なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

OBITUARY『Ten Thousand Ways To Die』

OBITUARY『Ten Thousand Ways To Die』


80年代半ばから活動している米国フロリダ産デス・メタル老舗バンドOBITUARYの新録盤。
新曲2曲がメインのCDで、
ライヴ12曲がボーナス・トラックになっている。


1曲の「Loathe」はOBITUARYらしいスロー・チューンによる曲名通りに胸糞悪くなるほどの嫌悪グルーヴで、
ジャケットどおりに無数の屍の無念の命の中から産まれ出た怪物そのもののサウンド。
至福のフレーズのアルバム・タイトル曲である2曲目もミディアム・テンポで、
これぞOBITUARY!のドライな粘着サウンド。
録音もしているセルフ・プロデュースで文句無し!の2曲だ。

残りの12曲は今年2~3月の北米ツアーの中から11ヶ所のライヴをピックアップしてまとめたものだが、
むろん音質のバラつきなどの違和感を覚えさせない仕上がりである。
『Frozen In Time』(2005年)から1曲、
『Inked In Blood』(2014年)から2曲、
『Slowly We Rot』(89年)から4曲、
『Cause of Death』(90年)から4曲、
『World Demise』(94年)から1曲という、
最初の2作の曲が過半数を占める極端なセットリストで構成。
だがむろんなんも問題はない。

誤解を恐れずに言えばOBITUARYはロックンロール・バンドである。
ブラスト・ビートを使わず、
大ざっぱに言えばスラッシュ・メタルとドゥーム・メタルを粘着質の残忍な音でドライにブレンドし、
飲めや歌えやの“ロックンロール”の肝で笑いながら晴天の下で皆殺しにするようなサウンドだ。
ロックンロールは“いかにもの様式”のスタイルだけじゃない。
デス・メタルだってブラック・メタルだってロックンロールが根っこのバンドは無数存在するわけである

抜けのいいドラムをはじめとしてアメリカンな開放精神炸裂のダイナミズムに解放される。
メンバー写真の満面の笑顔が最近のSCORPIONSの写真みたいなところも実にクール。
浴びれば生き延びられる一枚だ。


★OBITUARY『Ten Thousand Ways To Die』(RELAPSE RR7364)CD
計約55分13曲入り(そのうちメドレーの2曲は1トラック扱い)。
帯付き。


スポンサーサイト

DARKTHRONE『Arctic Thunder』

DARKTHRONE『Arctic Thunder』


ノルウェー拠点に80年代の後半からコンスタントに活動し、
ブラック・メタルのイメージの強い“エクストリーム・メタル・デュオ”DARKTHRONEの約3年半ぶりの16作目。
エンジニアとミックスはノクターノ・カルト(vo、g、b)が行ない、
前作に引き続きジャック・コントロール(元WORLD BURNS TO DEATH、現BUTCHER)が
マスタリングを手がけている。
緻密な作りでありながら、
ゆるくてプリミティヴでヒリヒリした生々しい質感の仕上がりも最高の作品だ。


一般人でも開かれた意識であればその時々で多少やりたいことが違ってくるもので、
ミュージシャンだとそれがレコーディング・アルバムなどの作風に表れる。
DARKTHRONEは“ブラック・メタリック・ハードコア・パンク”の流行りを予見して嘲笑うかの如く、
2000年代に日本のバンドも含むハードコア・パンクからの影響の強い曲も多数放ったが、
変わったも変わってないもヘッタクレもない。
メタルもパンクも関係なくロックでいいじゃないか。
いつも書くように音楽も映画も文章もウワベのカタチではなく“行間”の意識に耳を傾けるものだから。


今回はブラック・メタルに“回帰”したとも言えるが、
ブラスト・ビートで突っ切るタイプではなく、
ずっとDARKTHRONEの中で発酵し続けている“ブラックの種”がじんわりと広がる曲が連なる。

ツー・ビートを挿入しつつスロー~ミディアム~アップ・テンポで推移しながらノリが良く、
またまたパンク・ロックとの接点が見えてくるほどフック十分の曲作りも冴えている。
パワー・メタルも含めてスラッシュ・メタル前夜の80年代の暗黒ヘヴィ・メタルに、
パンクの“ファック・ユー!”アティテュードの弾を撃ち込み、
ブラック・メタルの暗赤色の血で塗りたくったかのようなアルバムだ。
異形のメタルと畸形のパンクの混血にも聞こえる。
ブックレットで2ページ割いてビッシリ名前を挙げたサンクス・リストには
リー・ドリアンの名前もクレジットされているが、
彼がやってきているCATHEDRALWITH THE DEADとの接点も大いに感じられる。
裏ジャケットでフェンリッツ(ds他)はNAPALM DEATHのTシャツを着てキメてもいる。

シューゲイザーっぽいパートでも響きがやっぱり違って耽美にはなり得ぬ光が鈍く輝く。
嫌悪憎悪のヴォーカル、
殺伐としたギター、
味のあるトーンで重く抜けのいいビートを放つドラム、
そのどれもが個性的で、
響きに人間が表われるとあらためて思い知らされる。
深いところに届く重金属の響きはまさに記号化され得ないヘヴィなメタル。
愛と平和から遠く離れ、
アルバム・タイトルどおりの“極寒の雷鳴”サウンドは、
むろんメタルの肝の荘厳な邪悪な匂いムンムンである。

3曲は歌詞を載せずにブックレットにはイメージ画だけを載せているが、
すべて英語で歌われていると思われる。
何かの“念”を感じさせるヴォーカルが、
本作収録曲「Inbred Vermin」のタイトルである“生まれつき/近親交配の害虫”のニュアンスの世界観を歌い綴る。

ひとつひとつの音に吹き込んだ思いの強さがジャンル問わずそこいらのバンドと根本的に違う。
にもかかわらず緊張感と殺意に満ち満ちているというよりは
いい意味で余裕が感じられる作り。
それもまた根が“ロックンロール”であることの証しであり、
なにより映画のエンドロールみたいなアルバムのエンディングがまさに“ロックンロール”ではないか。
だからこそ気持ち良くてしょうがない貫禄の一枚だ。


★DARKTHRONE『Arctic Thunder』(PEACEVILLE CDVILEF568)CD
12ページのブックレット封入の約40分8曲入り。


SERPENTINE DOMINION『Serpentine Dominion』

SERPENTINE DOMINION『Serpentine Dominion』


KILLSWITCH ENGAGE
のリーダーのアダム・ デュトキエヴィッチが中心になった
米国の“新型エクストリーム・メタル・バンド”のデビュー作。

他のメンバーは、
CANNIBAL CORPSEのジョージ・コープスグラインダー・フィッシャー(vo)と、
BLACK DAHLIA MURDERのシャノン・ルーカス(ds)である。
アダムはこのアルバムでギター、ベース、ヴォーカル、プロデュース、録音、ミックスを担当。
歌詞はアダムとKILLSWITCH ENGAGEのジェシー・リーチが書き、
アートワークはKILLSWITCH ENGAGEのマイク・ダントニオが手掛けている。

以上のメンツから想像できる期待を裏切らない作品だ。

ジョージがリード・ヴォーカルだからというだけでなく
さりげなくジャズっぽい展開も含めてCANNIBAL CORPSEを思い出すデス・メタル・パート中心で、
ブラスト・ビート全開の猪突猛進パートや混沌のミディアム・テンポのパートで押す曲も含むが、
デス・メタルと言い切れないサウンドである。
メロディアスなインスト・ナンバーとアコースティックなインスト・ナンバーの2曲に加え、
曲によってはKILLSWITCH ENGAGEを思わせるメロディアスなサイド・ヴォーカルも入り、
叙情性もアクセントになっているのだ。
もちろん既存のメロディック・デス・メタルのスタイルとは一線を画す。
簡潔なギター・ソロで鮮血のメロディが噴き出し、
アダムの作曲ならではのフックがどの曲にも設けられていて暗雲の中から光も差し込んでいる。

音楽性はデス・メタル寄りでも歌詞はポリティカルなニュアンスが強い。
シリアをはじめとする中東、アフリカ北部、アフガニスタン~パキスタンなど、
世界中の紛争の現場をイメージする。
アルバム全体が哀切の念に貫かれていて悲嘆が簡潔に凝縮された聴き応え十分の一枚。


★SERPENTINE DOMINION『Serpentine Dominion』(METAL BLADE 3984-15490-2)CD
12ページのブックレット封入の約27分9曲入り。


SCOUR『Scour』

SCOUR.jpg


フィリップ・H・アンセルモ(vo、元PANTERADOWN~SUPERJOINT RITUAL)、
デレク・エンゲマン(g、CATTLE DECAPITATION)、
チェイス・フレイザー(g、元ANIMOSITY)、
ジョン・ジャーヴィス(b、PIG DESTROYER~AGORAPHOBIC NOSEBLEED)、
ジェシ・スコベル(ds、STRONG INTENTION)
によるバンドの約14分6曲入りのデビュー作。

アンセルモは各国の政治家トップ・レベルの失言/妄言/放言で“毎度お騒がせします”な人である。
自己愛が強くて他人の気持ちなんか知ったこっちゃない本音を隠せぬお馬鹿さんということだが、
不良を気取ってたくせにトレンドに乗って自分を棚に上げて愛と平和と正義を語り出す善人気取りでブレまくりの
調子がイイ人間よりよっぽど信用できる。
アンセルモが色々とやってきているプロジェクトは
なんだかんだいっても一定のクオリティは超えているし、
今時珍しくビッグ・ネームになろうが感情の“波”と“揺れ”が激しい正直な素行不良ぶりも変わらない。

このCDも良からぬことを企んでいる不穏な空気がうなりを上げている。
ハードコア・パンクとブラック・メタルの邪悪な邂逅とも言うべき音像で、
本作のカタログ・ナンバーが“HardCore”と不吉な数字“666”を組み合わせいるのも偶然できない。
クラスト・コアとドゥーム・メタルも“不幸な形”で混ざり込んでいる。
作曲とアレンジはエンゲマンが手掛けているが、
アンセルモが関わるバンドに共通するいい意味でキャッチーな作りも特筆すべきで、
斬新ではないかしれないがポイントを押さえた応用力も健在だ。

失意が悪意が敵意に深化して殺意に至る過程みたいな人間の自然な意識の流れも見えてくる。
原初的ブラック・メタル・スピリットが息づく妄想が逆噴射した歌詞も相変わらずイカれている。

自分だろうが他人だろうが殺したくなったらこれを全身に浴びよう。
手遅れになる前に。


★SCOUR『Scour』(HOUSECORE HC0666EP)CD
デジパック仕様の約14分6曲入り。


HELLCHILD『・・・To The Eden』

HELLCHILD『…To The Eden』


14年間の“冬眠”を経て昨年再始動した、
東京拠点の“エクストリーム・メタル・バンド”のリイシュー盤。
HELLCHILDの初のCDだった92年リリースの4曲入りの作品『・・・To The Eden』に、
87~91年録音の5本のテープ作品に収めた22曲と未発表ヴァージョンの1曲を加えた、
計約122分27曲入りの2枚組CDである。

93年にファースト・フル・アルバム『Where The Conflict Reaches』を出す前の初期音源集とも言える。
ジャンル問わず引っ張りだこの中村宗一郎のマスタリングも奏功し、
カセット収録のデモやライヴの曲も含めて各パートがしっかり聞こえる音像に仕上がっているCDだ。


デス・メタル・バンドとして認知されているバンドだが、
その範疇に留まらないバンドである。
大半のデス・メタル・バンドと違ってギタリストが一人ということで音作りの方法論が異なるし、
マッチョに押し倒す大味サウンドとも違って緻密かつコンパクトに迫る。
活動停止直前はドゥームがかったヘヴィ・ロックになっていたし、
2001年にはCONVERGEとのスプリット盤『Deeper The Wound』が
そのヴォーカルのジェイクのレーベルであるDEATHWISH Records第一弾として出たことも象徴的だ。
いわばスラッシュ/デス・メタルからドゥームメタル~メタル/カオティック・ハードコアまで包容してきたバンドで、
本作で言うならば特に80年代にレコーディングした曲はデス・メタルと言い切れない。
「Hellchild」という曲をやっているVENOMの流れをくむ“外道メタル”を進化させていったバンドということが、
よくわかる構成だ。


まずこのCDの中で一番新しい録音である本編の『・・・To The Eden』の4曲から始まるが、
これぞHELLCHILDスタイル!と言うべきデス・メタルだ。
デス・メタルには記憶するのが難しい曲も多いが、
キャッチーなギター・フレーズを織り込んでいるのもHELLCHILDならではで、
かなり久々に聴いて僕も全4曲しっかり覚えていた。
ブラスト・ビートは使わず、
DEATH meets OBITUARY”とも言いたくなる叙情性とスラッシーなリフが際立つサウンドだ。
そして現在はSWARRRMなどでも喉を震わせるツカサ・ハラカワの骨っぽいヴォーカルも
巷のデス・メタルのデス・ヴォイスとは完全に一線を画すストロングな芯に貫かれているのであった。

ツカサの加入が影響したのかどうかは定かじゃないが、
彼が咆哮するようになった90年以降の録音の他の15曲に耳を傾けると、
それ以前よりも曲を練っていてデス・メタル色が強まっている。
ギターもエッジが尖っていてリフがクールに研ぎ澄まされ、
ミディアム・テンポの曲のカッコよさも再認識させるのだ。


前記した『…To The Eden』の4曲が終わって5曲目以降は時系列で曲が並べられ、
進化していく様子が見えてくる。
極初期の87年と88年の録音はスラッシュ/デスとも呼びたくなるサウンドで、
その2本のテープのパッケージに
“スラッシュ・コア”“ニュー・ウェイヴ・オブ・スラッシュ”という言葉が躍っているのも納得のサウンドだ。
BATHORYあたりに通じるデス/ブラック・メタルとハードコア・パンクの接点になるような音楽性で、
当時のヴォーカルのタカマサ・ホソノの歌い方はもっとバンカラでハードコア・パンクとブラック・メタルの色も強い。
ブッつぶれたギターをはじめとして粗削りの音もたまらないし、
ニュースクール・ハードコアの先駆けみたいな曲もやっていて興味深すぎるのだ。


ジャンル関係なく一生懸命に取り組んでいるどんな初期表現に対しても言えることだが、
このCDも新しく何かを生み出そうする熱気に圧倒される。
アウトローな“エクストリーム・メタル”好きはもちろんのこと、
内外問わずアンダーグラウンドのロック全般が好きな方の心にも響く発見多々のグレイト・リイシューだ。


★ヘルチャイルド『トゥー・ジ・エデン』(RITUAL RRJP-1369)2CD
クレジット、本編の歌詞、本作収録曲の初出の作品のアートワーク、ライヴのチラシ、
オリジナル盤もリリースしたRITUAL Recordsの主宰者ならではの事実関係を綴るライナー等で彩った、
12ページのブックレット封入。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん