なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

鶴ヶ屋『鶴ヶ屋』

鶴ヶ屋


2000年から東京拠点に活動して4枚のアルバムを出していたソニックアタックブラスターを前身とし、
2014年の4月に現在の5人でスタートしたバンドの鶴ヶ屋が自主レーベルから出したファースト・アルバム。

90年代以降のラウドなオルタナティヴ・ロックを日本の土壌で発酵させたかのようである。
ヴォーカル/ギター、ギター、ベース、ドラムスに加え、
様々な和太鼓が全編で炸裂したパーカッシヴなサウンドがポイントだ。
LED ZEPPELINの「Kashmir」のインスト・カヴァーもそういう流れでハマっており、
オリジナル曲と同じく妙に体裁を気にすることない演奏でなかなか健闘している。
曲によってはダブやトランス・ミュージックの感触もナチュラル・ブレンドし、
時には連呼状態になる景気のいいコーラスも嫌味なく快活なのだ。

薄井啓亨(vo、g)が
http://ginbansha.com/tsurugaya/?p=517
に書いた曲解説を読むとソングライティングのモチーフやら何やら色々と興味深い。
日本語のみで綴られた歌詞は、
本来の意味での風俗、風習、文化などの日本の伝統を踏みしめて命を咲かせる。
もちろん内向き志向にとは一線を画し、
世界に放つ意識はヴォーカルにもよく表われている。
ところによってはNEWEST MODELがゴツくなって砕けたような歌い方のヴォーカルは、
民謡と演歌と童謡の間を豪快に巡り廻った節回しの堂々たる歌いっぷりで圧倒するのであった。

臆せぬ“再デビュー盤”である。


★鶴ヶ屋『鶴ヶ屋』(銀盤社 GBS-0005)CD
約32分9曲入り。
紙質とデザインにも気を使った読みやすい縦書きの四つ折り歌詞カード封入のデジパック仕様。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1679-e53b63ab

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (243)
JOB/WORK (298)
映画 (265)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (46)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (422)
EXTREME METAL (130)
UNDERGROUND? (100)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (127)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (28)
ROCK (84)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん