fc2ブログ

なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

Stacked State『37 Tracks E.P.』

Stacked State


大阪拠点のパンク/ハードコア・トリオが結成5年目にリリースしたデビューCD。
メンバーは、
ばったん(g、現・五臓六腑)、
いたさん(b、現・ノラ一味)、
四宮立(ds、元The SPROUTS)で、
全員がヴォーカルをとる体制だ。

CDタイトルにEPと記されているのも納得の計11分49秒の尺だが、
37曲入りだから
一部流通担当のMCR COMPANYのサイトに書かれているように1stアルバムとも言える。

コーラスの入れ方を含めてGAUZEが80年代のS.O.B.と交わって曲が短くなったかのようだ。
ファストコアともスラッシュ・パンクとも言いかねるスピードで曲を連射していくが、
平均19秒の尺の中にどの曲も短いフックを設けていて、
ただ速いだけでなく色々な音楽ジャンルの要素をちょろりとブレンドしているところがミソ。
ある意味キャッチーなのだ。

あまり聞き取れないが、
日本語を加速させているからヴォーカルもユニーク。
気合の恫喝系とは真逆のシャウトを連発し、
内省的ですらある。
36曲表記ながら、
37トラック目にはNIRVANAの代表曲のイントロみたいなフレーズが一部だけ録音されている。
それが“なるほど・・・”と思えるほどの焦燥感や空漠感も滲む一枚。


★Stacked State『37 Tracks E.P.』(3654 3654-03)CD
歌詞と思しき言葉が内側に載ったペーパー・スリーヴ仕様。


スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)、
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)、
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)<以上リットーミュージック刊>、
『メタルとパンクの相関関係』(2020年~BURRN!の奥野高久編集部員との“共著”)<シンコーミュージック刊>
を発表。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、ギター・マガジン、ヘドバンなどで執筆中。

https://twitter.com/VISIONoDISORDER
https://www.facebook.com/namekawa.kazuhiko
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
HEAVY ROCK (275)
JOB/WORK (450)
映画 (396)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (58)
METAL/HARDCORE (53)
PUNK/HARDCORE (512)
EXTREME METAL (152)
UNDERGROUND? (199)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (160)
FEMALE SINGER (51)
POPULAR MUSIC (42)
ROCK (101)
本 (13)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん