なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MUNICIPAL WASTE『Slime And Punishment』

MUNICIPAL WASTE『Slime and Punishment』


2000年代の頭から活動している米国東部リッチモンド出身のメタル/バンク・クロスオーヴァー・バンド、
“ミュニシパル・ウェイスト”の6作目。

『The Fatal Feast』以来の約5年ぶりのリリースだが、
その間にメンバーのうち2人は、
2010年代に入ってから結成されたIRON REAGANの方でアルバム3作を出している。
トニー・フォレスタはどちらもヴォーカルで、
フィル・ホール(ランドフィル)はIRON REAGANではギターだがMUNICIPAL WASTEだとベースを弾く。
本作のレコーディングは、
IRON REAGANの録音技師としても活躍しているそのフィルが行なった。


“余計な事”をしない潔いバンドだから今回も間違いなしだ。
実はギターが2本になった初の作品だが、
アルバム全体の中の心憎い位置に突っ込んであるインスト・ナンバーをはじめとして
簡潔にハーモニーも挿入するツイン・ギターが活きている。
楽器構成もIRON REAGANと同じになったわけだが、
もちろん演奏者とソングライターが違えば内容も違ってくる。
歌詞も含めてIRON REAGANが素朴なフラストレイション炸裂だとしたら、
MUNICIPAL WASTEはサウンドも含めて
さりげなくプリミティヴなインテリジェンスも感じさせる。

確かにクロスオーヴァーと言われてきたパンクとメタルの混血音楽スタイルだが、
米国のS.O.D.などのへヴィ・メタル・サイドからパンクにアプローチしたバンドとは一味違う。
もっと微妙にゆるいのだ。
スラッシーでエッジの効いた音だから、
MOTORHEADタイプのいわゆるメタル・パンクとも違う。
プラケースを包んであったビニールに貼ってあるステッカーに
“FROM THE SPEED METAL PUNKS!”と書かれているように、
“スピード・メタル・パンク”という言葉がピッタリだ。

2003年のファースト・アルバムを
CAPITALIST CASUALTIESのメンバーらによるレーベルから出したことに表れているように、
もともとハードコア・パンクのシーンから出てきたバンドだから、
パンク・ロックの流れをくむ音の抜けの良さが気持ちいい。
パンク・ロック・テイストは、
デイヴ・ウィッテ(元DISCORDANCE AXIS~BURNT BY THE SUN)のドラムによるところも大だ。
IRON REAGANのドラマー(元DARKEST HOUR)のビートも適度に軽妙でメタルすぎないが、
風通しが良くて適度に乾いたデイヴのビートは今回も実にいい味を出している。

80年代の米国のバンドだとCRYPTIC SLAUGHTERにも近いが、
ちょいメタルがかった80年代後半の英国のハードコア・パンク・バンド・・・
たとえばHERESYやRIPCORD、CONCRETE SOXあたりもところどころで思い出す。
ちょいギターが遊んでコーラスを多用するキャッチーな曲の構成は、
80年代後半のスラッシーな日本のハードコア・パンク・バンドっぽかったりもする。

ウソ臭い気合マンマンものはただ疲れるだけだが、
気持ちいいツボを心得た曲作りと音作りでビシッ!と仕上げ、
こういう曲が14曲続いても聴いていて疲れないセルフ・プロデュースもお見事。
ちょい高い声域のヴォーカルも押しつけがましくなくていい。
『Cause For Alarm』(86年)や『Liberty And Justice For...』(87年)といった
クロスオーヴァーな名盤も出してきた、
AGNOSTIC FRONTのリーダーのヴィニー・スティグマがヴォーカルで1曲に参加しているのも、
ちょっとした話題である。

ブックレット裏表紙のメンバー写真が示すようにビールが美味いアルバムであることも言うまでもない。
これまた最近のへヴィ・ローテーションだ。


★MUNICIPAL WASTE『Slime And Punishment』(NUCLEAR BLAST 3233-2)CD
12ページのブックレット封入。


スポンサーサイト

STUPID BABIES GO MAD『LONG VACATION』

STUPID BABYS GO MAD『LONG VACATION』


静岡県拠点の“ハイ・スピード・パンク・ロックンロール・バンド”の4作目。
98年のアルバム・デビュー以来
IDORAなどとのsplit盤を含めてEP等も多数出してきたが、
アルバムとしては約11年ぶりのリリースになる。


『Ace Of Spades』『Iron Fist』の頃のMOTORHEAD
『Machine Gun Etiquette』の頃のDAMNED
『Hear Nothing See Nothing Say Nothing』の頃のDISCHARGEを、
ファーストのタイトルの『Speed, Thrill, Stupid!』といった感覚で混ぜたようなサウンドは健在だ。
むろん初期の肝だった伝統的なジャバニーズ・ハードコア直系の荒くれ感はさすがにないが、
今回もBorisのアツオがレコーディングに関わり、
録音とミックスをして微妙に凝った仕上がりになっている。

まずモノラル・ミックスで仕上げられているところが特筆すべきところで、
小技を効かせるベースと休み無しのドラムがグルーヴの塊になって特に真ん中からガンガン攻めてくる。
うなりを上げるエレクトリック・ギターが芯の太い電撃音であることに変わりはなく、
ブルースを感じさせつつも土臭くなくて硝煙と金属の匂いを噴き上がらせ、
鼓膜を殺る音域を狙って作ったかの如く相変わらず“耳痛”必至である。
ささくれだっているようでクールな音作りが施されてrawというより研いだ感じの響きで、
“軋みの雑音”が幻聴みたいな調子で漏れ聞こえてくるのもポイントだ。

ほとんどの曲がツー・ビートで爆走するが、
一ひねりしてもう一展開する曲作りも光り、
アルバム全体がドラマッチックな流れになっている。
ヴォーカルとギターが切なく“泣き”の感覚のメロディを滲ませ、
コーラス・ワークもバッチリで、
“殺伐としたメロディック・ハードコア・パンク”とも言えるほどだ。

繊細な声のヴォーカルは意外とシャウトが多くなく、
曲に言葉を切々と置いていくような胸に迫る独白調の歌い方が耳に残り、
こういうサウンド・スタイルにはあまりないタイプだ。
必ずしもヴォーカルを前面に出したバランスには仕上げられていないが、
歌詞の日本語はわりと聞き取れる。
収録曲のほとんどが“おまえ”に対する歌で、
ラヴソングにも聞こえるし、
“ファック・ユー!”ソングにも聞こえる。
ヴォーカルがずっと生々しくなっているのが嬉しい。

“歌”を感じる一枚。


★STUPID BABIES GO MAD『LONG VACATION』(Diwphalanx PX-319)CD
凝った紙質の12ページのブックレットが封入された約30分10曲入り。


木端微塵『ピンクの10月ウサギ 1991』

木端微塵『ピンクの10月ウサギ 1991』


脳不安(81年4月~82年1月)とFOMO=FAVEL(82年8月~83年2月)の
ベーシストとヴォーカリストらが結成し、
91年の5月から93年の1月まで活動した北海道・釧路のバンドの3曲入りのレコード。
裏ジャケットには“92年~”とクレジットされているが、
91年9月8日レコーディングとのことである。


“91年のポスト・パンク”と言いたくなる趣きだ。
ポスト・パンクと言ってもよくあるダークなやつじゃなく、
オルタナティヴ・ロック全盛の時代の突然変異で生まれたポップなサウンドである。
全曲ベースがぐいぐいリードし、
平均年齢24才とは思えないほど初々しい。

1曲目の「ブルガリアンボイスが聞こえる」はALLERGYがもっとポップになったかのようで、
後期BIG BOYSがニューウェイヴ化したみたいにも聞こえる。
2曲目の「くるくる」はところによってスカっぽいリズムも漏れてくるソリッド&タイトな音で、
初期あぶらだこっぽいコーラスもひっくるめてヘンテコぶりが楽しい“ポップ・パンク・ロック”である。
3曲目の「ピンクの10月うさぎ」は、
LAUGHIN’ NOSEの80年代半ばのメロウな曲を思い出す旋律ながら妙に躁状態のリズミカルなサウンドだ。

歌詞は曲名どおりの不思議な世界で、
妄想幻聴ワールドに聞こえる。
まさに日本語ポスト・パンクである。

硬めの紙を使ったていねいなジャケットの作りも、
ポップだろうがゴツゴツした質感の音も、
“インディーズ”というよりは正真正銘自主制作盤の匂いの一枚。


★木端微塵『ピンクの10月ウサギ 1991』(No Label PINK-001)7”EP
当時の告知ポスターに見立てたシリアル・ナンバー入りのA4サイズのミニ・ポスター封入。


OLEDICKFOGGY『壁中、月光 眼を剥く』

OLEDICKFOGGY『壁中、月光 眼を剥く』


ラスティック・ストンプとも呼ばれる東京拠点のOLEDICKFOGGYのライヴDVD。
“グッド・バイ TOUR 2016”最終日の2016年10月1日の
東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにおけるステージを収めた126分30曲入りである。


たとえ打ち込みの類いではなく伝統的な楽器を演奏していようが、
OLEDICKFOGGYが“パンク・ロックの新型”だとあらためて思った。

もちろん現メンバーで再録音した2タイトルのベスト盤に入れた曲もたくさんやっているが、
基本的に歌が聞こえるように仕上げられるスタジオ・レコーディングの音盤とは違い、
かなりやかましい。
ドラムだけでなく、
マンドリンもギターもウッド・ベースもバンジョーもアコーディオン/キーボードも、
それこそヴォーカルやコーラスも、
えらくパーカッシヴなのだ。
すべてが命のビートであり、
すべてがヴァイブレイションなのである。

14台の最新カメラ機材を導入したとのことで、
そのすべてのカメラで撮った映像をフルに活用したような作りだ。
かなり様々な角度から映されているのもポイント。
ステージの全景や各メンバーのアップはもちろんのこと、
ギターなどを演奏している手元のクローズアップやステージ真上からの撮った映像も織り交ぜている。
ライヴを楽しんでいる観客も適度なバランスで挿入。
たくさんの映像を活かそうとしたのだと思われるが、
OLEDICKFOGGYの演奏に共振したかのごとくカメラの切り替えも激しめの編集だ。

粒子がうっすらと見えるような映像力も特筆したい。。
ライティングを活かして、時に緑がかり、時に赤みがかり、
モダンなセピア色とも言いたくなるカラー映像は
昭和をアップデートしたみたいな味わいも魅力のOLEDICKFOGGYにピッタリである。

伝統的な日本のハードコア・パンクのステージ運びのようにMCほぼ無しで立て続けに曲を続け、
そういうイメージを湧かせない笑顔が似合うバンドながらストイックなほどプレイに徹している。
激しく動くわけではないにしろかなりの体力勝負で、
観ている観客にしても同じだろう。
そんな中でアコーディオン/キーボード担当のyossuxiがリード・ヴォーカルの一曲は、
ほのぼのしたアクセントになっている。

芸の一つにもになるから一概に否定はしないが言い訳に聞こえることもあるMCに頼らず、
ステージ上に凝った仕掛けはない。
歌と演奏の音楽だけで勝負している。
これといったステージ・アクションをするわけでもないが、
ただひたすら歌って演奏しているだけで
熱く切なく人間臭いナチュラルなパフォーマンスになっている。

あらためて思った。
メンバー全員、実にいい顔をしている。


★OLEDICKFOGGY『壁中、月光 眼を剥く』(Diwphalanx PX332)DVD
4ページのインナーシート封入。


DVD『サラダデイズ(SALAD DAYS)』(80年代D.C.パンクの軌跡)

SALAD DAYS


ワシントンDCの80年代のパンク・シーンを振り返ったドキュメンタリー映画のDVD。
ハードコア・パンクからポスト・ハードコア/オルタナティヴ・ロック系までフォローし、
本国アメリカでは2014年に公開されて日本でも昨年劇場公開された作品である。
もちろん日本語字幕が表示できる仕様だ。


解説文を書かせてもらいました。
オフィシャル・サイトにアップされた映画の紹介文の転載で、
これから映画を観る人のための入り口として書いたものだから、
作品を体験した人が読むことを前提に書いたライナーとはちょっと違う。

色々と考えさせられる映画である。
とにかく語りたいことがどんどん出てきて一晩は“呑み”語り明かせる映画だから、
ここであらためて書いてみた。


当時のライヴ映像や写真などを盛り込みつつ、
新たに取材した撮り下ろしのインタヴュー映像中心の構成である。
その登場メンツは当時のDCシーンのオールスターというか、
様々なバンド経験者中心に無名の人たちまでしっかり押さえている。

その反面、DCシーン以外の人間がほぼ登場しないことも特徴だ。
SONIC YOUTHを率いてきて80年代初頭までのUSパンクに詳しいサーストン・ムーアは例外で、
あとはJ・マスキス(DINOSAUR JR.他)とティム・カー(BIG BOYS他)がちょこっと登場する程度。
外部の人間の意見がほとんどない。
DCシーンの“掟”なんか知ったこっちゃないBLACK MARKET BABYみたいなアウトローもいたが、
無意識でもDISCHORD Recordsがほぼ仕切っていた当時のDCシーンと同様に徹底して内向きの作りだ。
でもそういう極端な手法によって当時のDCシーンの特異性が浮き彫りになり、
清教徒みたいな空気感も息が詰まるほど伝わってくる。

結果的にバンド紹介にもなっているが、
陳腐な反政府スローガンをブチ上げる以上に反体制と言えるDIYな取り組みの紹介はもちろんのこと、
暴力ネタ、セクシズム、ドラッグなど、
ほぼどの地でも同時代に起こっていたことがDCではどうだったかの現象の紹介がメインと言える。
もちろん“発祥の地”だからストレート・エッジの話には当然時間を割いているし、
イアン・マッケイ(MINOR THREAT~FUGAZI~EVENS他)を筆頭に、
スラム・ダンスもダイヴもクラウド・サーフも含めてライヴでの観客の危険なノり方への対処の話も、
DCならではで興味深い。


ポリティカルなイベントのシーンでよくわかるが、
いわゆる左翼でも右翼でもない市民運動家に通じるリベラルな風貌が目立つのも興味深い。
ガキっぽいのイメージのパンクと正反対でほとんどが80年代から大人の佇まいだ。

そしてイアン・マッケイを筆頭に出てくる人物のほとんどの顔があまりにも血色がいいことに驚かされる。

後期SCREAMに在籍して当時のDCシーンに関わった
デイヴ・グロール(元NIRVANA、現FOO FIGHTERS他)の発言が、
この映画でもやはり広い視野で物事を捉えていて的を射ている。
BAD RELIGION加入まもない90年代後半にインタヴューした時に目の前でタバコを吸いまくっていた、
ブライアン・ベイカー(MONOR THREAT~DAG NASTY他)の発言にもうなずける。
その二人が人間臭い顔でホッとするが、
もともと彼らはDCシーンのアウトローでやっぱり三つ子の魂百までだと思わされもした。

パンクは貧乏だから生まれたみたいな旧態依然の陳腐なイメージはナイーヴすぎて問題外だが、
当時のDCシーンは中流とも違っていたようである。
「多くは比較的恵まれた家庭の出身だ」
「親が裕福なことを隠していた人もいる」
「金持ちの家に生まれた連中はリスクを恐れずに挑戦する傾向にある。
“失敗したら大学へ”という選択肢があるからだ」
という話の部分も見どころだし、
“DCは政府が主要産業”という言葉にも妙に納得させられる。


この映画が80年代初頭のハードコアに留めてないところもポイントで、
他の地域のバンドへの影響も含めて
DCシーンが80年代半ば以降のオルタナティヴ・ロックと密接につながっていることも示す。
ハードコア・パンクからポスト・ハードコアへの流れがどうして起こったのかを、
音楽的かつ精神的な背景を絡めて解き明かす。

とはいえ狭い街だからと言ってしまえばそれまでだが、
ほぼシーン全体がハードコア・パンクからポスト・パンクのスタイルに移行したことも不思議だ。
80年代初頭のハードコア・パンクも含めてエモーショナルであるにもかかわらず、
不思議と合理的でドライなイメージも湧く。

初期USハードコア・パンクは他の地域でも短命のバンドが多かったが、
特にDCシーンのパンク系バンド全般の活動が短いことも特筆したい。
結成数年でDCから拠点を移しているし何度も活動停止しているとはいえ
なんだかんだ言ってもしぶといDCシーンの開拓者のBAD BRAINSを除けば、
ある程度コンスタントに続けているバンドがない。
一つのバンド自体が続いてないとしても別のプロジェクトでもいいのだが、
表立ってて活動を続けている人があまり見当たらない。

なぜか?を考えてみるとまた話が広がっていく。


80年代のDCシーンをリスペクトはしているのだろうが、
MINOR THREATをカヴァーしたDARKEST HOURをはじめとして、
DISCHROD Recordsと直接“仕事”はしてない90年代以降のバンドたちは
精神面などのいいところを取り入れつつ“反面教師”にもしていると思う。


なお、ボーナス映像として以下が追加されている。

<本編のアウトテイクのインタヴュー>
本編でも言いたいことを言いまくる“生粋のアメリカ人”のイアン・マッケイと
同じく御意見番のヘンリー・ロリンズ(S.O.A.BLACK FLAG~ROLLINS BANDをはじめ、
ブライアン・ベイカー、フレッド・フリーク・スミス(BEEFEATER)、
ケヴィン・セカンズ(7 SECONDS)、Jマスシス、モニカ・リチャーズ、アレックス・フライツヒ、
ニコル・トーマス(FIRE PARTY)、ピート&フランツ・スタール(SCREAM~GOATSNAKE)、
スコット・クロフォード(監督12才当時)、ジョン・ワースター
の話が計約12分。

<本編では抜粋だったライヴ映像を各々1曲ずつ丸ごと収録>
EMBRACE(MINOR THREATとFUGAZIの間にイアン・マッケイが在籍) 86年
BEEFEATER 84年
FUGAZI 90年
GOVERNMENT ISSUE 85年
GRAY MATTER 85年
HOLY ROLLERS 90年


★『サラダデイズ(SALAD DAYS)』(キュリオスコープ/ポニーキャニオン PCBE-55271)DVD
本編108分。
12ページのブックレット封入。
アウターケース付。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん