なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ARCTIC FLOWERS『Procession』

ARCTIC FLOWERS『Procession』


元SIGNAL LOST~DEATHREATのスタンがギターやシンセサイザーを演奏し、
女性ヴォーカルを擁する米国北西部オレゴン州ポートランドのバンドが、
ファースト・アルバム『Reveries』に続いてリリースした5曲入り。

70’s UKパンクからポスト・パンクへと移った80年前後の英国シーンみたいに
パンク/ハードコアからポスト・パンクへ・・・という流れも2000年代以降目立つ、
USアンダーグラウンド・シーンを象徴するレコードの一枚だ。
ベースも目立つから比較の対照になるが、
JOY DIVISION云々と呼ぶには乾いたアメリカン・フィーリングに覆われて
いい意味で大陸的なスケールを感じさせる。
アナーコ・パンク通過後のデス・ロック・チューンという点も含めて、
DEATH CULT~初期CULTがもっとパンク・ロックになったかのようなサウンドだ。
ウォーカルはクールに歌い放ちながらもオーガニックと言えるほどナチュラル。
突き放すようなトーンが印象的である。

5曲入りでトータル・タイムが特に長いわけではないにもかかわらず7”EPとLPの間の販売価格のようだが、
これだけ彫りの深い音は45回転の12”EPでしか出せない。
ジャケットと歌詞を眺めながらじっくり向き合って味わいたい一枚。


★ARCTIC FLOWERS『Procession』(No Label AF-2)12”EP
実際のジャケットは↑の画像のような上部の赤い文字は入ってない。
裏に歌詞が掲載されているデザインもボール紙の質感も味わい深い。


« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん