なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

Lauren Newton & Masahiko Sato(佐藤允彦)『Skip The Blues』

佐藤允彦&ローレン・ニュートン


米国オレゴン州で52年に生まれた女性ヴォイス・パフォーマーのローレン・ニュートン(vo他)と
41年生まれのジャズ音楽家・佐藤允彦(p)によるインプロヴィゼイション・ライヴ。
82年の東京・ドイツ文化会館での1トラック(約24分)と
86年の東京・スタジオ200池袋での5トラックで構成された約58分のCDである。
ジャズ評論家の副島輝人と、
本作の販売元である東京・武蔵野市の地底レコードの主宰者・吉田光利によるプロデュースだ。


ジャズ・ファン以外にも十分アピールするし、
“エクストリーム・ミュージック”ファンにも刺激的なCDである。
速い。
ピアノを追うように、
声を追うように、
双方がリズミカルに走る。
声もピアノも踊っているし躍っている。
スリリングな交感の中で牽制し合っているシーンも面白く、
時にユーモラスだ。


佐藤のピアノ演奏はフリー・ジャズになるのかもしれないが、
ローレンのヴォーカルはまさにジャンルを超えている。
声でインプロヴァイズ(≒即興)しながら、
歌を次々とつなげて連ねて破天荒なドラマをその瞬間その瞬間で綴っているのだ。
ところによって自らエフェクターを操りつつ、
基本的に彼女は声オンリーで勝負している。
途中でブレヒトの詩やドイツの人の曲も引用しているらしいが、
ローレンの名前が作曲者としてクレジットされた一曲以外はインプロヴィゼイションのようだ。

ところによっては奇声にも聞こえるが、
芝居がかっているというよりは演劇的と言いたい。
エキセントリックなようで決してわざとらしくはないのだ。
針が振り切れた鬼気迫る声で、
しっかりとメロディを編み音楽を創造している。
これだけ赤裸々に声を出しているにもかかわらず下品になってないのがまた驚きだ。
発声が正直だから響きが色っぽく艶っぽい。
ローレンのヴォーカリゼイションは
パティ・ウォーターズとディアマンダ・ギャラスの間を颯爽と滑り跳ぶ。
70年代のジョニ・ミッチェル、
さらにCRASSのイヴや戸川純も思い出す。


観客のものと思しき笑い声がしばしば混じっていてパフォーマンスしている様子を想像してしまうが、
しっかりした立体感を体現した生々しい音質も奏功し、
声が漏れるのがサウンドだけでもそういう納得できてナマで観てみたかったと思わせるCDである。
女性2人組の芸術家neutによる写真を使ったジャケットみたいな放電の瞬間が連続する作品だ。
オススメ。


★佐藤允彦&ローレン・ニュートン『スキップ・ザ・ブルース』(Moby’s MC-10019)CD
玉井新二執筆のライナーが封入された厚手の紙ジャケット仕様。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1263-9feead7f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (290)
映画 (247)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (409)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん