なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

SANTANA『Corazón』

SANTANA SICP4087


60年代後半から活動しているメキシコ出身のギタリスト/音楽家、
カルロス・サンタナが率いるバンドの新録アルバム。
一部例外はあるが、
ジギー・マーリーやグロリア・エステファンなどの
ラテン音楽のスーパースターのシンガー/ミュージシャンを前面に立てた作品である。

インスト・ナンバーはなくほぼすべて歌もので、
曲ごとにメインが違う参加者のキャラが表われたラテン風味の多彩なロック/ポップスが連発される。
スカ、クンビア、マンボ、レゲエ、サルサなどのリズムが躍るが、
それほど暑苦しくはなくビートの嵐の音とは一線を画してムード歌謡みたいな曲も含み、
高品質で敷居の低いポピュラー・ミュージック仕上がりだ。
ジャズ・サックス奏者として知られるウェイン・ショーターが演奏した曲で本作中唯一カルロスが書いた、
「Yo Soy La Luz(邦題:我こそは光)」が特にスピリチュアルで耳に残る。

“主役”を立てながら、
どの曲も色とりどりで艶やかなギターでカルロス・サンタナが優雅に演出していく。
ジャケットどおりのオーガニックな音色のギターで一曲一曲に自分の署名をしっかりと刻み込む、
一歩引いたミュージシャンシップもさすがである。

ウィリアム・ナガサキ執筆の長文ライナーも糸口にしつつ、
人名等の固有名詞をインターネットなどで調べると理解が深まりそうだ。
といってもアルコールを喉に注ぎながらリラックスして楽しむのもオツな一枚。

スキのない音楽を聴き続けたり息が詰まったときはこういうブツが欲しくなる。


★サンタナ『コラソン』(ソニー・ミュージックエンタテインメント SICP 4087)CD
12ページのカラフルなブックレット封入。
日本盤は3曲追加の約58分15曲入りで
本編の歌詞とその和訳も読みやすく載った28ページのブックレットも封入。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1270-7eae3005

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん