なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

DEAFHEAVEN『Roads To Judah』

DYMC-149.jpg


米国サンフランシスコ出身の“ブラック・メタル・バンド”のファースト・アルバム。
アメリカではCONVERGEのジェイク・バノンのDEATHWISH Recordsからリリースされている。

ブラスト・ビートとトレモロ・ギターで飛ばすところや
わめき一筋のヴォーカルはブラック・メタルのスタイルだが、
ヘヴィ・メタル伝統の汗臭く野蛮で邪悪なヴァイブレイションとは一線を画す。
突っ走るパートのギターはシューゲイザーが加速したかのようだし、
ポスト・ロック~ポスト・メタルに近い美麗の響きもたたえている。
タメの利いたリズムのウエイトも高く、
非メタルな耽美テイストは
ここ数年のBORISの耽美テイストの曲も思い出すが、
全般的にゆったりした轟きはMOGWAIにも近い感触なのだ。

12分台、6分台、9分台、9分台という4曲を、
緩急織り交ぜてじっくりと展開。
研ぎ澄まされた音は象徴主義的な歌詞と相まってポジティヴな光を発している。
アメリカンの新世代ならではのブラック・メタル解釈と言えるモダンなアルバムだ。

日本盤には4曲のボーナス・トラックもプラスされている。
2010年のデモ作品に収めた曲と同じようだが、
同テイクかどうかは不明。
けど4曲とも本編とダブらず音質が多少ラフな程度で、
アコースティック・ギターのインストの小曲も含む楽曲クオリティも遜色ないからお買い得である。


★デフヘヴン『ローズ・トゥ・ユダ』(デイメア・レコーディングス DYMC-149)CD
紙ジャケット仕様。
日本盤は4曲追加の約63分8曲入りで、
本編の曲の歌詞の和訳付。


« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (288)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (398)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (91)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (118)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん