なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

HEX DISPENSERS『Ⅲ』

HEX DISPENSERS『Ⅲ』


2000年代後半から米国テキサス州オースティンを拠点に活動している
現在進行形のパンク・ロック・バンドの3作目。
7”EPは合間に出していたが、
アルバムとしては約6年ぶりのリリース。
活動環境が悪化しているのか音楽以外でアピールしないバンドは短命に終わるケースが増えて悲しいが、
大好きなバンドだから新作が聴けてとてもうれしい。

基本的にメイン・ヴォーカルは男性だし活動フィールドも多少異なるが、
GORILLA ANGREBやVICIOUS~MASSHYSTERI以降のパンク・ロック・バンドとも言える。
だがかなりアクが強い。
WIPERS、初期DEVO、TUBEWAY ARMY、初期MISFITSなどをカヴァーしてきている、
翳りを帯びたセンスが生きているパンク・ロックだ。
音楽を好きなバンドからしか生まれ得ず、
“ポーズ”を付けずウソのないバンドからしか生まれ得ないパンク・ロックだ。

こういうアルバムは、
悪口ばかり言っているくせに満ち足りた顔をした者には作れないし、
自分の都合のいい同じような系統のものしか受け入れない体裁を気にした自己保身の者には作れない。

前作『Winchester Mystery House』からメンバーが半分変わり、
シンガー/ギタリストとドラマーのオリジナル・メンバーは残り、
ギタリストとベーシストが新しくなっている。
これでドラマーに加えてギター専任のメンバーも女性になった。
自由度が高いにもかかわらずローファイに陥らずにパワフルな頭のやわらかい彼女たちの演奏の影響は大きく、
特にヴォーカルの比重も高い女性ドラマーの
ロカビリー~サーフ調で繰り出すリズムの後ノリ気味のビートが特にバンドの核だ。
タイプは違えどVELVET UNDERGROUNDのモーリン・タッカーを思い出す我流なのである。

RAMONESとThe SMITHSのパンク・ロック・チューンが溶け合った中に
ADVERTSとCRAMPSのスパイスも少々みたいな切ない楽曲を音が無限にふくらませる。
ゆっくりと疾走はしても、
たとえばWHITE LUNGみたいな加速はしない。
2本で演奏しているにもかかわらずギターは控えめでベースが目立つ。
一方で60年代のポップス/ドゥーワップみたいな静かな曲もやっているし、
女性ヴォーカルのスローかつデリケイトな曲ではストリングスの粗削りの弓弾きみたいな音も聞こえてくる。
7”EPでもやっていたKNIFE IN THE WATERの「Young Blood In The River」のカヴァーも収録。
KNIFE IN THE WATERは同郷のちょい先輩バンドで、
ロマン・ポランスキー監督の映画『水の中のナイフ』の英題と同じバンド名にふさわしいメランコリックな曲を
パンク・ロックに仕立てている。

“陰性”のサウンドと共振して歌詞も内省的で疎外感も滲む。
他者に真正面から向き合うには自分自身に真正面から向き合ってないとウソだ。
すべては自分に返ってくる。
だからサウンドも深く重い。
しみじみと染み込んできて、
じわじわと効いてくる。

押しつけがましくないこういう作品は芯から力になる。


★The HEX DISPENSERS『Ⅲ』(ALIEN SNATCH! SNATCH!074)CD
10ページの折り畳み歌詞カード封入の二つ折り紙ジャケット仕様の約28分10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

前作から6年も経つんですね。長かったです。
シングルは買ってなかったのですごく楽しみです。

chumbaさん、書き込みありがとうございます。
7"EPの曲も入っているアルバムです。リリース元がバーコード付きのレーベルながらあまり日本では流通してないようですが、国内でもまだ入手可能だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1576-9c0aadfb

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (238)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (89)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん