なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

UK SUBS『XXIV』

UK-Subs-XXIV.jpg


UKパンク・ロックのベテラン・バンドの新作。
編集盤などのリリースも非常に多いバンドだが、
UK SUBS自身としてはタイトルどおりに24作目に位置づけたアルバムである。
意識が加速しているのであろう最近の彼らにしてはインターバルが短く、
前作『Work In Progress』から2年ぶりのリリース。
メンバーもプロデューサーも同じで、
ボーナス・トラック含めて約66分26曲入りのヴォリュームである。


本編は哀愁のピュア・パンク・ロック14曲から成る。
ロックンロール~R&Bを踏まえたストロング・スタイルを基本とし、
ブルースとハードコア・パンクの接点で加速する曲の数々もUK SUBSの真骨頂である。
キャッチーであるにもかかわらずコマーシャルじゃないUK SUBSならではのソングライティングも健在で、
若干もっさりした曲も昔からUK SUBS伝統の侘び寂びってもんである。
80年から断続的にメンバーであり続けて本作では2曲ヴォーカルも務めたアルヴィン・ギブズ(b)を中心に、
演奏もがんばっている。

今回のCDは手に取って歌詞にしっかりと向き合いたくなる重み十分のパッケージになっており、
その内容がまた実にイイ。
たとえプロテストをしてもいい意味でやさしいまなざしなのである。
一面的ではなく物事を広く深く見ており、
「Garden Of Good And Evil」という曲はタイトルからしてグッとくる。
来月69歳になるはずのチャーリー・ハーパー(vo)。
タイトルどおりに“死”を意識したような曲「Memento Mori」で飛ばしながら本編を締め、
「Speed」という曲では“俺たちにはスピードが必要だ”と歌う。
歌詞全体を読む限りここでの“speed”は覚醒剤の意味ではなく素直に解釈したいが、
いまだ速さを求めていることに感服するしインスパイアされる。
なにしろたいへんシンプルな言葉のアタックが胸を打つのだ。
まさにこれぞパンク・ロック!である。


さらに12曲の“ボーナス・アコースティック・トラック”が追加されている。
ヴォーカル+アコースティック・ギター(+時折ベース+エレクトリック・ギター・ソロ)での録音だ。
MOTT THE HOOPLEの「Angel Of Eight Avenue」と
ニール・ヤングのヴァージョンでも知られるBROTHRS FOURの「Four Strong Winds」のカヴァーが、
まず渋くて痺れる。
そして何よりオリジナル曲が素晴らしい。
本編の曲とダブらず過去の有名曲をやっているわけでもない。
“パンクだからテキトーでいい”なんて即席パンクに中指立てるかのようにパンクだからしっかり曲を書く。
そんな地に足の着いた姿勢だからこそ古びることなく35年以上ほぼコンスタントに活動を続けてきた。
わざとらしいパンク・フォークみたいなやつとは次元が違い、
ナチュラルな発声だからこそまっすぐに気持ちが届く“アコースティック・ロックンロール・パンク”。
穏やかなトーンで物哀しくてジョニー・サンダースの『Hurt Me』も思わせ、
こちらでも時折ブルース・ハープが泣いてしみじみと聴かせる。
歌心あふれるチャーリーのヴォーカルの味わい深さを再認識すること必至であり、
気合いの入ったパッキング・ヴォーカルにバックアップされた「Stop Global War」なんて絶品だ。


ファン必携。


★UK SUBS『XXIV』(CAPTAIN Oi! AHOY HBCD 315)CD
本編の歌詞が読みやすく綴られた20ページのブックレット織り込みの、
味のある紙質のハード・カヴァーのデジパック(デジブック)仕様。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1004-ab7c8490

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (295)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん