なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

橋本孝之『ASIA』

橋本孝之 ASIA_jacket


2009年に大阪で結成されたデュオ・ユニットの.es(ドットエス)のメンバーである、
鬼才・橋本孝之(Takayuki Hashimoto)の新作。


2015年にあぶらだこ長谷川静男のメンバーによるkito-mizukumi rouberの正式メンバーとなり、
昨年GUNJOGACRAYONが出した『Gunjogacrayon』では
ほとんどメンバーのようにサックスを吹きまくるなど、
他のアーティストとのコラボレーションにも積極的な音楽家である。

これはハーモニカ独演盤の『SIGNAL』以来の約1年ぶりのソロ4作目だが、
今回は2014年のソロ・デビュー作『COLOURFUL』でも聴かせた橋本のメイン楽器といえる
アルト・サックス独演盤だ。
昨年10月の東京・新宿のART SPACE BAR BUENAにおけるライヴで、
26分42秒“一曲”勝負である。


能書き無し。
言い訳無し。
甘え無し。
間延びしたところもまったく無し。
一度聴いたら一生忘れない泣く子も黙るハードコアなブロウだ。

一瞬一瞬にケリをつけるかの如きストイックなほど強靭なサックスである。
すばしっこく、
時に飄々と、
泣き、鳴き、咆哮する。

ハードボイルドな橋本のヴィジュアルと共振したかのように、
クールに洗練されているようで骨太だ。
陰影に富む音色は艶っぽく、
デリケイトな歌心が豪胆に震える。

すっくとまっすぐに立って真正面を向いてサックスを吹く橋本の演奏姿が目に浮かび、
こっちの姿勢も正される切っ先鋭い響きだ。
吹くほどに研ぎ澄まされ情緒を削ぎ落しているがゆえに生まれた加速が連なり、
無音に聞こえる澱み無き静寂の時間にまた気持ちが引き締まる。

kito-mizukumi rouberのメンバーになっているだけに橋本もくだけることはある。

だが冷厳なほど“弧”を感じさせるアルバムだ。
孤独でもなく孤高でもなく孤立でもない。
“個”として向き合うことを迫られ、
“弧”を実感させる無心の真剣勝負。
おのれと対峙しているからこそ恐ろしく音が屹立している。


美術作家・韮澤アスカの作品を使ったジャケットも鮮烈だ。
今回も自身のポートレート写真を元にしたアルバム・カヴァーにするアイデアもあっただろうが、
.esの“フランチャイズ”でもあるギャラリーノマルで今春開催した彼女の展覧会リリースを見て、
橋本自身がピン!ときて決めたようである。
「(韮澤は)生と死をテーマに持った作家ですので、いろんな意味で、今回の新譜にぴったり」という、
とある関係者の発言に僕も同意する。
異色のようでジャケットを見ながら耳を傾けると、
アジアっぽい旋律を吹いているわけではないにもかかわらず『ASIA』というタイトルもしっくりくるし、
作品トータルでこれまで以上に橋本のイメージがヴィヴィッドに広がっていく。


そしてこのCDは、
レコード店のモダ~ンミュージックの店長でインディ・レーベルのPSF Recordsの主宰者だった、
生悦住英夫を追悼する作品でもある。
個人的にも生悦住が2013年に.esのCD『void』をリリースしなかったら
.esや橋本との出会いはずっと遅れていた。
身内だろうがめったにホメない生悦住が.esと橋本はいつも絶賛していた。

生悦住の他界前の録音だが。
僕には鎮魂歌に聞こえる。

と同時に橋本のサックスが、
普遍的に悼み、
普遍的に鼓舞する響きだとあらめて思わされた。


これぞグレイト。


★橋本孝之『ASIA』(Nomart Editions NOMART-113)CD


スポンサーサイト

太田惠資×加藤崇之×坂本弘道『ELECTRIC』

太田惠資×加藤崇之×坂本弘道


あまりどこかに所属することなく実に多彩な活動を繰り広げている自由人の音楽家3人が、
2014年の10月に行なったライヴを編集したCD。
1956年熊本生まれの太田惠資(ヴァイオリン、ヴォイス)は渋さ知らズにも参加し、
坂本弘道(チェロほか)パスカルズなどのバンド活動のほかに
友川カズキやUAなどのバックで演奏もして舞踊劇の音楽も担当し、
1955年生まれの加藤崇之(ギター、メタル・パーカッション)はこのブログでもお馴染みの奇才だ、

2年前の前作『ACOUSTIC』とは打って変わって“エレクトリック編”とのことである。
曲名から察するに全6曲すべてインプロヴィゼイションのようだが、
本作をリリースしたレーベルの主宰者の藤掛正隆による要所を押さえた簡潔なエディットも奏功し、
聴かせどころを設けた“曲”としてまとめられてCD全体で一つの流れを成している。
一つ一つの響きはシャープに研ぎ澄まされ、
けっこうリズミカルな音の中から彫りの深いメロディが滲み絞り飛び出してくる。

70年代のKING CRIMSONの静かなパート、
特に『Lizard』や『Island』あたりのムードも漂っている。
“数式”から解き放たれたロバート・フリップ(KING CRIMSON)みたいな狂おしいエレクトリック・ギターも聴きどころで、
ブルージーな鉛色のギター・ソロにも痺れる。
映画や演劇に使われるようなアンビエント・チューンも含むし、
フリー・ジャズとチェンバー・ミュージックが交錯したような演奏もスリリングだが、
野獣だか人間だかの叫び声みたいな音声も聞こえてくる飼いならされぬサウンドで、
ロックとしても楽しめる一枚。


★太田惠資×加藤崇之×坂本弘道『ELECTRIC』(FULLDESIGN FDR-2029)CD
薄手のプラケース仕様約44分6曲入り。


JOJO広重『トリプル・エコー ライブ~Triple Echo Live~』

170429 JOJO広重『Triple Echo Live』


非常階段のリーダーのJOJO広重(Jojo Hiroshige)が、
今年2月に東京・渋谷のアップリンクで行なったソロ・ライヴを完全収録した約76分のCD。
“トリプル・エコー”シリーズのCDに沿ったパフォーマンスで、
2種類のドローン音源とエレクトリック・ギターのブレンドを試みたステージである。

非常階段の盟友・T.美川(INCAPACITANTS)のエンジニアリングと、
非常階段の最近のライヴでもお馴染みのナスカ・カー中屋(NASCA CAR)のマスタリングで、
“現場”の緊張の空気感を再現したデリケイトな音に仕上げられているところをまず特筆したい。

中身の方はスタジオ録音盤のニュアンスがライヴでどう“再現”されたかも聴きどころだが、
あの“超音”が新たな表情でオーディエンスを貫いている。
高音域の持続音とミニマルな反復音が融合し、
推移して表情が変わりながら音はまっすぐ鳴り続ける。
“エレクトリック・ドローン”と呼びたい妖しく発光する強靭な持続音の放射は、
やはりこれまたたいへんな“危険物”であり、
真正いや“真性”の研ぎ澄まされた覚醒の調べだ。

非常階段のライヴも基本的には“持続音”だからこのCDもその流れとも言える。
ただ非常階段や広重の他のソロ作の何倍も“トリプル・エコー”シリーズのCDでは
ルー・リードの『Metal Machine Music』との接点が見えてくるが、
中でも今回のライヴ盤は特に顕著である。
『Metal Machine Music』の邦題だった“無限大の幻覚”というフレーズもぴったりだ。

姿勢を正され、
聴いているといつのまにか自分自身に向き合うようになっていく響きでもある。
コズミックな感覚も息づいているから、
広重が大ファンのHAWKWINDとの接点も見えてくる宇宙音にも聞こえる。
収録されているのは“1曲”だが、
そのタイトルが「Triple Echo From Inner Dream Music」と題されているのもうなずける一枚。


★JOJO広重『トリプル・エコー ライブ~Triple Echo Live~』(ALCHEMY ARCD-258)CD
“数量限定盤”とのことだ。


死神『共喰いの未明』

死神『共喰いの未明


2004年から東京拠点に活動している男性アーティストのサード・アルバム。
唄、ギター、打楽器、作詞、作曲、編曲を一人で担当したCDだ。

デリケイトな弦の震えをたたえたギター弾き語りでほぼ全編唄い倒し、
じっくり、じっくり、長めの曲を歌い進めていく。
フォークと言えそうな音楽スタイルだが、
奇をてらったプレイをしなくてもいわゆるフォークのスタイルから微妙に逸脱し、
“アヴァン・フォーク”とも呼びたくなる長めの曲の短編映画6篇で構成したかのような、
ある種のプログレのようにドラマチックなCDだ。

演歌ではないが、
歌声は“艶歌”であり、
歌の内容は“炎歌”であり“怨歌”であり“厭歌”でもある。
詠唱にも聞こえる。
ただ、ベタと言えるほど“ネガティヴなイメージの言葉”も多用するとはいえ、
いかにもの日本情緒ベッタリの歌とは一線を画し、
歌詞も含めて硬質な表現が光る。

ところによっては早川義夫を思い出すが、
もっとまっすぐな発声だ。
朗吟と言ってもいいほどである。
“死神”という名ゆえにキワモノのイメージも湧くが、
ピュアな喉の震えで強靭。
このCDは卑屈を突き抜ける。
印象に残るメロディ・ラインのソングライティングも特筆すべきで、
音も美しい。

ヒトという“種”に真正面から向き合っているがゆえの地獄絵図の“共喰いラヴソング”である。


★死神『共喰いの未明』(伊丹社 ITMS-965)CD
丁子紅子が担当したジャケット画の約40分5曲入り。


泉邦宏『近未来原始人 イズミンゴス』

泉邦宏『近未来原始人 イズミンゴス』


渋さ知らズに参加してきたことで知られる多芸多作な音楽家、
泉邦宏のニュー・アルバム。

作品ごとに様々な顔を見せつつ、
ソロ活動で増えている歌ものはもちろんのこと、
たとえ前衛っぽいことをしても毎度人なつこくて大衆食堂の味わいは変わってない。
今回も奇才ぶりを発揮し、
音の重ねを駆使した独演でミックスもマスタリングも一人でやって仕上げている。

珍しく“電気楽器”を使いまくっているらしいが、
もちろん泉のメイン楽器のサックスも活躍。
とはいえ何の楽器等を使っているのはわからない。
嬌声みたいなヴォイスからサックスの艶やかな演奏で背後に怪しい音が踊る不気味な曲で始まり、
人を食ったヴォイス・パフォーマンスが続き、
電子音楽のような音でフリー・ジャズをおっぱじめ、
“宇宙ヴォイス”によるアカペラも繰り出す。
ぶよぶよぐにょぐにょのラテン風の弾力プリミティヴ・ビートが鳴り、
電子音が転がり、
サックスが哀愁の映画音楽みたいな曲あり、
サックスが流浪の民みたいなイメージでサン・ラーも思い出す曲あり。
最後の最後は生活雑音のような音がラジオの混信みたいな音声になって混沌とする。

時にシリアス、
だが微笑ましい“泉邦宏節”に磨きがかかっている
冗談のようで本気であり、
平和への“いのり”と“レクイエム”が聞こえてくる。
「イズミンゴス」「唱和」「交信」「みんみん」「しゅわしゅわ」「風」「ぶるぶる」「探査船ラスタ号」
「ぶーぶー」「いのり」「ハレハレ」「らりむー」「レクイエム」「生活」といった、
曲名からもアルバムの情景が目に浮かんでくる。

まさにジャケット画がハマった近未来と原始の邂逅ミュージック。
タイトルどおりの架空の映画のサントラそのものの怪作、
いや快作だ。


★泉邦宏『近未来原始人 イズミンゴス』(キタカラ K-28)CD
内側にセルフライナーが載った二つ折りのペーパー・スリーヴ仕様の約67分14曲入り。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (288)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (400)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (91)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (118)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん