なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

本『洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 VOL1 1955-1970』

洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 VOL1


湯浅学監修のタイトルどおりの本。
The WHODOORS、GRAND FUNK RAILROADなどの計19タイトルのアルバムを書かせてもらいました。


表題の時期の英米チャートの上位に入ったアルバムを中心に、
ロック/ポップスが大半ながらR&Bやサントラなども含めて
奇才・湯浅学ならではのセンスで“王道”の948タイトルを厳選してほぼ発売日順に配列。
VELVET UNDERGROUNDをはじめとして当時のセールスがイマイチでも重要作は多少混ぜているが、
あえて英米で売れたものを中心にしたセレクトが意外と新鮮だ。
いわゆる名盤ガイド本とは一味違う塩っ気と甘味がいいあんばいである。

“チャート・アクションを意識した文章に”という指示が執筆者に行きわたっていて、
そういう内容を含むアルバム紹介文が大半というのもけっこう面白く、
ふだんチャートと縁のないものばかり聴いている僕もフレッシュな気分で書けた。
さらに本を眺めていると個人的にも色々発見続々である。

なんとなくでもディープな音楽ばかりということはわかっている。
けど昔からノスタルジーや60年代絶対視みたいなものが大嫌いで、
何にしても評価が定まっているものや大勢が寄ってたかって注目するものに惹かれるどころか疑念を抱き、
ロックにしてもリアル・タイムで動いているバンドやミュージシャンの方を優先して追う人間なもんで、
ここいらのアルバムにはあまり縁がない。
というわけで事前にある程度の想像はしていたが、
ヒット・アルバムで詰めつくされている本にもかかわらず
予想以上に聴いたことはおろか見たこともないアルバムの連続ということに驚いた。

ジャケット写真はすべてカラーで掲載。
当時のLPのジャケットはアーティスト写真が多かったとあらためて思い、
ほとんどがメジャー・リリースで多少なりともあらかじめセールスを期待していたものだろうから
撮影に金がかかってそうなのも興味深い。
たとえ知らないアーティストでも“このジャケットなら売れそうだなぁ”と思わせるほどの、
ねじふせるように納得させる説得力十分の発色極上印刷のヴィジュアルや
大枠と小枠を読みやすく組み合わせたデザインやレイアウトも特筆したい。
さかのぼって味わう誘惑に駆られ、
死ぬまでにどれだけ手に取って聴けるか挑みたくもなる。

ポピュラーなやつが軽いとは限らない。
本気ならみんな重いのだ。
物理的にも内容的も重み十分。
値段以上の価値ありありの一冊である。


★洋楽ロック&ポップス・アルバム名鑑 VOL1 1955-1970
レコード・コレクターズ11月増刊号
定価2400円(本体2222円)
A5判300ページ
10月19日(月)発売。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1553-2d0dbd4c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (288)
映画 (242)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (400)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (91)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (118)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん