なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ELECTRIC MORMONS『ainsi soient-ils』

ELECTRIC MORMONS『Ainsi Soient-ils』


フランスのパンク・ロック・バンドのファースト・アルバム。

デビュー作とはいえメンバー的にはまっさらの新人というわけではなく、
知る人ぞ知るバンドのVEINESやソロでなど2000年代から地味な活動を続ける人で
個人的にも大好きなミュージシャンArsene Obscene(g、vo)が在籍している。

82年頃のEXPLOITEDみたいなハードコア・パンク・チューンもブッ込みつつ
(けどEXPLOITEDもブルース~ロックンロールのフォーマットにのっとっている曲が多い)
シド・ヴィシャス加入前のSEX PISTOLSやジョニー・サンダースのHEARTBREAKERSが気合いを入れたかの如き、
キャッチーなロックンロール・パンクをブッかます。
でもギターはシャープ&ソリッドに迫り、
TEENGENERATEがブルースがかったような曲もやっとる。

歌詞はフランス語だと思われるが、
何語で歌っているのかわからないほどテンション上々の“汚フランス”な響き。
かといってパンクによくある芝居がかった歌い方をしていない。
噛みつくように歌う。

昨年終盤にリリースされた編集盤CD『Murder By Guitar 1976 - 1980』も実にクールだった、
サンフランシスコのCRIMEが好きな方にもオススメ。
そういう妖しき匂いがする。
音楽も匂いが大切なんである。

バンド名は“エレクトリック・モルモン教徒”という意味だろうが、
Baki在籍時の初期EXECUTEの名曲「モルモン教」を思い出した。


★ELECTRIC MORMONS『ainsi soient-ils』(MORMONS 1)LP


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1228-2a0d821e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん