なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

V.A.『Nina Revisited...A Tribute To Nina Simone』

『Nina Revisited…A Tribute To Nina Simone』


ニーナ・シモンへのトリビュート盤。
日本盤はボーナス・トラック1曲追加の計約80分17曲入りである。

セルフ・プロデュースしたMs. ローリン・ヒルの5曲とインスト1曲以外は
ロバート・グラスパーのプロデュース。
2曲やったニーナの娘のリサ・シモン以外は、
ジャズミン・サリヴァン、グレイス、アッシャー、メアリー・J.ブライジ、グレゴリー・ポーター、
コモン & レイラ・ハサウェイ、アリス・スミスが1曲ずつ披露している。
インスト・ナンバーと
ニーナ・シモン自身による「I Wish I Knew How It Would Feel to Be Free」(67年)も収め、
日本盤はアンドラ・デイによるカヴァーも聴ける。

曲によってはヒップホップやレゲエのアレンジが施されて
モダンな仕上がりのサウンドになっている。
アルバム全体が軽やかだし洗練されてはいるが、
アリス・スミスの「I Put A Spell On You」はよりソウルフルになったPORTISHEADとも言うべき出来だ。
現在進行形の音でやったからこそニーナの精神をアップデートしている本作の白眉である。

単にオリジナル曲をカヴァーしただけのトリビュート盤ではない。
デイヴィッド・ボウイも歌った「Wild Is The Wind」などニーナがカヴァーした曲のカヴァーも含む。
そんな中で様々なアプローチで魅せるMs. ローリン・ヒルがやった曲の一つ「I’ve Got Life(Version)」は、
ニーナの「Ain’t Got No – I Got Life」をサンプリングしつつもほぼオリジナル曲と言える。
ニーナもここまで激烈なことは歌わなかったが、
“何も変わってない・・・いや状況は悪化している”とばかりの現代的ヴァージョンだ。

色々なトリビュートの形が聴けて興味深い一枚。


★V.A.『ニーナ・リビジテッド・・・ア・トリビュート・トゥ・ニーナ・シモン』(ソニー・ミュージックエンタテインメント SICP 4519)CD
日本盤は、
曲ごとの詳細なレコーディング・データと共に16ページのオリジナル・ブックレットに載った英文ライナー
(米国の黒人政治運動家アンジェラ・デイヴィスが公民権活動家としても知られるニーナの思い出を手記)
の和訳と、
出田圭執筆の詳細なライナーと、
本編の曲の歌詞/和訳が載った44ページのブックレット封入。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1537-82417f79

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (236)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (87)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん