なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

VIBRATORS『Punk Mania - Back To The Roots』

Vibrators Punk Mania - Back ToThe Roots


70年代後半のロンドン・パンク・ムーヴメントの中からデビューしつつも“ポッと出の新人”ではなかったバンド、
The VIBRATORSの新作。
昨秋リリースされている作品にもかかわらず今頃ゲットしたが、
昨年のベスト・アルバムのリストに割り込ませるべき今回もウルトラ・グレイトな作品である。


リーダーのノックス(g、kbd、vo)は数年前に“バンドから離れる”という宣言をしているし、
実際ノックスの姿はオフィシャル・サイトのメンバー写真から外されている。
だがMOTORHEADのレミーと同じく今年70歳になるノックスは、
2013年の前作『On The Guest List』同様に今回も全面的に参加。
大半の曲を一人で書き、
歌も演奏も担当している。
ツアーには参加しないようだが、
レコーディングでは変わらずノックスが中心メンバーということをあらためて知らしめるアルバムだ。

前作に引き続きVIBRATORSのオリジナル・ベーシストのパット・コリアーが
バンドと一緒にプロデュースしている。
オリジナル・ドラマーのエディーも元気で怪力ビート健在である。
渋く繊細なノックスの歌をはじめとするヴォーカルは色っぽい。
ギターもギンギン鳴っていながらたいへん艶っぽい。
盟友UK SUBSで長年弾いてきたことで知られるニッキー・ギャラットがギラギラしたギターで5曲に参加
(1曲ソングライティングにも関わっている)。

前作から短いインターヴァルにもかかわらず、
アルバム本編はすべてオリジナル曲で固めたソングライティングの妙味に痺れるしかない。
捨て曲がひとつもない。
ノックス以外のメンバーが一人で書いたハード・ロッキン4曲もいいアクセントになっていて、
なかなかヴァラエティ豊かな作品に仕上がっている。

テキトーにそれっぽいノイズでごまかしたやつとか、
小賢しくギミックでごまかしたやつとか、
まわりのみんなと一緒のメッセージでごまかしたやつとか、
戦略を立てることに一生懸命で中身がない頭デッカチのやつとか、
飽きたからとかいってヤリ捨ててやってることコロコロ変える無責任なやつとかみたいな、
ウソが一切ない。
音作りもシンプルなのに、
いやシンプルだからこそ深い。
それでいてさりげなくアレンジは凝っている。
ひとつひとつの音も声も旨みいっぱいでパンチもたっぷり効いている。
いろんな音楽のダシが染みた甘酸っぱくワイルドなパンク/パワー・ポップ/ロックンロールの連打で、
しあわせ元気になれる。

ロートル・バンドなんて絶対に呼ばせない。
まさにバリバリの現役のサウンドだ。
ティーンエイジャーのとは言わないが、
二十代のパンク・ロック、
いやノックスに焦点を当てるとすれば、
『Pure Mania』(77年)でアルバム・デビューした三十代の頭そのままのパンク・ロックンロールである。
変わってない。
若作りしたサウンドではないにもかかわらず若い。
天然でいつのまでも若く瑞々しい。
だからひたすらほんとうにかっこいいのだ。

とても大切なもの、
とても大切なことが、
すっぴんのまま伝わってくるアルバム。
全力大スイセン。


★VIBRATORS『Punk Mania - Back To The Roots』(CLEOPATRA CLP-200902)CD
本編14曲で、
FLAMIN’ GROOVIESの「Slow Death」のカヴァーを含むボーナス・トラック3曲入りの約49分のCD。
薄汚れたデザインにふさわしいように意識したのか、
僕が買ったCDのブックレット(といっても一枚の紙を二つ折りしただけの簡素なもの)の紙の端は、
裁断が乱暴だったのかギザギザが目立ち、
紙全体がくたびれているが、
それはそれで味になっている。
実際のジャケットの“V字”は↑の画像より赤みが強いです。


スポンサーサイト

コメント

パンクマニア

この作品はダウンロードサイトで試聴しただけで、まだなんともなんですがノックスの最近の活動が分かったのでありがとうございましたm(_ _)m
検索してみると[パンクマニア]という国内流通仕様盤もあるみたいですね。

一時期の70'sスタイルブームが落ち着いた今こそしっかり評価したいバンドですね。
70'sスタイルの「PURE MANIA 」だけでなく幅広く聞いて貰いたいロックだと思ってます。

ところで、DOLL に書いていた連載や特集ってもう読むことは出来ませんかね?処分してしまったのですが、グラインドコア特集やVIVA HATE など単行本とか出ませんかね。シティーロッカーの音源の再発も難しいみたいだし無理ですかねぇ。

書き込みありがとうございます。
>余分三兄弟+さん
僕は国内仕様のものが発売されることを知ってから、このアルバムがリリースされていることを知った感じです。昔来日公演をした時のDOLL誌のインタヴュー(確か聞き手はTEENGENERATEの兄弟だったような)でもうかがえましたが、音楽に対して誠実で謙虚なノックスの姿勢はこのアルバムにも表れています。
>能年さん
僕も良さがわかるまで時間がかかったバンドで、アルバムもコンプリートできていません。結局、パンクも音楽以外のところの方に注目がいきがちで、するとこういう目立ったスキャンダル性がないバンドは注目されませんね。聴くのが遅れて言うのもアレですが、これも少なくても昨年の英国ロック年間ベスト10には入るアルバムです。過小評価に怒りすら覚えます。
DOLL誌に書いていた原稿に関して、ありがとうございます。最近の出版業界状況では厳しそうですが、なんとかできればいいなとは思っています。8年前に出した『パンク・ロック/ハードコア史』にも既出原稿を混ぜたりしていましたし。
シティ・ロッカー・レコードの音源は、バンドの協力もあって何だかんだ言ってここ10年ほどの間にかなり再発されたと思いますが、GAUZEも入っていたオムニバス・アルバム『City Rockers』のことでしたら現状かなり難しいと思います。『Outsider』も同様ですが、どちらも可能性ゼロでもないとも思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1453-449d69a2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (298)
映画 (265)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (46)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (127)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん