なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

Siouxsie and the BANSHEES『The Rapture』

Siouxsie and the BANSHEES『The Rapture』


95年の1月に出した通算11作目のオリジナル・アルバムでもある最終章。

文章や映画がそうであるように音楽も体裁を整えた表面的なところではなく奥底に意識が息づく。
レコーディング時の心情までが鮮やかにさらされているリマスタリングの今回のリイシューCDを聴き、
発売当時に抱いた苦く複雑な切ない気持ちが蘇ってきた。
やっぱりこれはSiouxsie and the BANSHEESの作品の中で最後に聴くアルバムだ。

バンド史上最長のインターバルで3年7ヶ月ぶりのリリースになったが、
それも納得の悩み抜いた仕上がりと言える。
指先すら届かない光に手を伸ばして可能性を見出していたかつての“苦闘”とは違って迷いの中で彷徨い、
バンドとして何も発表せずにフェイドアウトするのは避けるべく作ったかのように、
どうにかこうにかまとめ上げたように感じられる。

本作をリリースした1年後にSiouxsie and the BANSHEESは解散を表明した。
バンド結成前にスージー・スー(vo)が親衛隊の一員になっていたSEX PISTOLSの再結成云々のゴタゴタも
解散の一因として当時彼女が挙げていたが、
いくらポップだろうが前作では張りつめていた緊張の糸が切れたかのようである。
晴れやかとも言えるが、
この先があるとは思えないアルバムだ。

半数近くの曲を、
『Through The Looking Glass』でカヴァーもしたジョン・ケイル(元VELVET UNDERGROUND)がプロデュース。
ダンサブルやポップで終わらずギター主導の曲も収めつつ、
誤解を恐れずに言えばメタルっぽいリフも聴かれ、
歌声も疲れている。

ルー・リードが2000年に発表したアルバム・タイトルの『Ecstasy』よりは弱めの言葉の『The Rapture』がタイトルだが、
そういう“振り切れなさ”もまた当時のSiouxsie and the BANSHEESらしい恍惚感手前のウットリ状態の作品だ。
達した直後みたいな顔でジャケットに写っているスージー・スーの表情ほどではない。
いや、それは深読みで、
眠りにつくスージー・スーというイメージにも映る。

ひとまずゆっくり休んでほしいといった佇まいのジャケットだが、
メンバーはそれぞれ以降も活動する。
でも約20年ぶりで3度目の来日公演も果たした2002年前後のSiouxsie and the BANSHEESも含めて、
90年代までのSiouxsie and the BANSHEESの活動・・・それこそ本作にすら迫る姿に僕は出会ってない。
だから久々に聴いてますます苦い気持ちになる。

ボーナス・トラックは3曲。
アルバム1曲目を飾るファカラティーナっぽい「O Baby」のシングルで発表したミックス、
未発表のデモの曲「FGM」、
95年の映画『ショーガール』に提供した「New Skin」の8分強のミニマル未発表ヴァージョンが楽しめる。
その「FGM」や「New Skin」で披露する前のめりの“パンク・サウンド”を聴くと、
この時点でそういうプリミティヴなことができたのであればその方向性で再度進んでほしかったと
思わせされてまたまた切なくなる一枚である。


★Siouxsie and the BANSHEES『The Rapture』(POLYDOR 4701654)CD
約69分15曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1427-e1807a30

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (291)
映画 (254)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (413)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (94)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん