なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

MADAME EDWARDA『Rêve Désir』

MADAME EDWARDA


東京拠点の“ダーク・ウェイヴ/ポスト・パンク・バンド”のMADAME EDWARDAによる約30年ぶりの新作。
ライナーを書かせてもらいました。


単独作としては86年初頭に出たカセット・ブック『illumine』以来、
フル・アルバムのヴォリュームの盤としては84年のデビュー作『ヒステリックな侯爵夫人』以来となる。

オリジナル・メンバーはZin-Francois Angelique(vo)のみで、
演奏陣が30年前とは全員違うから出てくる音は同じではないが、
曲調をはじめとしていい意味で変わってない。
特にZinの歌い方は筋金入りである。
日本語を滑らかなゴス・チューンに上手く絡め、
欧州の小説の翻訳もののような味わいも孤高の趣だ。

レコーディングが、
80年代からジャパニーズ・ハードコア・パンクの名作が多数録られてきたスタジオである
東京のアワ・ハウスで行なわれたことも興味深い。
原点回帰というわけではないだろうが、
MADAME EDWARDAは初期にハードコア・パンク・シーンと接点を持って活動していたわけで、
本作はそういうエナジーもひそかに息づいている。

演劇的な構成により“本物”ならではの重さが醸し出されている。
聴き応え十分の力作。


ps
2016年1月14日(木)に21時からタワー・レコード渋谷店で、
マダム・エドワルダの『レヴ・デジール』発売記念のイベントが行なわれます。
Zin-Francois Angeliqueさんにインタヴューします。


★マダム・エドワルダ『レヴ・デジール』(Weird Tail WEIRD3)CD
約50分17曲入り。
パッケージの裏面はもちろんのこと帯にもバーコードを付けてないのは大手の店で売る際に手間がかかるだろうが、
アートワークを損ねる理由で付けなかったと思われ、
自主レーベルからリリースという点も含めてこだわりを感じる一枚。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1609-55fa8913

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (239)
JOB/WORK (287)
映画 (238)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (89)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (77)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん