なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

GENTLEMANS PISTOLS『Hustler's Row』

GENTLEMANS PISTOLS『Hustlers Row』


2000年代前半から活動し、
2011年の前作『At Her Majesty’s Pleasure』からビル・スティアー(g ~CARCASS)もメンバーになった、
英国の“ハード・ロックンロール・バンド”のサード。
リリース元は、
前2作を出したリー・ドリアン(元CATHEDRAL、現WITH THE DEAD)のRISE ABOVEではなく、
NUCLEAR BLAST Recordsからである。

当時のバンドは色んなことに手を染めて曲がかなり長くもなったりしていたものだが、
このアルバムは長い曲でも6分弱という具合に70年代ブリティッシュ・ハード・ロックの核を凝縮し、
インスト・パートも大切にしつつ歌を重視した作りだ。
むろん“ハード・ロック”といっても“HR/HM”な金太郎飴みたいに同じような曲が続くわけではなく、
サイケデリックとブルースが発酵した音の味わいもたまらない。
ツイン・ギターを活かしたギター・コンビネーションもいい感じで、
リズム・ギターもやっていると思われるが、
担当パートでクレジットされているリード・ギターそのものの演奏をビルは楽しそうに弾いている。
70’sなスピード感で疾走する曲のゆるいドライヴ感もさることながら、
やさしく静かなバラードで全開の楽器やヴォーカルの“歌心”もなかなかのもんである

繊細なタッチのヴォーカルで綴られる歌詞は、
アートワークからイメージできるストレンジな映画みたいでもあるが、
本作に収められている曲のタイトルの“Personal Fantasy Wonderland”といった趣。
結成時から活動を共にしていたベーシストが前作で去り(新ベーシストも一部でヴォーカルをとる)、
唯一のオリジナル・メンバーになったジェイムズ・アトキンソン(vo、g)の実体験がモチーフのようで、
ストーリー・テラーのような歌い口だ。

疲れているときにも打ってつけのクールな好作。


★GENTLEMANS PISTOLS『Hustler's Row』(NUCLEAR BLAST 3617-2)CD
約44分10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1598-260bcdf0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (238)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (88)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん