なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MISERY INDEX『The Killing Gods』

Misery Index The Killing Godsjpg


DYING FETUSのジェイソン・ネザートン(vo、b)が結成した、
米国東海岸のメリーランド州バルチモア出身の“ハードコア・デス・メタル・バンド”による約4年ぶりの5作目。
AGORAPHOBIC NOSEBLEEDとPIG DESTROYERを率いるスコット・ハルによる録音だ。

ブラスト・ビートほとばしるデス・グラインドで、
ミディアム~スロー・テンポのパートが多めながらずっと前のめりのサウンドに彼らの意識が表われている。
緩急織り交ぜていながら、
いや緩急織り交ぜてギター2本とベースが絡まっているからこそドラムをはじめとして音の加速が止まらない。

機械的に速いだけで血が流れてない味気ないやつとは別物だ。
数年前からPIG DESTROYERでも叩いて彼らのサウンドを少なからず変えたアダム・ジャーヴィスの、
剛腕ビートだけでなく微妙に“間”を持たせた絶妙のドラミングによるところ大である。
戦闘的なビートにもかかわらず抜けがいい音色と小回りの効いたリズムで小気味いいから気持ちいい。
それでいてギターとベースは粘っこいグルーヴを作り出し、
楽器とヴォーカルの全体のバランスを俯瞰したかのようなサウンド・スケープの曲になっている。

複雑なサウンド・テクスチャーであるにもかかわらず考えすぎず、
聴かせどころを設けた曲作りにより
ねじふせるかの如く一気に聴かせる。
剛に見えて柔であり、
柔に見えて剛である。
鎮魂のための旋律で叙情性もたたえている。

テーマとしては前半と後半とに分かれているようだが、
インストの小曲を2曲含み、
ほぼ一続きで構成は70年代のPINK FLOYDのアルバムも思わせる。
“デス・ハードコア”な響きのヴォーカルは
CRO-MAGSの曲「World Peace」以降とも言うべき価値観の言葉を吐く。
既成の“愛と平和”の屍を踏み越えたリアリスティックな歌詞はあくまでも冷厳だ。
取ってつけた政治ネタをそれっぽく“サンプリング”したみたいなやつじゃない。
様々な歴史を踏まえて示唆に富む。
音同様にタフなだけでなく、
しなやかでなきゃ生き延びられないことを示す。

24時間デス・メタルな気分に燃料を注いで解き放つストロングな一枚。


★MISERY INDEX『The Killing Gods』(SEASONS OF MIST SOM 259)CD
12ページのブックレット封入の約44分12曲入り。
盟友DYING FETUSのジョン・ギャラガーも一曲でギター・ソロを弾いている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1289-2179af39

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (244)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん