なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

DOOM『No More Pain~Complete Explosion Works Session』

DOOM『No More Pain』


英国のクラスト・コア・バンドより先にDOOMの名で活動していた
東京拠点の“プログレッシヴ・エクストリーム・メタル・トリオ”が、
87年にリリースしたファースト・アルバムの新装リイシュー盤である。
かつてリリースされたLPヴァージョンとCDヴァージョンの音源を2枚のCDに振り分け、
それらの他に、
当時東京・神楽坂のライヴ・ハウスのエクスプロージョンが運営していたインディ・レーベルの
EXPLOSION Recordsが世に出した盤のすべてを網羅。
中村宗一郎がリマスタリングを施している。


ディスク1は『No More Pain…』のLPヴァージョン中心の約60分14曲入り。
LP『No More Pain…』の8曲+86年のデビュー7”EP『Go Mad Yourself!』の4曲+
LP『No More Pain…』初回プレス分に封入されていたソノシートの2曲(音質良好なライヴ・テイク)
が収録されている。

82~84年のDISCHARGE
曲によってはG.I.S.Mがメタル度を高めてプログレ化したようにも聞こえる。
KING CRIMSONやPINK FLOYDのドラマチックな曲展開も混入しつつ、
BOLT THROWERの先を行っていたクラスト・デス・メタル・テイストも味わえる。
ドゥーム・メタルも無意識のうちに絡めながら、
10年早すぎたカオティック・ハードコアにも聞こえる。
そしてもちろんカナダのVOIVODの“同志”であり、
VOIVODのデモをリイシューしたジェロ・ビアフラ(元DEAD KENNEDYS)が、
けっこうリアル・タイムで聴いて早々とインタヴューでフェィヴァリットを表明したのも納得だ。

洗練されすぎないアンダーグラウンドな音質もこのアルバムの作風にピッタリである。
ジャズ・ロックに通じる知的な音の波が胸をすく諸田のフレットレス・ベースも、
変拍子で叩いてもハード・ロック魂がまぶしい広川のドラムも、
スラッシーなリフを弾いてもオールド・ロックのブルージーな味を忘れちゃいない藤田のギターも、
ざらついた苦悶の声で英語を吐く藤田のヴォーカルも、
すべてポーズ無しの生である。
やはりブックレットに歌詞が載ってなくても本物だったら伝わるものは響きで伝わるのだ。

7"EP『Go Mad Yourself!』とソノシートの曲は
ちょいテクニカルな“メタル・クラスト・スラッシュ・チューン”で、
80年代後半のUKハードコアとも共振していた。
これまた生硬でたまらない。

聴けば聴くほど発見があるし味が染み出てくる。
未知のものを産み出さんとする創造の無限の力におののくしかない。


ディスク2は89年に発売されたと思しきCDヴァージョンの曲順/ミックス等の約52分12曲入り。
JURASSIC JADEの『Gore』と同様に、
当時EXPLOSION RecordsはLPそのままのCD化はしなかった。
LP『No More Pain…』の曲間に86年のデビュー7”EP『Go Mad Yourself!』の4曲を入れ、
全体の流れを考慮しながら曲順も多少入れ替えて『No More Pain…』を再構成した作りである
リミックスが施されてLP『No More Pain…』とは微妙に違うことを意識したからか、
フィンランドのハードコア・パンク・バンドRATTUSの『Rattus』(84年)を思わせるLPヴァージョンのジャケットも
マイナー・チェンジしてCDでリリースされていた。

こちらのミックスは真ん中に音を集めたようであり、
塊みたいにも聞こえてくる。
元の録り音は同じながらLPヴァージョンと別物の形で当時発表したのもうなずける。
今回のリイシューはリマスタリング音質で聴き比べられるから、
各々の良さに耳を傾けるいい機会にもなった。


とにかくスラッシュだメタルだということ以前にクールなロックとして歴史に刻まれるべき名盤。
ヴォリュームたっぷりの2枚組CDにも関わらず値段も抑えられており、
これは買い!だ。

そして来年3月2日、
DOOMは約16年ぶりのニュー・アルバム『Still Can’t The Dead...』をリリースする。


★ドゥーム『ノー・モア・ペイン~コンプリート・エクスプロージョン・ワークス・セッション』(13TH REAL RECORDINGS 13RR 1001/1002)2CD
オリジナルLPに準じたアルバム・カヴァーながら昔のCD版のジャケット等も載った12ページのブックレット封入。


スポンサーサイト

コメント

しばらくぶりであります

自分もリアルタイムで聴いておりましたまさかビアフラが聴いてたなんて驚きです
ふとたまに聴きたくなるバンドですが中古でもかなり高値になってたのでこレは大変嬉しいです、いっそ全部再販してほしいものです
当時はこのバンドとコロナー(再販希望!)とヴォイヴォドが三大ヘンテコスラッシュとして自分では大ヒットでした

Re: しばらくぶりであります

zidataさん、書き込みありがとうございます。
ビアフラは80年代後半のインタヴューで語っていました。確かZENI GEVAやYBO2などと一緒にお気に入りに挙げていたような。パンク/ハードコア以外の日本ものも当時リアルタイムでよくチェックしていたようです。
そこそこ有名なこういうアルバムが意外と再発されないこと多いですね。ある意味今回のは初CD化とも言えますから、ありがたいリイシューです。
ヘンテコスラッシュ・・・最高のホメ言葉だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1601-80e6900e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん