なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

V.A.『Immortal RANDY RHOADS - The Ultimate Tribute(邦題:ランディ・ローズ・アルティメット・トリビュート)』

randy+rhoads_convert_20150323143837.jpg


初期QUIET RIOTや
BLACK SABBTHから離れた直後のオジー・オズボーンのバンドで活躍するも82年に25歳で事故死した、
米国の音楽家ランディ・ローズ(g)のトリビュート盤。
CDとDVDの2枚組でのリリースだ。


約53分11曲入りのCDはランディがソングライティングに携わった曲のカヴァー。
QUIET RIOTの77~78年の曲「Back To The Coast」「Killer Girls」以外は、
80~81年のオジー・オズボーンのソロ作に収めた曲で、
豪華ミュージシャンの華麗なる競演といった作りになっている。
王道ヘヴィ・メタルのミュージシャンの参加が中心ながら意外な人も顔を出している。

ヴォーカルは全11曲中8曲で歌っているティム・オーウェンズ(元JUDAS PRIEST)の他、
サージ・タンキアン(SYSTEM OF A DOWN)やチャック・ビリー(TESTAMENT)、
ケル・ローズ(ランディの兄)が担当。
活動時期がランディと微妙にダブなかったとはいえ
ベースはQUIET RIOTやオジーのバンドでも演奏したルディ・サーゾが全曲で弾いている。
ドラムは、
オジーよりロニー・ジェイムズ・ディオと交わった元BLACK SABBATH~DIOのヴィニー・アピス、
これまたランディ他界後のQUIET RIOTに加わった後にW.A.S.P.などで叩いたフランキー・バネリ、
さらにブレット・チャッセンがプレイ。

そして焦点のギタリストは以下のとおりだ。
●トム・モレロ(RAGE AGAINST THE MACHINE、AUDIOSLAVE他)
●ジョン・ドネイズ(SHADOWS FALL、ANTHRAX)
●アレキシ・ライホ(CHILDREN OF BODOM)
●ダグ・アルドリッジ(元BAD MOON RISING~DIO~WHITESNAKE)
●ブルース・キューリック(元KISS)
●ジョージ・リンチ(元DOKKEN~LUNCH MOB他)
●ドゥイージル・ザッパ(フランク・ザッパの息子)
●ジョエル・ホークストラ(元NIGHT RANGER/現WHITESNAKE)
●ガス・G(オジーの近作にも参加していた“メタル仕事人”)
●ブラッド・ギルス(NIGHT RANGER)
●バーニー・トーメ(70年代のパンク・シーンとも接点を持ちつつGILLANのメンバーになる音楽家)

ランディ一人で書いた曲ではないが、
耳と心に残るソングライティングが光り、
原曲に忠実だからこそ問答無用のヘヴィ・メタルの嵐が痛快である。
僕もJUDAS PRIEST時代の日本公演で痺れた口だが、
オジーやQUIET RIOTのケヴィン・ダブロウ以上にメタリックなティムのヴォーカルも聴きどころだ。


約82分のDVDは関係者の話で構成。
ランディの母親が設立してランディが学んだ米国の音楽学校Musonia School of Musicの
簡潔な紹介を交えながら、
そこで収録された数人の談話が収録されている。
CDのプロデューサーでギターも弾いているボブ・キューリック(ブルース・キューリックの兄)と、
Musonia School of Musicの運営者でランディの兄のケル・ローズが案内人になって進行。
ボブは訊き手にもなり、
CDの方で演奏したケル・ローズ、ドゥイージル・ザッパ、フランキー・バネリ、ルディ・サーゾ、
ジョエル・ホークストラ、ジョージ・リンチ、ブルース・キューリック、ダグ・アルドリッジ、
ジョン・ドネイズにインタヴュー。
ランディに関するトークをたっぷり収めている。


ランディ・ローズの魅力を様々な方面のミュージシャンが炙り出し、
単なるテクニカルなギタリストに留まらない意外な一面も発見できるリアル・トリビュート盤である。


★V.A.『ランディ・ローズ・アルティメット・トリビュート』(ワーナーミュージック・ジャパン WPZR-30635/6)CD+DVD
厚手の紙で作られた32ページのブックレット封入ハードカヴァー・ブック仕様。
日本製のDVDプレイヤーで再生可能ながらDVDは字幕無しだが、
3月25日(水)発売の“輸入盤国内仕様”の日本版は、
そのDVDの語りすべてとライナーの膨大な字数の和訳が載った48ページの別ブックレットも封入だ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1442-025808c1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (244)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん