なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MORTALIZED/The KILL split 7”EP

KILL.jpg


米国ニューヨークのレーベルからリリースされたグラインド・コアのカップリグ盤。
共に4曲ずつ収録されているが、
“仲良し倶楽部スプリット”なんかじゃない“刺し違えるレコード”だ。

京都のMORTALIZEDの方はプロデュースもしたSWARRRMのフトシがベースを弾いている。
ヴォーカルの咆哮がイージーなデス・ヴォイスとは違って真空の高音域に突入し、
今回もまたまたこの世のものとは思えない音像におののくしかない。
グラインド・コア以前に音楽として未知の領域に挑む高速チューンの連続に覚醒されるし、
歯痛ならぬ“耳痛”必至のサウンドの彫りの深い録音状態もパーフェクトだ。

オーストラリアのThe KILLの方も気合い入っている。
鉄壁のMORTALIZEDに迫るアタック感の強い音が
のたうちながらグラインド・シャワーで頭から突っ込む。
バンド名の元ネタと思しき曲名があるNAPALM DEATHの『Scum』から89年のEP『Mentally Murdered』まで、
あとTERRORIZERのデビュー作『World Downfall』をパンクにハジけた音で遠心分離放射している。

両サイド共クールな熱情の汗が飛び散る。
これは買いだ!


★MORTALIZED/The KILL(HAUNTED HOTEL HHR68)split 7”EP
<“アイツトコイツシネ”
“ファントム グラインド”“シップウ ジンライ”“ジゴク クガツ サツジンキ”“カンムル”>
と表裏に書かれた厚手の紙のインナーシート封入。
ちなみに↑のジャケットはTHE KILL側のデザインである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1020-77b0b49a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん