なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

BRAIN F≠『Empty Set』

BRAIN F≠『Empty Set』


女性シンガーを擁する米国東南部ノースカロライナ拠点のハードコア・パンク・ロック・バンド、
BRAIN F≠の約3年ぶりのセカンド12”レコード。
両面でトータル・タイム20分弱だが、
アルバムと言える濃い作品だ。

JOINT D≠のメンバーのニック・グッドがギター/ヴォーカル他を担当するバンドでもあるが、
いわゆるハードコア・パンクのツー・ビートの曲はほとんどない。
けどハードコア・パンクとガレージ・パンクのスピード感がまぐわっている。
ポップ感と音色と加速度に耳を傾ければ、
AVENGERSやBAGSや初期Xといった70年代のカリフォルニアのパンク・ロック、
70年代のSAINTS、そしてTEENGENERATEが束になって飛ばしているみたいである。
それでいて女性シンガーはTOTALTARのTシャツを着ているというグレイトなコーディネイトだ。

B52’sすら思わせるしなやかなヴォーカルの掛け合いと悶々猥雑な音の不穏なハーモニーがたまらない。
音ひとつひとつの色や響きからしてやはりここいらの人たちのセンスはタダモノじゃない。
特定の分野のパンクのオベンキョーをして作ったやつじゃなく音楽を浴びまくって吸収しているから
人工的な匂いがしないのだ。
オーガニックと言ってもいい。
ただ好きだからやっている。
だが閉じることなく世界中に開かれている。

音の彫りの深さで圧倒する45回転12”レコードの特性も活かし、
よからぬことが起こりそうな躁状態の音像にしびれる。
オススメ。


★BRAIN F≠『Empty Set』(GRAVE MISTAKE/SORRY STATE GRAVE064/SSR-57)LP+DLクーポン
歌詞とメンバー写真等が表裏を彩るインナーバッグ(紙レコード袋)封入。
今回もレコードのレーベル面には“45 rpm”というありきたりな表記ではなく、
“675 rev/刻”(もう片面は“2126 rev/????[ヘブライ語らしき文字]”)と書かれていて、
英語圏以外のリスナーへの“配慮”みたいなもんも伺える。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1250-bd920cde

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (293)
映画 (257)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (419)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (96)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (122)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん