なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画“スクリーン・ビューティーズ Vol.3 ヒッチコックとブロンド・ビューティー”『泥棒成金』『めまい』『マーニー』

ヒッチコック 5_8_chirashi_omote


女優の美しさをはじめとしてスターならではの輝きにより劇場で映画を見る原点を思い起こさせるべく、
昨秋から全国でロードショーされ続けている“スクリーン・ビューティーズ”シリーズの最終章。
オードリー・ヘプバーンカトリーヌ・ドヌーヴの主演作に続く“銀幕美”第三弾は、
ロンドン出身ながらハリウッドでも活躍したアルフレッド・ヒッチコック監督のサスペンス映画
『泥棒成金』『めまい』『マーニー』である。
ブロンド美女と色男に彩られたカラー映画が今回はデジタル・リマスタリン版で上映される。



泥棒成金 メイン
©1954 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

★『泥棒成金』1955年/106分
ヒッチコック監督映画では『裏窓』(1954年)でも主演したグレース・ケリーと、
ヒッチコック監督映画では『北北西に進路を取れ』(1959年)でも知られるケイリー・グラントの主演。
コメディー・サスペンスに留まらず、
もちろんラヴありでファッションなどのヴィジュアル面も注目される。



めまい メイン
©1958 Alfred J. Hitchcock Productions, Inc & Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.
Restored Version
©1996 Leland H. Faust, Patricia Hitchcock O'Connell & Kathleen O'Connell Fiala, Trustees under the Alfred J. Hitchcock Trust. All Rights Reserved.

★『めまい』1958年/128分
『愛情物語』(1956年)でも知られるキム・ノヴァクと、
ヒッチコック監督映画では前述の1954年の『裏窓』でも主演したジェームズ・ステュアートがメイン。
単なるラヴ・サスペンスで終わることがないのは、
BLACK SABBATHのリリースで知られるレーベル名と同じ『Vertigo』が原題なのだから当然である。
緻密な脚本の鍵を握る元刑事が抱えた高所恐怖症などの“病”が目に伝わってくるように
淡い色合いの渋味を効かせながらカメラワークと編集を駆使し、
(高所から下を見たときの)めまいを意味するタイトルどおりの斬新な映像で迫るのだ。
しあわせと不安感を同時に守り立てる音楽も絶妙である。



マーニー メイン
©1964 Geoffrey Stanley, Inc. All Rights Reserved.

★『マーニー』1964年/130分
ヒッチコックの戦慄の衝撃作『鳥』(1963年)で一躍脚光を浴びたティッピ・ヘドレンと、
『007』シリーズのジェームズ・ボンド役で当時脚光を浴び始めていたショーン・コネリーの主演。
盗癖のある妻と彼女を救おうとする夫による夫婦愛サスペンスとして知られる。



このブログで紹介してきている映画は限られた場所でしか上映されない作品も多いが、
この“スクリーン・ビューティーズ”は北海道から沖縄まで上映される。
47都道府県すべてとはいかないのかもしれないが、
上映時期を問わなければ地域的にはほぼ全国網羅。
ありがたいことだ。

もちろん何度も見直して監督のディテールに対するこだわりを発見するなど映画をDVDで見る良さもある。
でもトイレを気にしなくていいからビール飲みながらポテトチップでもつまみつつ小さな画面で見ていると、
映画というよりテレビ・ドラマを見ているような気分にもなる。
やはりダイレクトな味わいはスクリーンにかなわない。
映画館の空間ならではの静かなる緊張感の中で映画スターに舌つづみを打ちながら
いつもとは違う時間に浸るのもオツなものである。
ストーリーだけでなく映像と音の奥深き魔法が美の匂いとともに立ち込めて
日常とは別の世界へと誘うのだ。

映画ならではのそんな醍醐味に今回の3本は打ってつけだと信じる。


★映画“スクリーン・ビューティーズ Vol.3 ヒッチコックとブロンド・ビューティー”『泥棒成金』『めまい』『マーニー』
1月25日(土)-2月14日(金)3週間限定、全作品デジタル・リマスター版にて新宿ピカデリー他全国ロードショー。
以降も順次全国ロードショー。
http://www.screenbeauties.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1194-2d483a7b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん