なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

魔術の庭 セカンド・アルバム『Frontera』発売記念ライヴ 2009年10月30日

魔術の庭


東京拠点の“サイケデリック・ロック・トリオ”、
魔術の庭の1年ぶりのセカンド・アルバム『Frontera』発売記念ライヴに行ってきた。
場所は東京・吉祥寺の“プログレの館”シルヴァーエレファントだ。

魔術の庭は元OVERHANG PARTYの福岡林嗣(vo、g他)が、
BROOM DUSTERSや末期OVERHANG PARTYなどで活動してきた諸橋茂樹(ds他)や、
ZOAの森川誠一郎らとの多彩な活動を繰り広げてきている影山裕之(b他)と組んだバンドである。
イスラエルのノイズ・ユニットのPOOCHLATZのメンバーがOVERHANG PARTYを気に入ったように、
魔術の庭も日本だけに留まらず言語や民族の近いも超えて訴えかける熱く繊細な情感に満ちたロックだ。

客席にはTRASHの某メンバーの姿もあり福岡の交友関係の広さを物語っていたが、
実際、魔術の庭のサウンドがパンクっ気も強いのは確かである。
犯人がわかっている推理小説を読むみたいに結果が見えているような企画には行く気がしなくなっているが、
一種の意外性を秘めていてどう転ぶかわからないこういうライヴにはそそられるのだ。


まずゲストとして女性(vo、ds)と男性(vo、g)のデュオである“あみのめ”がプレイ。
ちょっと前に観て忘れられないほど強烈な印象を残したバンドだったが、
この日も静謐な佇まいの淡々としたプレイの中から強烈な光を放つサウンドで目を覚まされた。
甘えがないから歌声も凛としており、
シンプルなエイト・ビートを核にしつつダイナミックに打つドラミングにも痺れたのであった。


魔術の庭はOVERHANG PARTYの発展形だ。
裸のラリーズや灰野敬二の流れも感じられる“黒のアンダーグラウンド・テイスト”からの連続性は、
黒を貴重にした福岡に出で立ちにも象徴されよう。
ただし↑に載せた新作のジャケットでも感じられるようにいい意味でのメジャー感も魔術の庭には漂う。
インタープレイも含むから曲は長めだが、
どこか郷愁を誘う人なつこいメロディのソングライティングの根っこはフック十分だからである。
音楽のタイプは違うとはいえ、
そういう“両極”のせめぎ合いはカート・コバーンが率いたNIRVANAにも通じる。
自分がそうだからわかるが、
魚座ならでは軋轢のダイナミズムで迫る耳の奥を突き刺して愛撫するギターとデリケイトなヴォーカル。
そこに追いつ追われつの鉄壁のリズム・セクションが追撃していく。

“ハイスピード・ロックンロール・ナンバー”ではHIGH RISEも思い出すが、
背負った情緒の重さをバネにしたかのように加速する問答無用の轟きだ。
ただそれだけで終わらせないのが魔術の庭。
中盤以降は一時期OVERHANG PARTYでベースを弾き『Frontera』にも参加したSachikoが参加。
わりと最近出した彼女のソロCD『zUnya』でも聴かせるノイズ/ドローンを溶け込ませていた。

ライヴだとCD以上にインスト・パートが目立つが、
だからこそ福岡の“うた”が際立つ。
何が起ころうが動じないはっきりした発声のヴォーカルで、
ステージの真ん中に直立して前を見据えて歌う姿はたのもしく、
はかなげに見えて力強い。
同じように日本語のネーミングのバンド/ユニットがよく売りにする“卑屈キャラ”とは無縁だ。
魔術の庭はおのれを乗り越える気概に満ちている。


本物は姑息な策を弄する必要がない。
主張含みで詩情も滲む魔術の庭の表現はいつでもまっすぐだ。
底が見えない実直なロックだからこそ深く普遍的に響きわたる。


●魔術の庭『Frontera』(THERE/MUSIC ATLACH TRCD-MA005)CD
デジパック仕様。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/112-1a939d3d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん