なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

S.O.A(State Of Alert)『First Demo 12/29/80』

SOA.jpg


ヘンリー・ロリンズ(vo)がBLACK FLAGに加入する前の80年の10月から9カ月ほど活動した、
米国東海岸ワシントンDCのハードコア・パンク・バンドが80年の12月に録音したデモ音源。

全8曲のうち、
UK SUBSの早すぎたハードコア・パンク・ナンバーのカヴァー「Disease」と
MONKEESやSEX PISTOLSのヴァージョンでも知られる曲の“パーティ・リメイク「Stepping Stone Party」は
オムニバス盤『Flex Your Head』に提供し、
「Gonna Have To Fight」は81年発表の唯一の単独作である7"EP『No Policy EP』に収録。
他の曲は未発表曲ではないが未発表ヴァージョンだ。

混じりっ気なしの純ハードコア・パンクである。
前述のUK SUBSのカヴァーが象徴するようにけっこうUK寄りの曲で、
当時二十歳のロリンズのヴォーカルはヒヨッコの初々しさだが、
同時代のEXPLOITEDとも共振する腕っ節の強いプリミティヴな音塊に燃える。

デモ音源だろうが、
いやデモだからこそたまらん音質。
レコードならでの音の深みにも痺れるのみだ。


★S.O.A(State Of Alert)『First Demo 12/29/80』(DISCHORD DIS 177)7”EP+DLクーポン
厚手の紙の三つ折りジャケットはライヴのフライヤーや写真などで彩られ、
DISCHORD Recordsならではのビシッ!とした仕上がり。
レコードは赤盤である。


スポンサーサイト

コメント

I was damaded

Blac flag より好きなんだけど~。
スピード感もすごいけど、ツボを押さえた
曲展開も素晴らしい! でもやっぱりヘンリーの声が一番!

Re: I was damaded

Mickyさん、書き込みありがとうございます。
やっぱりヘンリーはS.O.A.時代の方がハジけていますね。BLACK FLAG加入後は彼らの肝の“メンヘラ要素”にヘンリーもハマっていったような歌詞を作ってヴォーカルもそんな感じになった気がします。
S.O.A.は曲もピュア・ハードコア・パンクそのものでクールですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1248-71085d80

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (244)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん