なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

泉邦宏『近未来原始人 イズミンゴス』

泉邦宏『近未来原始人 イズミンゴス』


渋さ知らズに参加してきたことで知られる多芸多作な音楽家、
泉邦宏のニュー・アルバム。

作品ごとに様々な顔を見せつつ、
ソロ活動で増えている歌ものはもちろんのこと、
たとえ前衛っぽいことをしても毎度人なつこくて大衆食堂の味わいは変わってない。
今回も奇才ぶりを発揮し、
音の重ねを駆使した独演でミックスもマスタリングも一人でやって仕上げている。

珍しく“電気楽器”を使いまくっているらしいが、
もちろん泉のメイン楽器のサックスも活躍。
とはいえ何の楽器等を使っているのはわからない。
嬌声みたいなヴォイスからサックスの艶やかな演奏で背後に怪しい音が踊る不気味な曲で始まり、
人を食ったヴォイス・パフォーマンスが続き、
電子音楽のような音でフリー・ジャズをおっぱじめ、
“宇宙ヴォイス”によるアカペラも繰り出す。
ぶよぶよぐにょぐにょのラテン風の弾力プリミティヴ・ビートが鳴り、
電子音が転がり、
サックスが哀愁の映画音楽みたいな曲あり、
サックスが流浪の民みたいなイメージでサン・ラーも思い出す曲あり。
最後の最後は生活雑音のような音がラジオの混信みたいな音声になって混沌とする。

時にシリアス、
だが微笑ましい“泉邦宏節”に磨きがかかっている
冗談のようで本気であり、
平和への“いのり”と“レクイエム”が聞こえてくる。
「イズミンゴス」「唱和」「交信」「みんみん」「しゅわしゅわ」「風」「ぶるぶる」「探査船ラスタ号」
「ぶーぶー」「いのり」「ハレハレ」「らりむー」「レクイエム」「生活」といった、
曲名からもアルバムの情景が目に浮かんでくる。

まさにジャケット画がハマった近未来と原始の邂逅ミュージック。
タイトルどおりの架空の映画のサントラそのものの怪作、
いや快作だ。


★泉邦宏『近未来原始人 イズミンゴス』(キタカラ K-28)CD
内側にセルフライナーが載った二つ折りのペーパー・スリーヴ仕様の約67分14曲入り。


スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (236)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (87)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん