なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

文藝別冊『メタリカ 不屈のヘヴィ・メタル・モンスター』(河出書房新社刊)

metallica1_convert_20130722111409.jpg


文藝別冊/KAWADE夢ムック『メタリカ 不屈のヘヴィ・メタル・モンスター』。
METALLICAを語りまくるこの本で、
★テーマ論考<パンク>
★人物論<ジェイソン・ニューステッド>
の原稿を書かせてもらいました。


本を送っていただいてぱらぱらぱらページをめくっていってすぐ思った。
「なんか『炎』みたいだな~」と。

『炎(THE HO・NO・O)』は90年代にバーン・コーポレーションが
当初は“別冊BURRN!”として発行していた雑誌で、
インタヴューより書き原稿がメインのハード・ロック/ヘヴィ・メタル・マガジンだった。
ぼくもたいへんお世話になったもので「読んでいました」と言う人がいまだけっこういる。
この本の方が紙の質がもっとイイとはいえサイズも同じで縦書きだから右開きだし
(要するに『ミュージック・マガジン』のような感じ)、
目次や中身のレイアウトから何から何まで『炎』・・・・。

ひととおりざっと見ていって最後のページに向き合って納得。
中高生の頃に愛読した『炎』に対する編集人のオマージュみたいな気合いがこもっているのである。

ふだん一冊の本/雑誌に集うことはありえない面々が揃った書き手のバラバラぶりが素晴らしい。
誌面を彩るのはおおざっぱに言えば『BURRN!』の元編集者+『レコード・コレクターズ』の執筆者+αで、
“マサ”の登場は当然のことながら(寄稿ではなく23ページ巻頭ぶち抜きインタヴュー!)、
喜国雅彦はともかく(もちろん漫画)、
中原昌也まで引っぱり出してきている(ただしMETALLICAに対して思い入れがないからエッセイ)。

そういうアグレッシヴな編集姿勢とセンス、
そして編集後記に書かれた熱意に百万回乾杯!である。
この勢いのまま『炎』を受け継ぐような雑誌を作っていただきたい。
実際こういう誌面は今もなお、
いや今だからこそ可能性を感じるのだ。

本体1200円の208ページである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1083-4be1f97b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん