なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

小島麻由美『アラベスク』

DDCB12021Kojima_JKT.jpg


95年に22歳でレコード・デビューしたシンガーソングライターの4曲入りCD。
最近のインタヴューによれば、
携帯を持たずPCのメールも半年に一回というライフ・スタイルらしく、
そういう束縛されてない日々の生活に育まれたようなどうとでもなる乾いたポップスは健在である。
“永遠の22歳”みたいに変ってないけどむろん昔よりもずいぶんと濃い。

最初の2曲は小島(vo、p、kbd)が、
元デキシード・ザ・エモンズの八馬義弘(ds)、塚本功(g)、長山雄治(コントラバス)と録音。
「アラベスク」は“モダン歌謡ブルース”とも言いたくなる気だるいポップスで彼女の真骨頂だろう。
「黒猫のチャチャチャ」はラテン音楽のチャチャチャで黒猫そのものの佇まいを音楽化していて舌を巻く。

続く95年のファーストのアルバム・タイトル曲「セシルのブルース(弾き語り)のリメイクと、
ジャン・ポール・マルティーニによる歌曲「愛の喜び」のイタリア語ヴァージョン「Piacer d'amor」は、
ピアノ弾き語りである。
前者はいわゆるブルースというよりは東欧民謡っぽかったりするし、
後者はクラシックの荘厳なトーンをポップに仕立てている。

さすがの一枚だ。

●小島麻由美『アラベスク』(AWDR/LR2 DDCB-12021)Blu-spec CD
味のある紙質のデジパック仕様の限定盤だからお早めに。
「愛の喜び(Piacer d'amor)」は和訳付。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/121-fea3cec9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん