なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

INTER ARMA『Sky Burial』

IA_convert_20130503144602.jpg


米国東海岸ヴァージニア州リッチモンド拠点のヘヴィ・ロック5人組の
セカンド・フル・アルバムに数えられる作品。

本作のリリース元でもあるRELAPSE Recordsの面々をはじめとして、
90年代のNEUROSIS以降のサウンドと言うべきプログレッシヴなヘヴィ・ロック・バンドが
2000年代以降に続々と登場してきた。
MASTODONやMINSK、RWAKEなどが代表的だが、
これはここ数年のこの系統の中でも出色の出来のアルバムである。

ハードコア以降の強度と感性で2013年の“プログレ”を展開したかのような作品だ。
立体的な音像抜群の仕上がりも奏功して巨大スケールで迫る。
この無限のサウンドスケープとサウンド・コスモスにはポスト・ロックの匂いがしない。
正真正銘のロックだ。
熱い。

インスト・パートの比重も高く曲が長めで、
いきなりひたすらヘヴィな渦が巻き起こりブラス・ビートも叩き込む10分強の曲だ。
アコースティック・ギターとラップ・スティールも使いった2曲目は
研ぎ澄まされたアシッド・フォークのインスト・ナンバー。
『A Saucerful Of Secrets』から『Meddle』までのPINK FLOYDが
ダイナミズムを増したような3曲目へと自然に流れ込み、
シンセサイザーも耳に残るゆったりした叙情的なサイケデリック・チューンが奏でられる。
終盤ブラック・メタルに突入していくが、
ナチュラルな転換なのは命を宿した音楽ならではのオーガニックな佇まいだからである。
祭祀の場に引き込む4曲目はAMON DUULも頭をよぎる反復のアシッド・ヘヴィ・ナンバー。
プリミティヴなビートがスピードアップし、
アルバム終盤にまたアコースティック・ギターの調べが流れ、
クライマックスへと突入する。

「The Survival Fires」「The Long Road Home (Iron Gate)」「Destroyer」「'sBlood」「Westward」
「Love Absolute」「Sky Burial」といった曲名にも表れた世界観に覆われている。
精神性と隠喩に富む言葉を
苦渋のヴォーカルが生々しく吐く。
おのれを解き放つために。

オススメ。


★インター・アルマ『スカイ・バリアル』(リラプス・ジャパン YSCY-1255)CD
20ページのブックレット封入の約68分8曲入り。
日本仕様版は歌詞の和訳付だ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1029-1edc5472

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん