なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

KILLSWITCH ENGAGE『Incarnate』

KILLSWITCH ENGAGE『Incarnate』


2000年代以降の米国産メタルコアの一スタイルを築き上げた米国マサチューセッツ州出身の5人組が、
『Disarm The Descent』以来約2年半ぶりにリリースした7作目。

まさに真打ち登場である。
1秒で場の空気が変わる。
意識が研ぎ澄まされた鳴りが違う。
だから視界が開かれていく。
進化と深化が止まない素晴らしいアルバムだ。

いい意味でワンパターンな“KILLSWITCH ENGAGE節”をキープしつつ、
こっそりブラック・メタルを忍ばせるなどのヴァラエティに富むアレンジと構成力の“脚本”が見事で、
曲間をあまり空けず一気に聴かせる。
ブックレットのメンバー写真でも見せる程良く田舎臭く垢抜け切れぬ味わいが息づいて
アメリカン・ロックの伝統をさりげなく感じさせる作曲は、
キャッチー&ドラマチック&コンパクト。
映画でもなんでも言い訳じみた“無駄”なパートが多くてダレる作品が多いが、
どの曲も聞かせどころをしっかり設けつつ何気にストイックに贅肉を削ぎ落としている。
エッジとグルーヴの音のブレンド具合もクールだ。

プロデューサー、エンジニア、ミキサーとしてクレジットされている“Trash D.”なる人物は、
遊び心を忘れないアダム・デュトキエヴィッチ(g他)ならではの命名ではないか。
これまでの自分たちのアルバムだけでなく他のバンドもよくプロデュースしているアダムは
昔はドラマーとしてもレコーディングしていたわけだが、
ドラムができるミュージシャンが中心のバンドのアルバムは必ずしも歌やギター主導にならない。
ライヴ中にステージの後ろから前のメンバーを見ているように、
どうやってリスナーに届かせるかというバランスを頭の中で描きながらレコーディングもしている。
ステージでのオチャメすぎる素行からは想像がつかないレコーディングでの仕事ぶりとも言えるが、
彼の“ポップ気質”は隠し味として本作でも顔を覗かせ、
デス・メタリックなバッキング・ヴォーカルは彼がメインだと想像できる。

こういう系統の音楽のバランス感ということで言えば、
アメリカのハードコア/エクストリーム・メタル系のバンドは、
USAの伝統的な国家体質に通じるほど相手のことを考えないゴリ押しスタイルが目立つ。
馬鹿の一つ覚えの単細胞ハードコア・ヴォーカルやスクリーモ・ヴォーカルもその典型だが、
これまでのKILLSWITCH ENGAGEのアルバム以上に本作は
メロディアスな歌唱と怒号の“ハーモニー”も冴えわたっている。

というわけで、
みんなと同じ敵を対象にした悪口を言って悦に入っている満ち足りたドヤ顔が思い浮かぶヴォーカルではない。
あえて言えば敵は世界中に無数存在する。
もちろん自分自身の中にも無数存在する。
そんなふうに“免罪符”を葬り去った歌詞である。
個人的レベルと現況世界に対峙したかのようでもある。

これぞハードコア!な歌詞だが、
声にも音にもウソがない。
響きは正直だ。
アルバム・タイトルやアートワークに表れているように、
これまでになくスピリチュアルな命が息づいている。
ヴォーカルはもちろんこと楽器の音の一つ一つに歌心が確かに宿り、
わざとらしいエモみたいなのじゃなく感情濃度が高い。

音楽に対する誠実さ。
表現に対する誠実さ。
そんなことをあらためて思い知らされる。
たとえキャッチーなフックのサビを設けた音楽だろうと深いものは深い。
こういう系統の音楽では珍しく感動してしまった。
迷わずグレイト!と言い切れる。


★キルスウィッチ・エンゲイジ『インカーネイト』(ワーナーミュージック・ジャパン WPCR-17105)CD
16ページのオリジナル・ブックレット封入。
日本盤は、
本編12曲+本編の曲とは微妙に違う“スペシャル・エディション”に収録のボーナス・トラック3曲に
前作収録曲「In Due Time」の一昨年10月録音の音質良好ライヴ・テイクを追加した約57分16曲入りで、
全曲の歌詞の和訳が載った12ページのブックレットも封入。


スポンサーサイト

コメント

KILLSWITCH ENGAGEはヌルいバンドと批判されることもありますが、
僕は非常にバランス感覚に優れたバンドだと思います。

アダムがバークリー音楽大出身だということもあり、
単細胞バンドとは違うインテリジェンスな音作りではありますが、
頭でっかちにならずハードコア精神もしっかと息づいていて頼もしい限りです。

今作もお堅い連中の頭をかち割る、突き抜けたキャッチーさが気持ちいいです。

Re: タイトルなし

ゾーン・トリッパーさん、書き込みありがとうございます。
確かに熱いバンドではないですが、熱く見せかけているわざとらしいバンドには耐えがたいものがあります。
以前インタヴューした時の話から察するに、アダムはプロデューサー気質を自覚していてそういう意識で演奏も作曲もレコーディングも行なっていて、だからバランス感があるのですね。
学歴関係なく頭デッカチなバンドはいくらでもいますね。言い訳じみたコンセプトやテーマを掲げて音楽に対して誠意がないバンド・・・それもまた耐えがたいです。サウンドそのもので何も言ってないというか、音楽からウソが聞こえてきてしまうんですよ。
オルタナ方面にも伝統的なメタル方面にもあまり相手にされてない印象がありますが、ちゃんとファンは付いてますからね。
ハワードがヴォーカルの時期は彼のキャラもあってかポピュラリティに傾きすぎの感もありましたが、新作の歌詞もUSハードコアの伝統をアップデートしている内容です。
KILLSWITCH ENGAGEの音楽は正直です。そこに妙な戦略もないです。
> 今作もお堅い連中の頭をかち割る、突き抜けたキャッチーさが気持ちいいです。
まさに!ですね。最近のヘヴィローテーションです。

KILLSWITCH ENGAGE 『Incarnate』

いつも楽しく拝見させて頂いております。このバンドのここ数年の快進撃は、旧くからのファンにとっても大変胸のすく戦線の張り方で、何十年もロックファンをやってる自分の様なジジイを奮いたたせ、14年の赤坂では何十人もダイブさせ、喉が潰れようともグロウルし続け、遅過ぎる青春を存分に謳歌し、午前様のケーキ、正しくはシュークリームも大層奮発したのを思い出します。あの日一緒に肩を組み、歌いサケビ、ウィンドミル&パイルオン、テコンドーしまくった同志達よ!10月埼玉スーパーアリーナで俺とセレナーデしようぜ!乱れ捲くった文章は行川先生のブログでは相応わしい物ではないが、in due time‼️以上業務連絡でした(。-_-。)

Re: KILLSWITCH ENGAGE 『Incarnate』

あわだまんさん、書き込みありがとうございます。
ハワードも悪くはなかったのですが、オリジナル・シンガーの影響がここ数年はよく表れていると思います。自分自身に向き合うというか、そういうのは歌詞だけでなく音そのものに表れるものですからね、どんな系統の音楽でも映画でも文章でも表現でも。
ロック・ファンのキャリアの長い方がこういうバンドを好きになるのは嬉しいです。懐メロ・ロックやいわゆる趣味のいい音楽に傾きがちですから。
「乱れ捲くった文章」大歓迎です。手癖で書かれた合理的で整然とした文章が大嫌いですから。灰野敬二の音楽じゃないですが、文章も五線譜をブチ破るのはロックだったら自然なことです。

ありがとうございます

熱い返信ありがとうございます!
あれから2年経ちましたが、未だに辛い時哀しい時のセルフ起爆剤として有効に役立っています。ロック嫌いの妻が、ツェッペリンとこのバンドだけは文句を言わず、あんなに遅く帰って来て、『愉しかったかい。風呂入って寝な。』とだけ笑顔で言ったあの日に、私はこのバンドに愛と誠、感謝の気持ちも教わりました😘 😷灰野敬二様には、『良い靴を履いているな。』と笑顔で言われた経験があります。生涯ロックは現役で居ようと思いました。その際の必携のテキストとして当ブログは絶対不可欠です故末永くお元気で😷🤗

Re: ありがとうございます

あわだまんさん、書き込みありがとうございます。
ロック嫌いなのにツェッペリンとKsEに理解のある奥さん、いいですね。灰野敬二のライヴも観ていらっしゃるようで、そのエピソードも素敵で、あの人らしいセリフです。
“生涯ロックは現役”・・・最高の言葉ですね。あわだまんさんの&ファンキー&グルーヴィな文章もロックのノリそのもので素晴らしいです。
今後ともよろしくお願いします。僕もがんばります。

アダム&ジェシー

ハワード時代からファンになった新参者ですが、このバンドにはジェシーのボーカルが合う気がしますね(勿論ハワードも素晴らしいシンガーですが)TIMES OF GRACE(これもグレイト!)然りですがアダムとジェシーは本当に相性がいいんでしょうね
前作は本当に大好きで、新作は最初掴み弱いかな?と思いましたが、聞きこんだ今は同じくらい気に入ってます。
KsEはメタル、ハードコア以前にロックとして素晴らしい。私も若くない体に鞭打って埼玉に参戦する予定です

Re: アダム&ジェシー

TOMMYさん、書き込みありがとうございます。
何度が書いていますが、ハワードはポピュラー・シンガーとして素敵で、あえて言うならフランク・シナトラやソウル・シンガーの方に近い歌手だと思っています。ジェシーはもうちょいハードコアでロックのフィーリングかなと思っています。というわけで、ハードコア通過後の“メタル・ロック”と言えるKsE/アダムとの相性はバッチリでしょう。
と言いつつ矛盾しそうですが、
> KsEはメタル、ハードコア以前にロックとして素晴らしい。
ですね。日本でも一般的なロック・フィールドでもっと注目されてしかるべきだと思います。“ベビメタ”やるならKsEもやれっていうか、ほぼ黙殺で、結局メタル差別は変わってないんですね。でもファンはどんどん増えていて、そんな状況知ったこっちゃない!って感じでたのもしいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1637-48edf49b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (289)
映画 (244)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (42)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (407)
EXTREME METAL (128)
UNDERGROUND? (93)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (120)
FEMALE SINGER (42)
POPULAR MUSIC (25)
ROCK (82)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん