なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

VICIOUS CIRCLE『Vicious Circle』

VICOIUS CIRCLE


VICIOUS CIRCLEという名前のバンドはいくつも存在してきたが、
その最初のバンドと思われるカリフォルニアのパンク・バンドのデモ音源LP+インタヴューDVD。
昨年の11~12月にリリースされたものだ。
TSOLやJOYKILLWERのフロントマンとして知られて
映画/DVDや本の『アメリカン・ハードコア』での“不良自慢”が際立った、
ジャック・グリシャムが70年代末にフロントマンを務めたバンドである。

練習の時に録ったテープの音源とのことだが、
音質はまずまず。
GENERATION XやRAMONES 、SEX PISTOLSあたりの初期のロックンロール・パンクが根っこみたいな、
向こうっ気の強いパンク・ロックだ。
当時の米国西海岸の“サーフ・ヤンキー根性”丸出しのケンカっ早そうな切っ先の強いサウンドは
英国の初期Oi!パンクにも通じ、
ハードコア・パンク前夜ならではの混沌とした激しさと躊躇した加速度が生々しい。

ジェームス・ディーンを気取った「I’m James」などキャッチー&ポップでもある曲は多彩で
初期TSOLに直結する気だるげなハード・パンクだが、
雰囲気はヘヴィかつ野蛮。
不穏なスロー・チューンも不吉だ。
ジャック・グリシャムだけでなくドラマーも在籍したTSOLの母体バンドであることは確かだが、
そういうつながりや武勇伝関係無しにパンク・ロックの流れの中でとても興味深いLPだ。

DVDはジャックが42分間語り倒す構成。
ぼくの英語聞き取り能力ではどうにもならないが、
クレジットによればバンド・ヒストリーのトークのようだ。
日本製のプレイヤーで再生できる。


★VICIOUS CIRCLE『Vicious Circle』(TKO TKO ROUND 192)LP+DVD


スポンサーサイト

コメント

雛倉さりえさんについて

雛倉さりえさん自身に関する分析を見つけて興味を惹かれ、検索してましたら貴ブログにヒットしました。
この分析を、ご本人の著作に触れた方々が読まれたらどうお感じになるかに興味がございます。
http://birthday-energy.co.jp/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1095-dc3710fa

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (124)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん