なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

2014年私的ベスト

Nashville Pussy Up the Dosage


<アルバム20選>(アルファベット順。カタログ・ナンバー等は僕が持っているものを表記。[ ]内は出身国)
ADMIRAL SIR CLOUDESLEY SHOVELL『Check’em Before You Wreck’em』(RISE ABOVE RISECD179)CD[英国]
ARCTIC FLOWERS『Weaver』(DERANGED No Number)CD[米国]
CORROSION OF CONFORMITY(C.O.C.)『Ⅸ』(CANDLELIGHT CAND;E426CDSE)CD[米国]
ELECTRIC WIZARD『Time To Die』(SPINEFARM SPINE788079)CD[英国]
GRAND MAGUS『Triumph And Power』(NUCLEAR BLAST 27361 32070[NB3207-0])CD[スウェーデン]
HYSTERESE『Hysterese』(TAKEN BY SURPRISE/SABOTAGE SURPRISE 847/SABO 866)LP[ドイツ]
IRON REAGAN『The Tyranny Of Will』(リラプス・ジャパン YSCY-1287)CD[米国]
JURASSIC JADE/帰天(B.T.H BTH-056)CD[日本]
knave/Regeneration Of Darkcore/(No Label、knave002)CD+DVD[日本]
MASTODON『Once More ‘Round The Sun』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-15738)CD[米国]

NASHVILLE PUSSY『Up The Dosage』(SPV SPV 260511 2LP)2LP+CD[米国]
NEIGHBORHOOD BRATS『Recovery』(TAKEN BY SURPRISE SURPRISE 048)LP[米国]
The OATH『The Oath』(トゥルーパー・エンタテインメント QATE-10051)CD[ドイツ、スウェーデン、英国]
ORANGE GOBLIN『Back From The Abyss』(CANDLELIGHT / LOVE DA LOVECD381)CD[英国]
SATURN『Ascending(Live In space)』(トゥルーパー・エンタテインメント QATE-10060)CD[スウェーデン]
SPIDERS『Shake Electric』(UNIVERSAL MUSIC 00602537950904)CD[スウェーデン]
SVFFER『Lies We Live』(PER KORO/VENDETTA PK:069)LP+DLクーポン[ドイツ]
SWARRRM『Flower』(デイメア・レコーディングス DYMC-231)CD[日本]
TRIPTYKON『Melana Chasmata』(CENTURY MEDIA 9120-2)CD[スイス]
WOLD『Postsocial』(PROFOUND LORE PFL132)CD[カナダ]


<ライヴ10選>(観た順。[ ]内は拠点国)
湯川潮音 at 横浜市開港記念会館 1月9日[日本]
マリア観音 at 国分寺モルガーナ 1月19日[日本]
The RESISTANCE at 渋谷O-EAST 3月18日[スウェーデン]
CARCASS at 渋谷クアトロ 5月7日[英国]
EARTH at 新代田FEVER 6月6日.[米国]
LAPIZ TRIO at 新大久保EARTHDOM 6月20日[日本]
★ヨアンナ・ドゥダ(Joanna Duda) at 恵比寿ポーランド大使館 7月9日[ポーランド]
RUSSIAN CIRCLES at渋谷O-NEST 7月15日[米国]
“MODERN”~GRIM、透過性分子、冷泉(REIZEN)、ZINGA(Vasilisk + Ungeziefer)、橋本孝之 at 桜台POOL 8月30日[日本]
★MALE INSTRUMENTY(マウェ・インストゥルメンティ) at 原宿VACANT 11月3日[ポーランド]


<映画10選>(観た順。昔の作品でも原則として2014年に初めて日本でロードショーになった映画をセレクト。[ ]内は製作国)
『エヴァの告白』[米国、フランス]
『北朝鮮強制収容所に生まれて』[ドイツ]
『シンプル・シモン』[スウェーデン]
『CRASS:ゼア・イズ・ノー・オーソリティ・バット・ユアセルフ』[オランダ]
『リアリティのダンス』[チリ、フランス]
『消えた画 クメール・ルージュの真実』[カンボジア、フランス]
『イーダ』[ポーランド、デンマーク]
『荒野の千鳥足』[オーストラリア]
『ベイブルース~25歳と364日~』[日本]
『ヴェラの祈り』[ロシア]


2014年もたくさんの方の御来場ありがとうございました。
やる気が出ます。
もっともっとまだまだ頑張りますので2015年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメント

わぁ・・・

昨年もブログ楽しませていただきました。
本当にありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

今回、Woldしかかぶってない自分が嫌です(笑)

映画10選にCRASS

昨年はいろいろなパンク情報を教えて頂きありがとうございました。 CRASSの映画は歌詞&日本語字幕に感動しました(T▽T)
今年も質の高いパンクドキュメンタリー作品が上映されるといいですね。(°▽°)

2014年の私的ベストはgridlinkとgodfleshですかね。2015年もブログ拝見させていただきますので頑張って下さい!

行川さん、MODERNを挙げてくれて
ありがとうございました。

新年明けましておめでとうございます。

昨年はブログを楽しく拝見させて頂きました。

今年も楽しみにしています。

お身体に気をつけて頑張ってください。

明けましておめでとうございます。

パンク/ハードコアの有効な情報源がなかなか見つからないなか、
行川さんのブログは本当に貴重で信頼できる媒体です。
いつもありがとうございます。

これからも拝見させて頂くのを楽しみにしています。

あけましておめでとうございます。
おかげさまで、2014年もステキな作品に巡り合えました。個人的にはPallberaerとYobの新譜をよく聴いた気がします。
今年は昨年見られなかったEarthless、そして重鎮Swansのライブが楽しみです。
本年も楽しく拝見させていただきます!

あけましておめでとうございます。Svfferのアルバムは本当に凄かったですね。
そのSvfferのドラマーが一時的にヘルプで叩いていたらしいHexisの『Abalam』もかなりのものでしたが行川さんはチェックしていらしたか、またしていたとしたらご意見を伺ってみたいところです。

あけましておめでとうございます。ことしもよろしくおねがいします。

>kenjiさん
書きこみありがとうございます。

>LIFEさん
最近“ノイズもの”は色々“見えてきてしまって”、
楽曲がしっかり作られているある意味“ベーシックな形のロック”ばかり選んでしまいましたが、
WOLDは別格ですしそもそもロックです。

>余分三兄弟+
バンドのタイプはまったく違いますが、DESCENDENTSの映画も良作でした。
あくまでも音が正直で歌詞にはあまり頼らないようにしているのですが、
ダイレクトに意味か飛び込んでくるのもやっぱり理解の大きな手助けになります。

>hiroshiさん
GRIDLINKは少なくても今後これまでのようなスタイルの音楽は難しい状況かもしれませんが、
様々な音楽を愛好する方だけにマツバラさんの新たなアプローチの創作をじっくりと待ちたいです。

>岩田裕成さん
直々の書き込みありがとうございます。
音はもちろんのことあの時とあの場の空間自体が新鮮でライヴの可能性を強く感じました。

>JADEさん
長いお付き合いありがとうございます。
まずは身体が資本なので週二回2キロずつの水泳をキープしつつ、体と精神に気をつけて、がんばります。

>こえんさん
聴きすぎているためかもうパンク/ハードコアものでピン!とくるものになかなか出会わなくて、他のジャンルと続けて聴いても匹敵するぐらいでないと厳しいのですが、
埋もれがちな新バンドも積極的にフォローしていきます。

>Korokuさん
外してしまいましたがPALLBEARERは僕もよく聴きました。
興味が広がる一方で手が回らなくなってきたと言い訳せずに気力を振り絞り、
今年の抱負はまたライヴもたくさん観に行くことにします。

>EGさん
SVFFERに反応していただけるとは! うれしいです。こういう感じのハイブリット感のバンドが最近気になる系統です。
Hexisの『Abalam』はノー・チェックなので探して聴いてみます。ありがとうございます。

あけましておめでとうございます.

毎回,丁寧な返信ありがとうございます.
今年もたまに訪れますので,よろしくお願いします.

昨年の映画マイベスト3です.順不同

『闇のあとの光』…スケールもインパクトも大でした
『やさしい人』…現代に響きます.自分も同世代です
『罪の手ざわり』…出来が抜群にいいです.主張もいい

それでは! これからもブログ楽しみにしています.

p.s 自分も,hexis大好きです.

ss2gさん、書き込みありがとうございます。
ベスト映画に挙げていただいた『やさしい人』は試写会で僕も観ました。主人公の男性のキャラをはじめとしてニートな空気感が僕にはキツくて、ブログでは書かなかったです。音楽も含めて今はニートっぽいのが苦手なのかもしれません。時間を置いて観ると印象が違ってくることもあるので、また機会あったら観てみます。ブラック・メタル系も好まれる方でしたか! でしたらますます他の2作品もチェックしてみたくなりますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1391-751df6d8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん