なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

WORLD BE FREE『The Anti - Circle』

WORLD BE FREE


DESPAIR~TERROR~BURIED ALIVEのスコット・ヴォーゲル(vo)、
DESPAIRのジョー・ガーリップ(g)、
STRIFEのアンドリュー・クライン(g)、
GORILLA BISCUITS~CIVのアーサー・スミリオス(b)、
YOUTH OF TODAY~JUDGE~CIV~RIVAL SCHOOLSのサミー・シーグラー(ds)
によるハードコア・パンク・バンドのファースト・アルバム。


名前を出したバンドの中で最もコンスタントに活動を続けるTERRORはカリフォルニア拠点と言えるが、
いい意味でメンバーがやってきたバンドからイメージできるサウンドを裏切らない。
MINOR THREAT~DAG NASTY~UNIFORM CHOICEの流れをくむ、
80年代後半の“非マッチョ”ニューヨーク・ハードコアのアップデート・ヴァージョンだ。
しいて言えばGORILLA BISCUITSに近いが
(元GORILLA BISCUITSのウォルター・シュレイフェルズがゲスト・ヴォーカルで1曲に参加)、
まさに5人の色がブレンドしている。
スコットのヴォーカルがTERRORより柔らかいのも興味深い。

“前菜”みたいなオープニングの5秒でヤられる。
シンプルだけに単調になりがちなこの系統の曲だが、
いわゆるユース・クルー・スタイルを超え、
ひとひねりされたキャッチーなソングライティングもさすが。
メンバーがやってきたバンドの曲が見え隠れする“元ネタ”明かしも御愛嬌ってもんだ。

サミーのドラムを聴きたくて買ったCDでもあるが、
これまた期待を裏切らない。
YOUTH OF TODAYのファーストの裏ジャケットに映る写真とほとんど変わってない“年齢不詳姿”だし、
硬すぎずにいい感じで風通しのいい“パンク・ロック・ドラム”の音もリズムも変わってない。
なにしろドラムだけでなく“歌心”がどのパートからも溢れている。

大切なのはスタイルじゃないんだよ。
体裁を気にするよりもっとやることあるだろ。

個人的にこの系統のものを買うのもホント久々で、
REVELATION Recordsものはたぶん20年以上買ってなかった。
自分を棚に上げて他人の悪口ばかり言っている人間に小さい頃からウンザリして、
音楽の世界でも同じでウンザリしていた頃にWORLD BE FREEのメンバーのバンドに出会い、
えらく新鮮に映った頃のことが蘇ってきた。
ストイックなライフ・スタイルのイメージも持たれるメンバーだが、
もちろんオープン・マインドのサウンドだ。

リズム隊の二人がGORILLA BISCUITSのシンガーらと90年代にやっていたCIVの東京公演も思い出す。
ライヴ・ハウスのフロアーもタバコ吸い放題なのが一般的な時代で、
少なくても来日バンドがそういうことをやるのはレアな頃に“フロアー禁煙ライヴ”を決行したのだ。
僕は当時ヘヴィ・スモーカーだったというのもあって後日インタヴューで確認したところ、
やはりCIV自身の要請だった。
でももちろん、
分煙を工夫しているライヴ・ハウスの意思を殺して小屋全体を禁煙にする“ファシスト・アーティスト”とは違い、
ちゃんと共存を考慮してフロアー外にちゃんと喫煙所も設けていたのであった。

多少クサい歌詞もこの響きなら許せるどころか必然に思える。
くさらずに“がんばろう!”という気させる。
CDトレイの部分には書かれている、
“Only inside I can find the answers on how to live my life”と。


まさにグレイト。


★WORLD BE FREE『The Anti - Circle』(REVELATION REV162)CD
八つ折りポスター仕様の歌詞カード封入のデジパック仕様。
約27分14曲入り。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1655-d03c305d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん