なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

ROAD WARRIORS『Gone To Hell』/DOUBLE WARRIORS『Zero』

ROAD WARRIORS


日本スタイルのパンク・ロックの“生き字引”と言えるケイゴがリード・ヴォーカルをとるバンドの2枚組CD。
ケイゴと言えば、
83年の12”EP『GO GO スターリン』の頃のThe STALINから最近だとS.H.I.などでドラムを叩き、
元The STALINのタムが率いたG-ZETなどでベースを弾いてきた人だが、
“歴戦のパンク戦士”をイメージするヴィジュアルとのギャップが大きいからこそ生々しい繊細な作風の2枚組だ


ディスク1にはROAD WARRIORSでの録音を12曲収録。
最初の8曲は、
80年代前半に活動していた頃のオリジナル・メンバーのTAKIとCOCOON(THE INDEX)の演奏に、
コーラスでKASSUNとNISSHANの参加で再編して録った音源である。
ジョニー・サンダースのHEARTBREAKERS meets BAD RELIGION”とも言うべき、
哀愁メロディの切なくポップなパンク・ロックンロールだ。
センチメンタルで静かな曲もあり、
歌い方も芝居がかってなくてナチュナルだし、
いい意味で酸いも甘いも知ったベテランならではの筋金入りのサウンドである。

終盤の4曲は85年に出した当時唯一の作品の7”EP『Go To Hell』の全曲
(そのうちの3曲は↑のレコーディングで再録音されている)。
オリジナル盤のクレジットとは違い、
メンバーがVo:KEIGO/Gt:TAKI/Ba:WANG-TANG/Dr:TATYYA NAKAMURAと記されている。
ケイゴがNickey & The Warriorsで活動を共にし、
80年代末~90年代半ばはLAUGHIN’NOSEに参加していたワンタン(ジャック)がベースだ。
僕もリアル・タイムで買ったレコードだが、
パンクの世界もハードコアな音が激化していた時代で僕もより激しいモノを求めていたためか、
当時数回針を落した程度で仕舞い込んでいた。
今回それこそ30年ぶりに聴いたかもしれない。
VICE SQUADやABRASIVE WHEELSあたりの
ちょいハードコアがかったポップなUKストリート・パンクと、
SOCIAL DISTORTIONやT.S.O.L.の初期あたりの
イカツいルックスながらメロディアスだったLA周辺の80年代初頭のパンク・ロックを、
日本でブレンドしたみたいなシンガロング・パンク・ロックである。
ある意味“早すぎたパンク・ロック”で
激しければいい速ければいい恐ければいいみたいなヤツの逆向きで疾走する胸のすく4曲だ。
ちなみにこのCDのジャケットの片面のデザインはこのレコードのアートワークが基になっている。


ディスク2はROAD WARRIORSの“進行形”という昨年8月結成のDOUBLE WARRIORSによる7曲入り。
ヴォーカルはもちろんケイゴで(本作にはJackieという名前でクレジットされている)、
ギターがNORI(GRUESOME)、ベースがCOCOON(THE INDEX)、ドラムがSHIN(ZYANOSE)でのレコーディングだ。
切ない曲調はROAD WARRIORSの流れを感じさせるが、
こちらはもっとソリッドな音で、
「Power & Glory」は『Go To Hell』収録曲のリメイクである。
トレンドみたいに政治的なメッセージを打ち出すバンドとは一線を画し、
ある意味謙虚で我が身を心得て免罪符を必要としない潔き主張満載だからこそリアルに感じられる歌だ。


★ROAD WARRIORS『Gone To Hell』/DOUBLE WARRIORS『Zero』(MCR COMPANY/KING COBRA PROMOTION MCR-282/KCP-002)2CD
見開き部分に懐かしの写真がちりばめられた丁寧な作りの二つ折り紙ジャケット仕様。
もちろん歌詞カード封入だ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1689-2094f53a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (237)
JOB/WORK (285)
映画 (235)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (41)
METAL/HARDCORE (47)
PUNK/HARDCORE (395)
EXTREME METAL (127)
UNDERGROUND? (84)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (117)
FEMALE SINGER (41)
POPULAR MUSIC (24)
ROCK (76)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん