なめブログ

パンク/ハードコア/ロックをはじめとする音楽のほか映画などにも触れてゆくナメの実験室

GOJIRA『Magma』

GOJIRA『Magma』


リリース元のROADRUNNER Recordsの歴代バンド群の精を受け継いだサウンドながら孤高のボジションで輝く、
フランスの“プログレッシヴ・エクストリーム・メタル・バンド”のGOJIRAによる、
オリジナル・アルバムとしては『L'Enfant Sauvage』以来の約4年ぶりで6作目に数えられる作品。

思わず身を乗り出して聴いてしまう強靭な佳作である。
大ヒットはしてない。
だがこれだけ厳粛な空気感が渦巻いていて緊張の糸がピン!と張り続いているにもかかわらず、
母国はもちろんのこと欧米各国でこれまでで最高のチャート・アクションを記録しているのも納得で、
まろやかなメロディ・ラインと琴線に引っかかるリフがポピュラリティ十分で持っていかれる。
ときおり民俗音楽っぽい旋律も隠し味にしながらディープに迫るのだ。


90年代前半のSEPULTURAとNEUROSIS、すべての時期のフロリダのDEATHの、
音楽性と精神性から触発されつつさらにストイックに求道したかのようで、
ギターの刻み一つをはじめとして音の出し方ひとつにしても意識が表われている。
やっぱり響きに甘えがない。
大切なのはどこから音なり言葉なり画なりを出しているかだから。
どんなジャンルだろうが表現媒体だろうが基本はまずそこだから。

ISISのような弾力性の音の質感も内包し、
RADIOHEADやPORTISHEAD以降のロック・サウンドのシャープな味わいも醸し出されている。
クールなリフの組み立て方も特筆すべきで、
メタルのリフをお手軽に使ったバンドとの違いは一瞬の“鳴り”でわかる。
必要最小限で自分たちの中から紡ぎ出されるリフのひとつひとつがカッコいい。
おのれを磨き倒して導き出したデリケイトな響きのひとつひとつが、
ゆっくりと、ゆっくりと、聴き手を覚醒させていく。

ジャケットの“太陽神”の画が近いというのもあるが、
KING CRIMSONの『Larks' Tongues In Aspic』のメタル感とプログレ感をアップデートしたかのようでもある。
研ぎ澄まされたサウンド殺したての生肉の如き新鮮な響きだし、
映画と同じく音楽もさばき立ての生肉の如き命の匂いが大切だとあらためて思わされる。

米国産だけでなく日本産も含めてハードコア、メタルコア、スクリーモ、マスコア問わず、
スタイリッシュに叫んでいるだけでしかないハードコア風ヴォーカルはもういいかげん勘弁してほしい。
馬鹿の一つ覚えの“正義”を得意げな顔で説く歌声は形だけで意識が聞こえてこないのだ。
でもここで解き放たれているたおやかなヴォーカルにはナチュラルな歌心が宿っていてリアルこの上ない。

動物云々に対して強硬な姿勢を示すこともあるバンドだが、
主張の違いが刺激的で逆に触発されることも多い。
そもそも“みんなと一緒”ってやつほど恐ろしくて嘘八百なものはない。
すべて英語で綴られた歌詞はあくまでも暗示的だ。
いかにようにも解釈できるほどに、ほのめかす表現こそが意識の奥深くに働きかけると心得ているようでもあるし、
エゴを溶かした不穏な色合いを隠し持ちつつ実は慎ましやかな佇まいのサウンドと共振している。
シーシェパードに対するGOJIRAの今の思いがどんな感じなのか実際のところはなんとも言えないが、
音同様にゴリ押しとは一線を画す歌表現であることは間違いない。

冷厳な肌触りでありながらサウンドはあたたかい。
まったくもって心がこもっている。
言うまでもなく演歌みたいなのにしか心がこもってないなんてことは全くない。
そもそもドラムを含む楽器にだって心が宿り得ることはこのアルバムに耳を傾れればわかる。
シンプル&プリミティヴなアコースティック・インストのエンディングが象徴的だ。
表面的なメッセージではなくヒリヒリした感触にすべてが表われていて、
痛みを悼む意思と意志の音と歌で覚醒させる。
オススメ。


★GOJIRA『Magma』(ROADRUNNER RR7479-2)CD
8ページのブックレット封入の約44分10曲入り。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hardasarock.blog54.fc2.com/tb.php/1719-7e033646

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

行川和彦

Author:行川和彦
                                             Hard as a Rockを座右の銘とする、
音楽文士&パンクの弁護人。

『パンク・ロック/ハードコア・ディスク・ガイド 1975-2003』(2004年~監修本)
『パンク・ロック/ハードコア史』(2007年)
『パンク・ロック/ハードコアの名盤100』(2010年)
を発表<いずれもリットーミュージック刊>。

ミュージック・マガジン、レコード・コレクターズ、CDジャーナル、プレイヤー、ギター・マガジン、ベース・マガジン、クロスビート、EL ZINEなどで執筆中。
                                

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
HEAVY ROCK (241)
JOB/WORK (294)
映画 (262)
PUNK ROCK/HARDCORE (0)
METAL (43)
METAL/HARDCORE (48)
PUNK/HARDCORE (420)
EXTREME METAL (129)
UNDERGROUND? (99)
ALTERNATIVE ROCK/NEW WAVE (123)
FEMALE SINGER (43)
POPULAR MUSIC (27)
ROCK (83)
本 (9)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん