なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

WHITE LUNG+NU SENSAE『Clown Life』&7月30日西荻窪FLAT

WHITE LUNG NU SENSAE


甘えを感じさせない女性ヴォーカルを擁するカナダのパンク・バンド同士のスプリット7”レコード。

これまでに3枚の7”やCDとLPでアルバム1枚を出しているWHITE LUNGは、
初期はメンバー全員女性だったが数年前からドラマーが男性。
昨年の傑作アルバム『It's The Evil』の流れをくむ素ン晴らしい出来で、
The SMITHSの繊細さとハードコアの荒っぽさを融合させたような最高のパンク・ロックだ。

NU SENSAEはヴォーカル/ギターの女性と男性ドラマーとのデュオ。
90年代初頭までのSONIC YOUTHのパンク・ロック感覚に初期JESUS & MARY CHAINが噛みつき、
2011年に蘇生させたかのようなサウンドだ。
じゅくじゅくしてくるスピード感といい後半の盛り上がりといいこちらもゾクゾクしてくる。

共に1曲ずつという意味ではコスト・パフォーマンスが高いとは言いがたい一枚だが、
共に1曲に誠心を込めたことが伝わってくる。
本作の雰囲気がよく表れているフォト・セッションのジャケットも含めてオススメ。


★WHITE LUNG+NU SENSAE(DERANGED/NOMINAL DYI90/NOMIO19)7”+DLクーポン



PS
色々詰まって引きこもりの仕事が何日も続いたあと昨日(7月30日)西荻窪FLATに出向く。
企画名は“NEVER SURRENDER 2”で登場バンドは以下のとおり(出演順)。
ThirtyJoy/AMNESEA/えんだぶあ/GOUM/NK6/THE TOLCHOCKERS
感動したバンドありファニーで笑ったバンドありで結果が見えず全体で面白いライヴだった。
みんなバラバラないい感じの一体感もスタジオ的なno stageスペースのFLATならでは。
こういうパンク/ハードコア・ギグならどんどん行きたくなると思ったしだい。


スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (243)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん