なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

突然段ボール『超センシティブ』

突然段ボールpcd26057


埼玉県深谷市を拠点に77年から活動を続ける“元祖和製ポスト・パンク・バンド”が、
ボーカロイドをフィーチャーした『突然段ボロイド』と
レア音源箱『突段 未発表音源発掘!!』を挟み(共に昨年発売)、
単独作のオリジナル・アルバムとしては約2年半ぶりにリリースした作品。
唯一のオリジナル・メンバーであり本作のほとんどの作詞・作曲も手がける蔦木俊二(vo、g他)をはじめ、
ギター2本でキーボード奏者を含む5人のバンド編成でのレコーディングである。


大半が4~5分台の曲というやや長めの曲で構成していながら、
どの曲もビートが効いていて音のメリハリがクッキリだしポップと言えるぐらいハジけている。
例によってまったりした佇まいだが、
ポスト・パンクというより“ポスト・パンク・ロック”と言いたい。
KING CRIMSONのロバート・フリップを緊縛してルー・リードがファックしたかのごとき、
ギター・ソロもシャープ&ソリッドに打ち震えている。

ヴォーカルの突き放し方や音の体温も含めて
雰囲気は違えど極初期から現在までのWIREと道を同じくしている。
伝統的な“ロック筋肉”から解き放たれている。
けど聴き応えはなかなかヘヴィだ。

ほとんどの曲のリード・ヴォーカルを取っていた兄・栄一の“遺志”を受け継ぐように
日本語の言葉を明瞭に歌うべく飄々と熱く喉を震わせる俊二のヴォーカルが前面に出ている。
わずかに“字余り”で何気に合唱できるシンガロングナンバーばかりの点も含めて、
歌詞のリズム感や譜割りに関しては気合い満々のジャパニーズ・ハードコア・パンクにも通じる。
あくまでも日本語の歌が主導なのだ。

漢語の類の言葉が目立つ突然段ボールならではの歌詞も健在で、
ユーモアというより諧謔がほろ苦く効いている。
“浮き世”と“憂き世”を諦観したような内容ながら音の響きもひっくるめて、
収録曲「自分ら、血ぃ吸うたろか!」の歌詞から引用すれば“具体的意志が芽生え”ている。
歌詞の内容が似ているわけではないが、
あっけらかんなムードとさりげない反逆のハーモニーは
川上音二郎の「オッペケペー節」を思い出した。

間違いなく突然段ボール代表作の一枚である。

それにしてもブックレットの表裏は子供の写真だが、
エフェクターと共にロシアっ娘のヌード写真が彩るパッケージの裏ジャケと
今ではレアなルーズソックスっ娘の脚がデザインされたCD盤の謎のアートワークは18禁か。


★突然段ボール『超センシティブ』(Pヴァイン PCD-26057)CD
16ページのブックレット封入の約49分12曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1227-4d1b9cc4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん