なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

BEDEMON『Child Of Darkness』

BEDEMON『Child Of Darkness』


米国最初のドゥーム・メタル・バンドであるPENTAGRAMのメンバーがやっていた
BEDEMONの70年代レコーディング音源集の新装リイシュー盤。

71年の結成から現在までPENTAGRAMのフロントに立ち続けるボビー・リーブリング(vo)や、
同じくPENTAGRAMのオリジナル・メンバーで70年代にバンドを支えたジェフ・オキーフ(ds)も全面参加だが、
一時PENTAGRAMでも弾いていて本作の大半の曲を書いた故ランディ・パーマー(g)のプロジェクトである。
73~74年録音の12曲と79年録音の3曲で構成されている。

バンド名には“be demon”という意味が込められていたのかもしれないが、
BLACK SABBATHの「Solitude」から「Dirty Woman」、「War Pigs」までの意識が溶け込んだ歌詞も含めて、
ピュア&rawなプリミティヴ・ドゥーム・メタルである。
サイケデリックですらある哀愁金属ギターは“脳殺”必至だし、
倉庫で録音している様子が目にうかぶ米国産ならではのホコリっぽさがたまらない。
静かなる熱気が充満し、
ヤバい空気が渦を巻いている

じっくりと何かを生み出そうとしている時に湧く熱情までもが“レコーディング”されており、
今はただこの原石の輝きに震えるのみだ。
ドゥーム・ファン必携。


★ベデモン『チャイルド・オブ・ダークネス』(リラプス・ジャパン RLJP-1362)CD
SLAYERを含むエクストリーム・メタル・バンドの作品を手掛けているGeof O'Keefeのジャケットの
32ページのオリジナル・ブックレット封入の約56分15曲入り。
日本仕様版は、
膨大な量のセルフ・ライナー(2001~2004年にジェフ書いたものを2014年に改訂)と
詳細な曲解説(ジェフとベーシストのマイク・マシューズの対話形式)と歌詞の、
和訳で埋め尽くされた2枚の六つ折りインナーシートも封入。
それらの和訳の字体が大きめで日本語が読みやすい丁寧な作りである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1567-a88d03e9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (243)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん