なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

Siouxsie and the BANSHEES『Superstition』

Siouxsie and the BANSHEES『Superstition』(


91年の6月に出した10作目。

『Peepshow』をよりメロディアスにポピュラリティを上げたようなアルバムではある。
ここまでのSiouxsie and the BANSHEESの活動の中で最長の3年弱のインターバルに、
“機が熟するまで待った”か“曲が降りてくるまで待った”かということも想像するが、
これまでの流れから違和感なく洗練されていく試行期間だったようにも思える。

いわゆるゴス・メイクを落としたジャケットのスージー・スー。
そもそも昔からカラフルなジャケットの色合いからしてゴスとはかけ離れていたわけだが、
アルバムでは初の暖色ジャケットになった。
今回のリイシュー・シリーズはアルバム・イメージのカラー一色でCD盤がデザインされているのだが、
本作のピンクは特にまぶしい。

米国ビルボード誌のいわゆる“総合チャート”で、
Siouxsie and the BANSHEES史上最高の65位にランク・インしたアルバムでもある。
1曲目の「Kiss Them For Me」はエキゾチックなメロディの中からテクノ/ヒップホップ・テイストが香り、
2曲目もダンサブルでPORTISHEADあたりにもつながる。
以降もポップでまったりした曲が多い。

これまで以上に歌が前面に出ている。
スージー・スーの発声法も、
前作『Peepshow』には少なからず残っていたパンク・ヴォーカル、
つまりパティ・スミスの流れをくむ語尾を上げるような裏声がほとんど目立たなくなった。
基本的に演出過剰なところは変わらないが、
ナチュラルな歌唱が目立ち。
蠍の如き攻撃の姿勢が薄らいでいる。
「Kiss Them For Me」という曲名のフレーズからイメージできる、
たおやかな表情をたたえている。

あらためて聴き、
当時と同じく“これはこれでいいのでは”と思ったしだい。
前作までの気負いがなく、
“素顔のまま”のSiouxsie and the BANSHEESが楽しめる。


ボーナス・トラックは3曲。
米国ビルボード誌の総合シングル・チャートでバンド史上最高の23位まで上昇した「Kiss Them For Me」の
12”シングルで発表された別ミックス2種と、
映画『バットマン・リターンズ』(92年)の主題歌のシングル曲「Face To Face」だ。


★Siouxsie and the BANSHEES『Superstition』(POLYDOR 4701473)CD
四つ折りインナーシート封入だ。デジパック仕様の約69分14曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1426-8729ee42

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (95)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん