なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

SABBATH ASSEMBLY『Ye Are Gods』

sabbath-assembly-ye-are-gods-cd-patch.jpg


ニューヨークのNO-NECK BLUES BANDのデイヴ・ナス(ds)が中心になったグループの
約2年ぶりのセカンド。
本国アメリカでは昨秋リリースされたようである。

ドゥーム・ロック・バンドのJEX THOTHのフロント・ウーマンであるジェシカ・トートも
主要メンバーと思われていたが、
本作には参加してない。
ユニークなプログレッシヴ・メタル・バンドのHAMMERS OF MISFORTUNEのメンバーだった
ジェイミー・マイヤーが大半の曲の女声パートで美しい喉を震わせている。

作風はファーストとあまり変わらず基本的にはアシッド・フォークだが、
サイケデリック濃度がますます高まっている。
60年代の宗教的な集団として知られる“The Process Church of the Final Judgment”の
音楽や哲学を探求するプロジェクトとしてスタートしただけに、
カルトな空気感に覆われている。
“汝の敵を愛せとキリストは言った/キリストの敵はsatan(魔王)、satanの敵はキリストだった”
という類いの言葉がブックレットの中で佇む。
一種の讃美歌のような趣とはいえ
音楽的には60年代のフォーク/ポップス/ソフト・ロック風で、
ソニー&シェール(Sonny&Cher)のようなポピュラリティを思わせたりもする。
ふつうの歌ものポピュラー・ミュージックとして聴けるところが逆に怖い。

Genesis P-Orridge(THROBBING GRISTLE~PSYCHIC TV)の参加も密かな話題で、
こういう系統のコンセプトを昔からやってきた人だけに必然的な結びつきだろう。
“いかにもな語り”で健在ぶりを示しているが、
このアルバムは頭デッカなニセモノとは次元が違う。

わざとらしいポーズなんかつける必要はない。
息を吐くようにそのまま出せばいい。
たおやかにスピリチュアルだからこそ意識に深く働きかけてくる。
もし音楽が世界を変えるとしたらこういう質感、
やっぱりサイケデリックである。

濃厚だから取扱注意。


★SABBATH ASSEMBLY『Ye Are Gods』(SVART/AJNA SVR149CD/FLAME74)CD
楽譜も載った28ページを綴じ込んだハードカバーのブック(デジブック)仕様の約40分10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1008-f44dbd30

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん