なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

映画『ザ・デクライン』

Dec1_B1.jpg


ハリウッド映画『ウェインズ・ワールド』(92年)を手がけたペネロープ・スフィーリス監督による、
『ザ・デクライン』シリーズ3部作の第一弾。
79年の12月から80年の5月にかけてLAで撮影された歴史的なLAパンク・ドキュメンタリーである。

実はパンフレットやプレス資料用に3000字前後の文章を書かせていただいているので、
それとあまりダブらないように必要最小限の情報と補足したい見どころなどを簡潔に書いてみる。


登場するバンドは、
BLACK FLAGGERMS、X、CATHOLIC DISCIPLINE、Alice Bag BANDCIRCLE JERKSFEARで、
全バンドのしっかりした映像の数曲分のライヴが楽しめるし
(英語でも字幕を出している数曲の歌詞はその日本語字幕もあり)、
最初の4バンドは各々の“アジト”でのインタヴューも収めている。

Decline1_main_[Darby_Crash]s
ダービー・クラッシュ(GERMS)

BLACK FLAGはグレッグ・ギン(g)、ゲイリー・マクダニエル(b)ことチャック・ドゥコウスキー、
ロボ(ds)、ロン・レイズ(チャヴォ・ペデラスト)のメンバー時代で、
ロン在籍期間は短かったから特に貴重な映像だ。
棲家にしていた教会内のインタヴューにはロボが不参加だが、
他の3人は非ヴァイオレントな意味でアブない笑顔を浮かべ、
“神経衰弱”や“鬱”というタイトルの曲をやっているのもダテじゃないことが伝わってくる。

Xはまったりした佇まいで“ハリウッド・パンク”の代表格としてのアート性も香る。

GERMSは厨房に立つダービー・クラッシュも見どころだ。

CATHOLIC DISCIPLINEはシンガーがスラッシュ・マガジン(パンク・ファンジン)の記者で、
“アンチ馴れ合い”のライターとしてのアティテュードにちょっとした共感を覚える。

Alice Bag BANDは元BAGSのアリス・バッグのバンドで彼女のファッション・センスも素敵。

CIRCLE JERKSはBLACK FLAGのオリジナル・シンガーのキース・モリスと
BAD RELIGIONのギタリストでもあるグレッグ・ヘトソンを擁したバンドで、
速い!軽い!短い!の三拍子揃っていた初期の彼らの魅力炸裂ライヴに観客も肉弾戦で応えている。

FEARは、
USAのオトコ臭さムンムンの好戦アティテュードとキャッチーなパンク・ロック・チューンのブレンドが、
ラガー・ビールみたいな喉ごしでたまらない。
ゲイや女性をはじめとして他人を不快にさせること必至の絶好調のMCなどの素行不良ぶりも、
後にリー・ヴィング(vo)が役者としても脚光を浴びただけに少なからずカメラを意識していたと思われる。
監督によれば笑いを狙うべく映画で採用したシーンとのことだし、
ANAL CUNTの曲名や歌詞みたいな調子で楽しむのが勝ち!である。


この中で当時アルバムをリリースしていたバンドはGERMSのみで、
CATHOLIC DISCIPLINE、Alice Bag BAND、CIRCLE JERKSに至ってはレコード・デビュー前だ。
というのもあってか登場した大半のバンドに対して監督は音楽や曲のネタをほとんど訊いてないのだが、
にもかかわらずバンドのキャラを浮き彫りにした手腕がお見事。
というわけで個々のバンドのことを知らない方でも楽しめる。

上記のバンドのライヴを観に行っているパンクスの話や物腰も興味深く、
全部ひっくるめてニヒリズムに覆われている。
そういったパンクの原点を思い知らされるヒリヒリした映画だ。


★『ザ・デクライン』100分
(C) 1981 Spheeris Films Inc. All Rights Reserved.
新宿シネマカリテ 3/19(土)〜25(金)
渋谷HUMAXシネマ 3/26(土)〜4/1(金)
http://decline.jp/


スポンサーサイト

コメント

パンク情報をありがとうございます!

昨日ディスクユニオンで三部作の前売り券(特典付き)を買って来ました。パンフレットも買わせて頂きます。

行川さんもスラッシュマガジンの記者に共感を得てましたかぁ。僕もあの記者のニューウェーブに対する見解に共感を得ました!あとは86公開時との翻訳の違いを楽しみにしています。

Re: パンク情報をありがとうございます!

余分三兄弟+さん、書き込みありがとうございます。
前売りに購入にも感謝します。このシリーズ、誤解も招きそうな映画ですが(それも見越した作りとも思います)、パンフレットには監督の真意のコメント等も載ると思います。
スラッシュ・マガジンの記者の場面は余計にも思われかねないですが、当時のシーンをどういう姿勢でサポートしていたかも伝わってきますね。

やっと観れました。

パンフレットも手抜き無しですね。デクライン3部作の内容が解りやすいです。(≧∇≦)
映画の中でポゴダンスの呼び名に違和感が有りました。当時モッシュ(スラムダンス)というという呼び名が無かったのでしょうか?
X(アンチハードコア派)、BLACK FLAG(ハードコア派)の確執があったという解釈でよろしいでしょうか?

Re: やっと観れました。

余分三兄弟+さん、ありがとうございます。
まだ完成品は見ていませんが、パンフレットでも三部作がつながっていることを監督が伝えていると思います。
ハードコアのああいう観客のノリも黎明期だったと思うので、まだ70'sパンクのポゴ・ダンスという言葉が関係者の中では使われていたのでしょうね。
確執に関しては映画とは別のインタヴューにも表れていました。映画の中でもライヴのノリが明らかに違いますからね。結局、X寄りのバンドでメジャー契約しなかったバンドはフェイド・アウトし、80年以降ほぼハードコア一色になったのも象徴的です。映画ではそういう面に焦点を当てていませんが、都会的なハリウッド・パンクとビーチ寄りのハードコア勢とは、生まれも育ちも違うっていうのも大きそうです。

パンフレット買いました。

はじめまして。
先週の日曜日に新宿で見てきました。映画としてももちろんですが、単純に資料映像としてだけでもかなりの価値がある映画だと感じました。
パンフレットも買いました。かなり内容が濃く大満足です。

映画を見て、演奏能力の高さに驚きました。ジャズやメタルに比べると、ハードコアやパンクは演奏能力が低いとよく言われるイメージですが、XやFEARのタイトな演奏にびっくりです。

Re: パンフレット買いました。

masahideさん、書き込みありがとうございます。
記録として残すという意識は監督になかったと思いますが、意思を持ってしっかり撮っているからポイントを押さえていますよね。ライヴ・シーンは、映画で使われてない曲も撮っていると思いますから、残っていたらまとめて見たいです。
パンフレットはまだ現物を見ていませんが、原稿の校正の段階で濃くなりそうだと確信しました。『極悪レミー』なども手掛けた関係者の方が“わかっている”人でロックな人なので。
パンク/ハードコアのバンドはある程度の演奏ができないと曲が成り立たないバンドが多いですし、演奏者として個性派も多いです。過小評価はそれまでの演奏力の基準から外れているだけかもしれませんね。上手いだけでなく味もありますし。Xは知られている方のバンドですが、FEARは目立ちすぎのシンガーに注目がどうしても集まってしまいますが、ビシッ!とした演奏力があってこそでしょう。『デクラインⅢ』に登場するRED HOT CHILI PEPPERSのフリーが一時在籍していたのもうなずけます。

返信ありがとうございます。

「過小評価はそれまでの演奏力の基準から外れているだけかもしれませんね」という考察になるほどと納得しました。おっしゃる通り個性派な演奏者も多いですし、パンク/ハードコア独自の基準で分析する必要があるかもしれませんね。

ちなみですが、『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』を読了してから、行川さんの大ファンです。『パンク・ロック/ハードコア史』は何度も読みました。今後の執筆活動も楽しみにしております。

Re: 返信ありがとうございます。

masahideさん、書き込みありがとうございます。
本も読んでいただき感謝します。
そもそもRAMONESだってファーストの時点で下手じゃああいうことできないと思います。特に80年代以降のパンク/ハードコアのバンドはそうですね。もちろんヘタレ演奏を売りにしているバンドもいますが。極端な例でANAL CUNTみたいなバンドは、ある種の高度な演奏力が必要でしょうし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1625-4701fc29

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん