なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ESKA『Eska』

ESKA2.jpg


ロンドン南東部のルイシャムで生まれ育ったジンバブエ移民の子であるシンガーソングライターの
エスカのファースト・アルバム。
本国イギリスでは昨春リリースされているが、
このたび2曲追加で日本盤化された。

90年代後半から外に向けた音楽活動を進めていたが、
ソロ・デビューEPを出したのは2013年のこと。
これがまた今まで溜めこんでいた思いがクールに発酵したかのような素晴らしい作品だ。

エスカは共同プロデュースもしている
(一緒に仕事をしたのはマシュー・ハーバート、デイヴ・オクム、ルイス・ハケット)。
彼らを含む多数の演奏者が曲によって参加していて摩訶不思議な“ポップ・ミュージック”を作り上げているが、
彼女自身もピアノをはじめとする各種鍵盤楽器、ハーモニカ、クラリネット、タンバリン、
グロッケンシュピール、ストリングス、プログラミングなどを手掛けている。
というわけで総合音楽家なわけだが、
やはりシンガーソングライターとしての魅力が特に光る。

エスカにとってもヒロインというケイト・ブッシュとジョニ・ミッチェルがブレンドされたかのようで、
ジョアンナ・ニューサム湯川潮音に通じるモダンなセンスも醸し出されている。
ただそこにアフリカ・ルーツと言うべきであろう濃密で“濃蜜”なR&Bの旨みが宿り、
いかにものソウルフル歌唱スタイルではないにもかかわらず、
艶っぽいソウルがたっぷりと震えている。
そこが現在進行形の“ソウル・ミュージック”ってやつで、
クールな音の連なりと確かに共振している。
音同様に彼女の歌声にもビートが鳴っているからこそ、
とってもキュートにもかかわらず、
とってもストロングなのである。

甘いラヴソングも含めてしっかりと人間に向き合った歌詞もシンプルでほんとうに深い。
「Rock Of Ages」という曲もやっていて、
基本的にはラヴソングの歌詞ながらタイトルをはじめとして色々な意味に解釈できるが、
僕には一種の“ロック・マニフェスト”にも聞こえるのであった。


オススメ。


★エスカ『エスカ』(Pヴァイン PCD-24477)CD
日本盤は、
歌詞とその和訳と平易な英文ライナーの和訳と曲ごとの詳細なクレジットが載った
丁寧な作りの20ページのブックレット封入。
ボーナス・トラック「Red」「Dear Evelyn(song version)」追加の計12曲入りのデジパック仕様だ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1623-f23cf674

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (290)
映画 (247)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (409)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (121)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん