(金)から全国で順次ロードショー。
http://kusamayayoi-movie.jp/


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
HEAVY ROCK (270)
JOB/WORK (352)
映画 (327)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (50)
METAL/HARDCORE (52)
PUNK/HARDCORE (462)
EXTREME METAL (145)
UNDERGROUND? (138)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (147)
FEMALE SINGER (48)
POPULAR MUSIC (37)
ROCK (92)
本 (12)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん