なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

NO POWER『No Peace』

NO POWER


米国南部ノースカロライナのハードコア・パンク・バンドによるファースト・アルバム。

彼らのバンド名の元ネタと思しきタイトルの曲があるZOUOが、
BATTALION OF SAINTSや中期POISON IDEAと交わって、
EXTREME NOISE TERROR以降のクラスト・コアに絡まれたかのようなサウンドで聴き応え十分だ。
気合い満々の伝統的なジャパニーズ・ハードコア・スタイルではないが、
よく練られた曲の展開や金をかけずに工夫した音作りなど80年代の日本のハードコア・パンクみたいである。

歌詞も、
文法的に怪しくてヴォキャブラリーの乏しさを強みにした英語で歌う日本のハードコア・パンク・バンド風。
LPの“帯”に書かれた「全く平和ません」などの怪しい日本語は、
そういった歌詞に対する“返歌”のようである。
そもそもDISCHARGEも、
もっとさかのぼれば初期RAMONESも限定したヴォキャブラリーの中で歌詞を作っていた。
プリミティヴな言葉だからこそ真理を言い表している。

むろん“善人ハードコア”じゃない。
ニヒリスティックで冷めたトーンだからこそ生々しくリアルに迫ってくる。
逆さになった十字架みたいに逆さにしたピースマークが象徴なアートワークも含めて、
手作りで真心を込めた表現として素晴らしい。
手に入るうちに買っておきたい一枚。


★NO POWER『No Peace』(SORRY STATE SSR-055)LP+DLクーポン
シルクスクリーンのジャケットで厚手の紙の“帯”とインナーシート付。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1018-956ad89b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (95)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん