なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

LowFat『Too Big Target!』

LowFat_20131102130248575.jpg


日本からタイに移り住んでいるSanoが2006年に結成し、
MCR CompanyからCARCASS GRINDERとのスプリットCDもリリースされている、
バンコク拠点のハードコア・パンク・バンドの12曲入り。
AA Recordsから出したバンドの方ではなくSNUFFY SMILEからリリースした方の
SNATCHERのフロントマンだったYusukeがギター/コーラス担当でメンバーになっており、
ベースとドラムはタイ人らしい。

BLACK SABBATHの「Iron Man」などのメタルを思い出すフレーズからハードコア・パンクに突入する
ツカミOK!のオープニングからして持っていかれる。
“~~タイプ”と形容しにくいスタイルなのだが、
“MINOR THREAT meets SIC with 初期あぶらだこ”とでも言いたくなるユニークな痛快サウンドだ。
ギターは味のある音色で面白いフレーズを次々と弾き出してかなりの業師だし、
せわしないベースとドラムも面白いリズムを絡めているが、
スピード感が途切れるどころか加速し続ける。
日本語のリズムを活かしたヴォーカルとコーラスも絶妙で、
なにしろ歌詞が聞き取れない曲でもシリアス&ファニーな頓智がサウンドからハジけ飛びまくるのだ。

最近のパンク/ハードコア系のCDはのっぺりした平板な音になってしまっているのものも多いが、
適度に粗くて各パートがしっかり聴こえてきて奥行きも広がりもバッチリの音の仕上がりも特筆したい。
だからこそディープな魅力がたんまり楽しめる。
オススメ。


★LowFat『Too Big Target!』(No Label, No Number)CD
薄手のブラケース仕様。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1158-6c059320

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (405)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん