なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

NIGHTFELL『The Living Ever Mourn』

NIGHTFELL『The Living Ever Mourn』


TRAGEDYをはじめとしてたくさんのバンドで活動してきているトッド・バーデット(g、b、vo)と、
MOURNFUL CONGREGATIONの新作でも一部で叩いていたティム・コール(ds、vo)による、
米国の“ダークネス・ヘヴィ・ロック/ハードコア・ユニット”のデビュー・アルバム。

トッドがドラマーを務めていたDEATHREATのメンバーでもあったブラッド・ボートライトが
マスタリングを行なっており(BL’AST!のリイシュー盤のリマスタリングもこの人)、
彼がフロントマンを務めるFROM ASHES RISEのレコードも出していた縁からか、
SUNN O)))のグレッグ・アンダーソンが主宰するレーベルからのリリースだ。

HIS HERO IS GONEも含むトッドが関わるバンド特有のドラマチックなソングライティングだが、
長めの曲をじっくりとじっくりと進めるのが特徴。
ドゥーミーというよりグルーミーで、
ブラック・メタル直系の凍てついた旋律で彩りつつ、
BOLT THROWER系のデス・メタルとAMEBIX系のクラストがブレンドしたかのようなサウンドだ。
民族や宗教が絡まって終わり無き紛争や内戦で流れ続ける血が大河となり輪廻を描くような曲に、
悲憤の激情が入り混じっている。
と同時に葬送曲の如き静かなパートも含み、
野太い声だけでなく詠唱みたいなヴォーカルもまた深遠で、
ところによってはアシッド・フォークのような趣も味わえるほどである。
悲嘆にくれながらも進まなければならない行軍が続くアルバムだ。

少なくてもCDだとは歌詞がかなり小さな文字で載っていて老眼でなくても読み取るのに苦労するが、
エクストリーム・メタル以降のハードコア・パンクの冷厳な世界観を古語も使って描く。

オススメ。

★NIGHTFELL『The Living Ever Mourn』(SOUTHERN LORD Recordings lord190)CD


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1302-45673896

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (292)
映画 (257)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (419)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (96)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (122)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん